乃木坂46 制服のマネキン 評価

乃木坂46, 楽曲

(C) 制服のマネキン ジャケット写真

「制服を着たマネキン」

ダンス・ナンバーで踊り続けよう
くだらない事はたくさんあるけど
誰かが決めたステップなんて
関係ないんだ デタラメでいいよ
カッコ悪くたっていいよ

ダンス・ナンバー / THE BLUE HEARTS

歌詞、楽曲、ミュージックビデオについて、

歌詞、ライブパフォーマンス(振り付け)、ミュージックビデオと様々な媒体で話題になっており、グループの岐路を吹き払ったという意味でも、この楽曲を乃木坂46のベストソングと挙げるファンも少なくない。たしかに、ミュージックビデオ、ライブパフォーマンスともに見ごたえがある。4枚目のシングルにダンスナンバーを制作した点にタイミングの良さを感じる。これまでに数多く提供された”ライブ映像”に関しては、楽曲のなかでもっとも高揚するであろうダンスシーンの直前でアイドルのアップに切り替えられるといった構成上の瑕疵に肩透かしを食うものの、それを踏まえた上でもダンスナンバーとして十分に機能している、と云えるだろう。ただ、看過できない瑕疵もある。それは、タイトルから期待する解放的で前向きな反動をうまく描けていない点だ。「制服を着たマネキン」、これが自己否定などではなく、自己言及による自己の肯定に映ってしまうのは、作詞家が啓蒙に失敗しているからだ。自分からはけして行動を起こさない「僕」を一貫して描き続ける作詞家が、しかしアイドルに対しては「一歩目を踏み出してみなけりゃ 何も始まらないよ」と云う。つまり典型的な自己投影と呼べるわけだが、その図々しさゆえか、「生まれ変わるのは君だ」といった歌詞に込められた啓蒙のすべてがうまく処理されておらず、覚悟の要求に対する責任の一切が放棄されているようにみえる。序盤から中盤までの描写には、作詞家の得意とする言い回しが多用され、かつ写実的であり、文句なしに映る。しかし中盤以降の描写にはどこか想像力に頼り切った安易さが窺える。この安易さを発見してしまう動機に、”作詞家の啓蒙の減衰”があり、それがタイトルから期待する詩的世界の構築、その失敗へと循環している。また、ミュージックビデオの結末にも安易なドラマ的ケレンが置かれており、ここでも興を削がれる。
総じて、日常生活のなかで非日常を求めるような場面でこそ輝くものの、本来的な日常への浸透には一歩届かない、そんな楽曲と云えるだろうか。このダンスナンバーのウィークポイントを克服した楽曲に欅坂46の「サイレントマジョリティー」が挙げられる。(*1)

 

総合評価 55点

聴く価値がある作品

(評価内訳)

楽曲 10点 歌詞 11点

ボーカル 8点 ライブ・映像 14点

情動感染 12点

引用:(*1) 秋元康/制服のマネキン

歌唱メンバー:生田絵梨花、生駒里奈、星野みなみ、能條愛未、齋藤飛鳥、若月佑美、井上小百合、深川麻衣、市來玲奈、西野七瀬、高山一実、桜井玲香、橋本奈々未、白石麻衣、松村沙友理、秋元真夏

作詞:秋元康 作曲:杉山勝彦 編曲:百石元

 

AKB48 相笠萌 評価

「ウィットに富んだアイドル」  相笠萌、平成10年生、AKB48の第十三期生。 ...

山下美月「センター」を検証する

「動機として、46時間テレビをふり返る」 「どうもこんにちは。あやめちゃん、こん ...

乃木坂46 帰り道は遠回りしたくなる 評価

「ここではないどこかへ」 ひとの人生は、過去になしとげたこと、現在なしとげている ...