乃木坂46 安藤美雲 評価

乃木坂46

安藤美雲 (C) 乃木坂46 LLC

「携帯小説アイドル」

安藤美雲、平成6年生、乃木坂46の第一期生。
アイドルとして過ごした時間は約2年とやや短い。乃木坂46がブレイクを確信した5枚目のシングル「君の名は希望」への参加をもってアイドルからの卒業を選択した物語の展開に鑑みれば、岩瀬佑美子と並びグループの黎明期を象徴する人物と云えるかもしれない。また、安藤美雲の場合、彼女がグループを去るのと入れ替わるようにして第二期生がグループの歴史に登場しており(皮肉にも、2期生の伊藤かりんは安藤美雲のファンを公言している)、安藤美雲の卒業はグループにとってひとつの端境期と扱える。
ビジュアルについては、平均的だが、愛嬌とクールを混載したルックスの持ち主で、グループを立ち上げるために集合した、並々ならぬ個性を抱えた少女たちと並んでもけして埋もれることはなく、彼女のファンであれば、現在(いま)、自分が応援するアイドルがステージの何処で踊っているのか、見つけ出すことは容易だったはずだ。アイドルを演じる行為へのモチベーションも高く、とくに演劇に対して示す心意気には頼もしさすらあった。彼女が標榜する語学、英語力は、表現行為への原動力となる語彙力として、舞台上での立ち居振る舞いの追究を可能にする、少女に活力をあたえる希望を描かせたのではないか。衛藤美彩との交錯、グループアイドル特有の稚気も一つのイデオロギーとなり、安藤美雲の演技に響いたのではないか、と想像する。この、彼女のアイドルとしてのモチベーションが一体どの段階で消え失せてしまったのか、本人以外に知る術はないのだが、今日、あらためて彼女の物語を俯瞰した際に、そこに提示された結末を読み、彼女の物語を評価するならば、安藤美雲の描いたアイドルとは携帯小説のような手軽さに支えられた、触れるものに自己投影を強制しない、無感動な物語、と云えるだろうか。真っ白なウェディングドレスを身にまとい、ファンの眼前で告げた別れの挨拶こそ、安藤美雲というアイドルの平板さを象徴しており、他者のこころを揺さぶり情動を引き起こさせるような言葉は一切置かれていない。たとえば、岩瀬佑美子のような、卒業挨拶の際に、短いセンテンスのなかにアイドルを演じる少女への強い励ましを込め、むしろそれがアイドルを応援するファンにアイドルを支える妄執への存在理由といった憧憬を抱かせ、これまでの評価を覆す、これまでのアイドル像を一変させるようなシーンを安藤美雲は作れていない。

卒業理由はともかくも、アイドルの夢破れて散っていく様とは、常に儚いものであるべきだと確信するが、安藤美雲の場合、長編小説のような文量もなく、短編小説のような鋭い切れ味もない。彼女の物語の特徴とは、特徴がないことだ。彼女の姿形からは、まるで携帯小説に書かれる主人公の人生のような、どこにもたどり着けない空虚を投げつけられる。これを文学的な視点で窺うのならば、安藤美雲の卒業と、それまでの経緯、つまり学業を優先するといった、青春犠牲のうえにアイドルを成り立たせる、のではなく、アイドルを青春の一部と扱い、青春の終わりと同時に青春の一端であるアイドルもやめるというストーリー、これは、自己の作り出したアイドル=架空の登場人物に現実を投影し能動的に破綻させる行為によって少女特有の無謀な夢の世界から覚めてしまう光景を映し出す、きわめて近い距離感における現代アイドルシーンの動向を予兆する、あるいはそれを象徴する出来事と呼べるかもしれない。アイドルのライトノベル化、一般化、これは当然、そこに書かれる物語の顛末も一般化させる。この安藤美雲の描いた、奇跡との遭遇に対する輝きをみずから欠落させてしまう物語の結末に、共感や共鳴を示すことができたファンは、果たしてどれだけの数存在したのだろうか。アイドルファンが眺めたいと渇望する光景とは、屈託から抜け出し違う世界への希望を見つけて笑う姿ではなく、屈託によって描出される希望の光りのなかで踊り続ける少女の姿ではないか、とおもう。

 

総合評価 46点

辛うじてアイドルになっている人物

(評価内訳)

ビジュアル 11点 ライブ表現 8点

演劇表現 12点 バラエティ 9点

情動感染 6点

乃木坂46 活動期間 2011年~2013年

 

NGT48 世界はどこまで青空なのか? 評価

「争うことのない世界へ」 ミュージックビデオ、ライブ表現について、 NGT48の ...

NGT48 青春時計 評価

「ポニーテールがジグザグ揺れる」 歌詞、楽曲について、 NGT48のメジャーデビ ...

AKB48 恋するフォーチュンクッキー 評価

「恋するフォーチュンクッキー」 歌詞、楽曲、ミュージックビデオ、ライブ表現につい ...