乃木坂46 久保史緒里 評価

乃木坂46

 

View this post on Instagram

 

乃木坂46フォトコレクションさん(@nogizaka.girls)がシェアした投稿

 

「窓からは空は見えない  明日は今日なのかもしれない」


自己投影型アイドルである。今日、久保史緒里を取り巻く、同世代のアイドルを圧倒するかのような評価と、本人がもつ資質にこれほど乖離のあるアイドルもいないのではないか。しかしこの現象はアイドル本人による「虚飾」とはちがう。
では、そこにどういった思惑があるのか。もしこの惨状にマネージメントの足跡がないのなら、考えられるのは久保史緒里を応援するファンの心理である。

アイドルファンには、自分では認めたくない、口にするのも憚る願望を抱えている者も多い。鈴木絢音の項で述べた「処女性の尊重」ではなく、低俗な処女願望。アイドルを、まるでゲームのキャラクターエディットでもするかのようにイノセントな想像力で作ろうとする。ファンは自身の抱える拙く邪な感情を、日常の不安や不幸を久保史緒里に投射するのである。結果、イメージと実像が乖離したアイドルがステージ上でライトに照らされ、浮かびあがる。

久保史緒里は格好の対象素材なのだろうか。自己主張を感じさせないタレ目と抵抗感のない雰囲気など、彼女の容姿が入り口として機能しているのかもしれない。もちろん、アイドル・久保史緒里本人に罪はない(罪、という表現は大仰すぎるが)。しかし、同期の大園桃子中村麗乃がみせる才能と久保史緒里が作り上げる虚構を比較したとき、久保のそれは、どうしても「月並み」という印象になってしまう。彼女の虚構には、不安定な官能性が内在するものの、大園の観者の心を握り潰すような迫力や、中村の季節の記憶になるような儚さなど、大衆を虜にする天賦の才能(異物感)を、その世界から覗うことは、未だ、できない。彼女がみせる映像作品や舞台での演技は、伊藤純奈秋元才加と同じく日常が不在している。彼女がどれだけ虚構のなかで咆哮しても、それは、闖入者の存在に怯える飼犬の威嚇にしか見えないが、大園桃子の”嗤い”や中村麗乃の”俯き”は、その視線のさきに何が映っているのか、想像もつかない。その底気味悪さが”神秘”へと変質してしまう…、そんな表情を、大園と中村は魅せるのである。久保史緒里は、仮構という非日常のなかで、”非日常”を演じてしまっているのだ。たしかに、そのような演技は、観者にスリルや感涙という快適な刺激を与えるだろう。その”刺激”によって、今日の、久保史緒里を囲繞する、異常な賛辞が生まれるのかもしれない。快適な刺激を与えられた人間は、情動を引き起こし、冷静な判断が下せなくなるものだ。しかし、我々がほんとうに観たいものは、非日常のなかの”日常”である。仮構のなかでアイドルが自身の日常を千切り取っていく光景は、救いがなく、ひどく不快になるかもしれない。しかし、そのような行為でしか、アイドルが身を置く世界の残酷さや煌やかさを描くことができないと、覚らされる。儚さによってのみ自己超克が成される、という現実に、ファンは直面させられるのである。その緊張の要求は、ファン自身を自己超克へとうながす力をもっている。

今後の展望を描くならば、久保史緒里は前田敦子や生田絵梨花の系譜に組すことはないが、この独特な虚実の道のりを歩めば大矢真那になれるはずだ。つまり未曾有な、根底とよばれるモノすべてを覆してしまうような不気味な資質を備えている可能性がある。ファンの通俗的な、欲と呼ばれるもの全てを吸い込む筐体として屹立するアイドルになれるかもしれない。また、これは皮肉な逆転現象かもしれないが、バラエティにおいての受動的な立ち居振る舞い、仕草に自身とファンの情動を本当の意味で引き起こす「ユーモア」を感じる。そのフィールドにこそ久保史緒里にっとての希望があり、活路が見いだせるのではないか、とおもう。

しかしながら、かように「天才アイドル」を作りあげるファンの声量、というのはアイドルの自己超克を妨げ、ともすればグループ全体の衰退につながる一つの前兆ではないか、という感慨さえある。

イメージが先行すること自体は、悪いことではない。
悪いのは、具体的なことは何一つともわなず、イメージのみが独り歩きする場合である。

(塩野七生「ローマ人の物語」)

 

総合評価 67点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 13点 ライブ表現 11点

演劇表現 14点 バラエティ 14点

情動感染 15点

 

 乃木坂46 活動期間 2016年~

評価更新履歴
2018/11/07 ビジュアル 12→13 情動感染 9→15

評価点数の見方