乃木坂46 山下美月 評価

乃木坂46

山下美月 (C) 『週刊ヤングマガジン』47号/講談社

「坂の上の雲」

山下美月、平成11年生、乃木坂46の第三期生。
前田敦子的な屈託と大島優子的なエロチシズムの両方を持ち合わせるハイブリッドなアイドル。これまでに獲得した人気の裏付けを放棄するように、身勝手な信頼感を裏切る脆弱さと物語性の欠如といった深刻さを露出しており、奇妙な倒錯の所持から、山下美月は、あたらしい局面を迎えつつあるグループアイドル史を考えるうえで、思考や検証の寄す処となる重要な人物に映る。山下美月が前田敦子や大島優子と異なるのは、彼女がグループの黎明期を生き抜いたアイドルではなく”新時代”のアイドルという点である。

真之は、よく、自分は新時代のうまれだから。と、いった。 新時代というのは、真之が明治元年うまれであるという意味であった。だから自分たちは頭があたらしいという意味ではなさそうで、むしろ卑下するときに使った。武士というものがなくなる時代にうまれたため、武士的な素養をあまり身につけていない、という意味のことをいう場合につかった。真之だけでなく、かれの世代の連中は、旧式な人間を軽侮する一方、同時に典型的武士像というものへのあこがれをたいていがもっていた。真之が、広瀬武夫を生涯の友人であるとしたのは、広瀬が自分と同世代の人間ながら武士的教養をもち、懸命に武士であろうとしたところに魅かれたといえるであろう。真之(*1)は、東郷(*2)をそのような範疇の人間としてみていたし、乃木(*3)をさらにいっそうそのような目でとらえていた。

司馬遼太郎「坂の上の雲・四」(*1) 秋山直之 (*2) 東郷平八郎 (*3) 乃木希典

乃木坂46の第三期生にとって、第一期生が身にまとうイデオロギーと、彼女たちを取り巻く声量は、やはり、手の届かないあこがれと映るだろう。アイドルグループの第一期生の描く物語と、第ニ期生以降の書く物語には決定的な隔たりがある。万年筆で原稿用紙に文章を書いていた時代の小説と、キーボードへの打ち込みによって表示された文章に、言葉では簡単に説明することのできない「違い」があるように、彼女たちが書く物語の表情も異なる。ファンとの共闘性、共鳴性、共有性もまた、安易には比較できない。
橋本奈々未、深川麻衣の物語性が象徴するように、グループの黎明期をアイドルと共に生き抜いた経験を自覚するファンの多くは、アイドルが虚構から去ったあとも、”彼女”との想い出を忘れられず、いつまでも幻想の中に漂うことになる。彼らは、”彼女”の姿形をまぶたの裏に描き、いつまでもノスタルジーに浸っている。新時代のアイドルは、この家郷が作る郷愁の提示を決定的に欠如する。まるで、風に吹かれて揺れる木の枝や葉の裏側から次々と飛び立つアオバハゴロモのように、少女たちは物語性を獲得できぬまま、消費され、忘れ去られる。その儚く虚しい輝きが散乱する光景のなかで、懸命に葉にしがみつく者がいる。広瀬武夫が武士であろうとしたように、山下美月もまた「乃木坂46」であろうと苦闘しているのだ。女優への渇望を抱き、アイドルというジャンルに憧れを描かなかった人間だからこそ、アイドルを演じる日常を手にした現在、先人の到達点にタッチしようと踠くのだ。

短い距離感をなぞる共時性においては、山下美月が前田敦子、生駒里奈(生田絵梨花)等の系譜に立つのはまず間違いない。もちろん、姿形やキャラクターといった外面的な資質だけではない。与えられる役目、大仰に云えば、使命、定め、イデオロギーについて、である。この系譜が描く特別な連なりとは、カラカスの夜、バリオの夜景のように、才能もなにも持たない人間たちが、苦渋に満ち、傷だらけの絆を握りしめながら自己の超克を試みる物語、つまり、原典=奇跡との遭遇を果たす光景への回帰を想わせてくれる。とくに、生田絵梨花に課せられた、アイドル界を牽引する使命、この身勝手な期待感は彼女の唯我独尊的な性向によって脆くも打ち砕かれた。唐突に失われた、空中に漂ったままの期待感を吸い込み、仕舞う傀儡として、新時代を生き抜く山下美月が求められ、少女の演じる「アイドル」の存在理由が満たされて行くのは「業」と諦念を持つほかないだろう。山下に期待される物語とは、生駒里奈を主人公に描いた『君の名は希望』、その続編として、生田絵梨花を主人公に据えた『何度目の青空か?』、この2作品の次回作、第三部にあたる物語だ。彼女の歌声はアイドルポップスというジャンルに響き合い、つよく呼応し、きわめて濃密な憧憬を作り出しており、生駒里奈、生田絵梨花を継ぐ登場人物として、文句なしの胎動を伝える。

山下美月への懐疑、捨てきれない「不安」を敢えて挙げるとすれば、意図してか、あるいは生まれ持った性質か、心の重い闇を裸にするような立ち居振る舞いがとれない点だろうか。それが一種の「頼もしさ」に映ってしまうのは悲劇かもしれない。「頼もしさ」とは裏を返せば、民衆の「期待」や「要求」が支柱であり、支柱の崩落を避けるために民衆への過剰な配慮を招くクライシスを内在する。民衆の声ほど不安定で裏切りに満ちたものはない。称賛と裏切り、表裏一体の支柱。そのような「頼もしさ」=「幻想」の完成は乃木坂46においては前例がなく、「逸材」と喧伝された同期のライバルたちが、アイドル特有の、お決まりの隘路に迷い込み嘆くのを傍目に、きわめてリアリティのある不条理と混乱に満ちた耐え難い世界にあって、「山下美月」はヴァルネラブルなアイドルを嘲笑うかのような強靭さを描こうと苦闘しているように映る。それが、群像劇の放棄、”乃木坂らしさ”の否定にさえ映り、彼女自身がヴァルネラブルな「アイドル」を獲得するための隘路へと突き進むのだから、やはり悲劇と云える。そして、そこに描出される姿形こそ「大島優子」であり、前田敦子を表通りからはじき出した大島優子の英姿を、前田敦子の系譜に立つ人物がそなえている、という倒錯に、「王道」、つまり「主人公」から逆走する寂寥を感じてしまうのだ。しかし、彼女のような英雄記的な「物語」だけが、あたらしい時代のアイドル(第一期生ではないアイドル)を応援するファンの需要を、心を満たせるのかもしれない、という希望ももちろんある。山下美月は、新時代のアイドルとファンのあり方を決定づける存在なのかもしれない。

美人は気になってしまう。どうにかできないか、考え、希望を抱いてしまうのは、異性にとってごく自然な感情だろう。視界に入っている時の(認識状態にある)佐々木琴子というアイドルの存在感は現代アイドル史のなかで最高到達点と云って良い。アイドルの古典や正統の観点で、渡邉美穂と丹生明里の対峙のように、山下美月のアンチテーゼに佐々木琴子の名が挙げられる。山下が純潔を抱える佐々木琴子と並んだ日、アイドルの「矜持」や「頼もしさ」、つまり生来の美貌によって確立された自我のほとんどが薄れず、損なわれないという事実を発見した時、私のなかで山下美月に対する評価が一変した。おそらく、ほんとんどのアイドルファンは山下美月と並んでも遜色ない佐々木琴子の評価を上げるのだろう。しかし、私は逆であった。
山下美月が勇猛邁進の達成を維持するにせよ、脆さや儚さを立ち現すにせよ、彼女の「動向」によって”はじめて”第三期生にストーリー性が付与され、新鮮な批評空間(フィクション)が提供されるのだと想像する。それほどまでに妄執を描かせるのは、グループの通史に対し影響力を把持する人物だと確信させるのは、やはり彼女の生まれ持った美貌のおかげだろう。斜陽の気配を見せはじめている乃木坂46において、山下美月を視認することで辛うじて、グループの未来に希望のひかりを見出すことができるのである。

 

総合評価 66点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 16点 ライブ表現 14点

演劇表現 13点 バラエティ 12点

情動感染 11点

乃木坂46 活動期間 2016年~

評価更新履歴
2018/12/08   バラエティ 10→12
2019/09/20  ライブ表現  13→14 情動感染  10→11

 

乃木坂46 ハルジオンが咲く頃 評価

「心 癒してくれた」 歌詞、楽曲について、 深川麻衣の卒業ソングであり、深川麻衣 ...

乃木坂46 今、話したい誰かがいる 評価

「僕の部屋 片隅で漫画読んでる」 歌詞について、 きわめて写実的な描写を置きつつ ...

乃木坂46 太陽ノック 評価

「太陽ノック」 楽曲について、 結果的に、生駒里奈がセンターポジションに立ったの ...