乃木坂46 弓木奈於 評判記

乃木坂46

弓木奈於(C)乃木坂46LLC

「ボヘミアンの出世頭」

弓木奈於、平成11年生、乃木坂46の第四期生。
ボヘミアンの出世頭として、強く希望を描いている。研修生時代の弓木奈於を眺め、現在の、乃木坂46の「選抜」を確かなものとする彼女の姿を想像できたファンはどれだけいるだろうか。並み居る強豪を相手に一歩も引くことなく不敵に笑うその光景は、ノストラダムスでも予言できなかっただろう。とくに熱意と紙一重にされた狂気、感応力の鋭さに醸し出される喜劇の世界観は独擅場である。
その多様性は和田まあやと比肩するものだろう。日常の擦過を痛手とせず、喜劇の一要素に過ぎないのだと笑いかける和田まあやの多様性と比べ特徴的なのは、弓木の場合、映画や舞台などで用いる役者としての演技を、ドラマツルギーとして、たとえばラジオ・バラエティ番組のなかで作り出す点にある。オーソドックスな展開のことごとくを脱臼させることで、作為されたものなのか、まったくの不作為に生まれたものなのか、判別を許さない、驚くというよりも唖然とさせられる、スリルに満ちたユーモアを確立させた。とりわけ物事の矛盾を核心的に突くのが上手い。その言葉の糖衣を味わうも良し、噛み砕いた際のアイドルの生身の叫びに慄くも良し。
むしろ、作為と見なされる瞬間にこそ弓木のアイドルとしてのアドヴァンテージがある。決定づけたのは、山手線の周回を青春の回想にたとえ歌った『アトノマツリ』だろう。作為に鎖された弓木の横顔をアクチュアルに看破するのではなく、それが彼女の生来の魅力であると確信し、音楽・映像のなかでファンにその魅力を教えようとする同作品の有り方は、あるアイドルにとって仲間のアイドルがいついかなるときも「アイドル」であり得るという、神秘性、乃木坂46というグループがなぜここまで飛翔することができたのか、その一端を証し立てている。逆説的に、弓木奈於は、乃木坂の魅力の一つを教え明かす存在であると云える。

 

総合評価 62点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 12点 ライブ表現 10点

演劇表現 13点 バラエティ 15点

情動感染 12点

坂道研修生 活動期間 2018年~2020年
乃木坂46 活動期間 2020年~