乃木坂46 渡辺みり愛 評価

乃木坂46

渡辺みり愛 (C) アップトゥボーイ2017年9月号

「勇気と正義」

渡辺みり愛、平成11年生、乃木坂46の第二期生。
透明感あふれるアイドルだが、怜悧なひとでもある。正義感が強いように見えるが、どこか邪悪な雰囲気もある。ウソ=フィクションを作るのが上手い、つまり演技が上手い、ということなのだろうか。アイドルの日常にある種の愚作があり、言いようがなく引きつけられる。とくに映像演技における表情・振る舞いは、グループアイドルでありながらどこか孤独がふりつもったような、独特の境地にあり、ぬきんでている。
無垢でもなく無邪気でもない、能動的で愛嬌のある笑い顔を作るアイドルで、触れてはいけないがしかし触れたくなるもの、というある種の魔性さを投げつける。それはたとえば、アイドルを眺めることでその質感や手触りへの想像力をおもわず掻き立てられる、強い現実感覚を伴う性への感興を引き起こさせる希求・情感である。
彼女につよく希求されるのは、やはりアイドルから放たれる孤独感に感化されるからだろう。渡辺みり愛というアイドルは、絶望に対し明晰に振る舞っている。一度青春を諦めた人間が、しかしアイドルを演じる日常の中でそれを濫費しようとする倒錯を抱えている。「アイドル」を青春犠牲とは捉えないし、「アイドル」を青春そのものとも捉えていない、どこか邪な青春の愚作がある。それは「当然」を当然のように否定する、強い正義感のもと、おなじだけの正義と愛をファンに求めるアイドルの物語である。
あるメディアに掲載された記事の『乃木坂「奇跡」の1期、「不屈」の2期、「精鋭」の3期生』
という見出しをみたとき、私はまず、渡辺みり愛を想起した*1。「不屈」とは、耐え難い隔たりと孤立の結晶と云えるからだ。

だが、不屈という見出しは、いささか好意的な配慮のうえに表現された科白であるとおもう。不遇が適当ではないか。グループアイドルにとっての不遇とは、「乱暴にいってしまえば、自分が世界から隔てられていると感じる人間」だけが発見する不運を意味する。乃木坂46の第二期生とは、なんといっても、とびきり不運で気の毒な存在なのである。不遇そのものがアイドルのアイデンティティと設定されてしまうくらいに。
グループアイドルとして特別な存在理由を与えられ、群像劇の中軸として機能する第一期生。彼女たちが、これからまさに黄金期を迎えるであろうという物語の”展開”のなかに乃木坂46の第二期生(渡辺みり愛)は放り込まれる。それは、回る歯車に潤滑油を滴らせるというよりは、歯車の動きを鈍らせるために細かく砕いた磁石を放り込むような光景を映し出した。
突然放り込まれた異物とその手触りに、第一期生たちは強いオブセッションを抱え込んだようである。大衆心理による対立構造の発生と完成は当然の成り行きと云えようか(後に、生駒里奈の「2期生は戦友」発言で転換点を作るが、それはデビューから5年後のはなしである)。もちろん運や境遇とは、文芸の世界に身を置く者にとっては実力あるいは才能と評価すべき類のものであり、とくにグループアイドルにとっては豊穣な物語を書くための材料になるのだが。

幼童のころから、青年の域に近づく頃まで、ずっと孤立していた。 乃木の詩想が豊かであることについては定評がある。その底には、やはり疎外感が横たわっていたのではないだろうか。文芸とは、乱暴にいってしまえば、自分が世界から隔てられていると感じる人間が作り上げる、今ひとつの世界だから。

福田和也 / 乃木希典

大多数のファンの認識では、第二期生の代表といえば堀未央奈となるのだろうか。彼女の孤立というのは、松井珠理奈に与えられた闘争的な孤独と類似しており、そこを生き抜く物語は一つの快挙と呼べる。しかし、その境遇によって堀未央奈が出した答えはグループの未来や過去の証になるのではなく、新内眞衣のように独自の枠組みの中に立つことであった。よって、彼女はなにかを代表する存在とは言えない。資質だけで判断すれば、佐々木琴子が担うべきポジションなのだろうが、未だ、古代遺跡のようにねむったままである。語られるべき物語の量が不足しているし、そもそも彼女は青春や日常の喪失・名残を抱きしめる人物だ。
やはり、グループアイドルでありながら青春の犠牲を否定することで招く孤立感、疎外感、このイメージを”現実的に”つよく身に着けているのは渡辺みり愛となるのではないか。乃木坂46の第二期生が作る群像劇、”コア”な読者を手繰り寄せて共闘という絆を作る若者の不完全さ、その物語の象徴は、渡辺みり愛だろう。
渡辺みり愛はそのちいさな身体から強烈な孤独感を放つ。彼女のファンはどうしても、アイドルでありながら自分とおなじ青春の地平に座る、その逆走的なヴァルネラブルを放っておけない。幼少の頃に抱いた孤独を飼い馴らそうとするひとりのアイドル。その丸めた背中、その後姿から伝えられる救援要請を、ファンは身勝手に、妄執的に受け取るのである。

奇跡、不屈、精鋭と、キャッチーで安直な表現だが、この与えられた称号のなかで、どれが一番豊穣な物語につながるのだろうか。それは奇跡かもしれない。奇跡との遭遇はひとに運命を感じさせる。また、精鋭は期待感や希望、そして未来を与えるだろう。
不屈であることは、やはり、孤独である。そこから伝播する不安は、不快感すら立ち現させる。孤独を自覚した、孤立感を抱いてしまったアイドルを応援するというのは、矛盾した、独りよがりな、救いがみえない行為かもしれない、と自棄におそわれる。だからこそ、そこに書かれる物語は奇跡や精鋭よりも遥かに文学的な響き、輝きを放つのだ。「本質的に不愉快なもの」とは、観者を「いい気持ちにさせるのではなく。自己否定、自己超克をうながすような力をもっている」のだから*2
自分が世界から隔てられていると感じたアイドルの作り上げる虚構。そのもうひとつの別の世界の中で、アイドルは(渡辺みり愛は)心を丸裸にして、ファンに無条件の信頼と共闘を呼びかけている。この、渡辺みり愛の物語に書かれているアイドルとファンの共闘の構図は、同じグループに所属するアイドルたちと一線を画しているようにおもう。トレンドや趨勢に左右されない絆を描いており、ともすれば、それはクリエンテスに届くのではないか、と。しかし、そもそもアイドルとの”共闘”とは一体何を指すのだろうか。彼女が闘おうとしている相手とは一体だれなのか。その相手とは、抽象的で具象的なもの、ではないか。口にするのも憚れるような邪悪で歪んだものでもなければ、砲台を向け”撃て”と号令をかけるには躊躇する白い女神の石像のような”的”でもない。それは、大地震を発生させる、目には見えない問題を否応なく表出させる、大きなミミズのような”存在”のことではないか。そして、(自身の応援するアイドルが)それを倒すには、やはり、「あなたの勇気と正義が必要」なのだ。

かえるくんはくるりと大きな目をまわした。「片桐さん、実際に闘う役はぼくが引き受けます。でもぼく一人では闘えません。ここが肝心なところです。ぼくにはあなたの勇気と正義が必要なんです。あなたがぼくのうしろにいて、『かえるくん、がんばれ。大丈夫だ。君は勝てる。君は正しい』と声をかけてくれることが必要なのです」

村上春樹 / かえるくん、東京を救う

 

総合評価 67点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 13点 ライブ表現 15点

演劇表現 15点 バラエティ 10点

情動感染 14点

乃木坂46 活動期間 2013年~2021年

引用:*1 ニッカンスポーツ・コム/芸能番記者コラム
*2 福田和也/作家の値うち