乃木坂46 衛藤美彩 評価

乃木坂46

衛藤美彩 (C)東スポWeb/TOKYO-SPORTS

「野良犬が唄うコンクリートリバー」

衛藤美彩、平成5年生、乃木坂46の第一期生。
乃木坂46が描いた重厚な長編小説(群像劇)の主要登場人物であり、物語の完成へ貢献したアイドルである。名は体を表す、と云うが、その言葉の体現者であり、彼女は「乃木坂46」という群像劇にあざやかな彩りを添えた。自身の企みを隠さない立ち居振る舞いを作り、その企みへの高揚をファンに共有させる力量を把持するが、約束の段階から前に進まずに朽ち果てることが多かった。口に出す言葉の数々に不吉な異物感あり、それに身体が引っかかり立ち止まった人間たちが、まず、彼女の考察をはじめた。グループが書く物語の書き出しに描写されなかった少女、
衛藤美彩は現代アイドルシーンにおいて、ビジュアル、ライブ表現力、演劇表現力、多様性、すべての分野でトップクラスの実力を兼ね備えた人物である。完結した仮想恋愛(虚構)の創造を実現し、シーンの潮流に乗ることを可能にした戦略的思考も看過できない。「仮想」でありながらリアリティーの喪失は極限までに抑えられているもうひとつの別の世界。恋愛とは生臭く、予想外の出来事の連続である。人は恋愛を経験することで認めがたい本心に遭遇し、それを受け入れ、成長する。アイドルとの仮想恋愛は、アイドルとファンの距離感を毀損する。現実感覚を可能な限り奪わない衛藤美彩の仮想空間は、ファンを没入させると同時に、ある種の被攻撃性を獲得したが、それは、既存のアイドルが”やろうとおもったけど、できなかったこと”の実現であった。乱暴に云ってしまえば、トップクラスのビジュアルを備えるアイドルが足を踏み入れることは決してなかった領域に、ビジュアルの点数にビハインドを抱えるアイドルが食い扶持とする領域に、成熟した”美”が侵攻し、王国を築き、確固たる地位を確立してしまった。「それはないんじゃないか」と、今にも、嘆き哀しむ声が聞こえてきそうなほどの快挙であった。

『君の名は希望』の達成によって確立されて行った筐体のアイデンティティは、他のアイドルグループの情勢を看過する立場とシーンの表通りを練り歩く光景への蓋然性を与えた。衛藤美彩の発見と出現はグループの”驕り”を打ち消し、箱庭世界にある、順位争いへの闘争を復活させる。彼女は、白石麻衣、松村沙友理、橋本奈々未という三角形の外郭にヒビを入れた”はじめて”の存在であり、物語の中盤に登場し転換点を刻み込むキーキャラクターと云えるだろう。終始、闖入者的な役割を余儀なくされたが「乃木坂46」が描く群像劇の深化に寄与した存在であることは否定のできない事実である。

野心とは、何かをやりとげたいと思う意志であり、虚栄とは、人々から良く思われたいという願望である。

(塩野七生「ローマ人の物語Ⅴ」)

アイドルとは、野心家であると同時に虚栄家である。野心と虚栄、文芸の世界で成功を収めるにはどちらも必要不可欠な資質と云える。資質の高さはもちろん、バランス感覚も勝敗を大きく左右するだろう。以下の図の通り、衛藤美彩は野心よりも虚栄心が若干強く、ライバルと比較するとやや小ぶりである、と評価する。衛藤は、例えばゲームをしたとき、勝敗が決定するまでは勝ちに拘るが、敗北が決まった後は一転して、責任転嫁をする傾向がある。衛藤と真逆に位置する生田絵梨花は勝利に執着するが、勝っても負けても全ては自分の功績と責任である。橋本奈々未の場合は、そもそも彼女は勝ち負けにそこまで拘らず、自分が活躍できたのかどうか、に固執する。もちろん、どちらの資質も高ければ高いほど、クライシス(脆さの露呈)を孕むことになる。そのような観点に立てば、衛藤美彩の演じるアイドルは重心が低くバランスも良い。バランス感覚とは柔軟で強靭な心を育む。虚栄心は正義感となって発露され、仲間やファンとありきたりではない、独特で強靭な絆を結ぶことだろう。彼女の獲得した人気とは、グループの趨勢に左右されたものではなく、路上で生きる野良犬が群れをなして行くように、衛藤美彩の唄う「声」と成長物語が求心力を発揮した実績である。

総合評価 70点

アイドルとして豊穣な物語を提供できる人物

(評価内訳)

ビジュアル 14点 ライブ表現 14点

演劇表現 14点 バラエティ 14点

情動感染 14点

乃木坂46 活動期間 2011年~

引用:見出し、MY HEAT/THA BLUE HERB

評価更新履歴
2018/7/29 ライブ表現 17→14
2019/3/5 演劇表現 12→14

評価点数の見方