乃木坂46 衛藤美彩 評価

乃木坂46

鬼の副長さん(@misa_eto14)がシェアした投稿

「野良犬が唄うコンクリートリバー」


鉄人である。アイドルとしての実力はもちろん、これまでに書き残してきた「ストーリー」も申し分ない。乃木坂46の重厚な長編小説(群像劇)の完成へ大きく貢献した人物である。

衛藤美彩が頭角を現したのはデビューから2年ほど経った頃だろうか。デビュー直後は同世代に白石麻衣、橋本奈々未、松村沙友理などの各分野で天性の才を持つアイドルに囲繞され、辛辣をなめることになる。その期間は自我が歪んでしまうのかとおもえるほど、ながく耐え難い時間だったと想像するが、そのまま埋もれることなく、最前線を走るライバルたちに台頭したのである。
「アイドルとしての人気」ならば、「御三家」と呼ばれる3名に比肩する、と評価しても過褒にはならないだろう。
生田絵梨花、白石麻衣、松村沙友理、橋本奈々未、西野七瀬、生駒里奈が王として君臨する地で彼女もまた王として名乗りを上げ、領土を獲得し、君臨することになった。 

この「王の乱立」は乃木坂46という箱庭世界での序列争い、闘争本能を掻き立て、グループをより高い次元に押し上げ、可能性の幅を広げ、個を洗練し、成功に寄与した。この時点で他のアイドルグループの情勢などは、無意識の箱の中に放り込まれていたことだろう。では何故、衛藤美彩はトップクラスのアイドルたちと同様に、王国を築けたのか?

「トップアイドルとは、野心家であると同時に虚栄家である」

野心とは、何かをやりとげたいと思う意志であり、虚栄とは、人々から良く思われたいという願望である。 (塩野七生「ローマ人の物語Ⅴ」)

どちらも、文芸の分野で成功を収めるには必要不可欠な資質となる。資質のたかさが大事なのはもちろん、野心と虚栄心のバランスも勝敗を大きく左右する。衛藤美彩の場合はどうだろうか。

以下の図の通り、衛藤美彩は野心よりも虚栄心が若干強く、他のメンバーと比較するとやや小ぶりである、と評価する。衛藤は、例えばゲームをしたとき、勝敗が決まるまでは勝ちに拘るが、敗北が決まった後は一転して、責任転嫁をする、といったタイプと云えるだろう。間逆なタイプである生田絵梨花の場合は勝っても負けても全て自分の責任である。橋本奈々未の場合は、そもそも勝ち負けにそこまで拘らなず、自分が活躍できたのかどうか、に固執する。

しかし、どちらの資質も高ければ高いほど、その分リスクを孕むことになる。そういう意味では、衛藤美彩の演じるアイドルは重心が低くバランスも良い。この辺りが鉄人、野良犬を想起させる要因であり、地を這うようにして(しかし空を飛ぶ紙飛行機を見失わないように鋭く目を光らせ)前進できた理由ではないか、と思う。

衛藤美彩は、仮想恋愛という虚構の創造を実現できている数少ないアイドルだろう。しかも、「仮想」でありながらリアリティーの喪失は極限までに抑えられている。恋愛とは生臭く、既存の距離感を毀損するものであり、更に、そこへある種の刺激を添えて提供できてしまった。これは、須田亜香里、秋元真夏とはおおきく異なる資質だろう。彼女は、既存のアイドルが「やりたいけど、できなかったこと」を実現してしまったのである。安易に言ってしまえば、高い次元のビジュアルをもつアイドルが足を踏み入れることは決してなかった領域に、ビジュアルにハンデを抱えるアイドルが食い扶持とする領域に、トップクラスのビジュアルを誇るアイドルが侵攻し、そこに王国を築き、確固たる地位を確立してしまった。「それはないんじゃないか」と、嘆きが今にも聞こえてきそうである。

 

総合評価 72点
アイドルとして豊穣な物語を提供できる人物

(評価内訳)

ビジュアル 16点 ライブ表現 15点

演劇表現 14点 バラエティ 13点

情動感染 14点

 

乃木坂46 活動期間 2011年~

評価更新履歴
2018/7/29 ライブ表現 17→15

評価点数の見方