乃木坂46 与田祐希 評判記

乃木坂46

与田祐希(C)オリコンニュース

「ありふれた日常がはじまる」

与田祐希、平成12年生、乃木坂46の第三期生であり、9代目センター。
不思議なアイドルである。昨日と今日で見え方がおおきく変わる。与田祐希本人が演じ提示する「アイドル」には一種の弱さ、どこかヨロヨロとした、軸足が定まらない、夢をもたない、ドキュメントを欠落する人間固有の無気力あるいは無抵抗の露出があり頼りないが、彼女の作るそうした演技・表現=アイドルのデッドパンな横顔とは別に、観客席の側から眺める「与田祐希」には同世代のアイドルを圧倒する輝きがたしかにある。
作詞家・秋元康をして「三番目の風」と形容された乃木坂46・第三期生。彼女たちは、AKB48のブレイクからはじまったアイドルシーンのもっとも豊穣な時期に収穫された果実であり、与田はその過去と未来を繋ぐ12個の果実のなかでも特に強い香気を放つ登場人物として、グループの次世代、ではなく、アイドルシーンの次世代を担う寵児として、将来を嘱望され、そのとおりに多くのファンを魅了しつづけている。
白石麻衣、西野七瀬を失った今日のシーンにおいて与田のアイドルとしての人気は別格であり、また、他の多くの若手アイドルに絶望をふり下ろしている。才能・アウラといった目に見えない曖昧なものをベースに置き、アイドルを組み立て、自己の可能性を探るのではなく、うまれもった美=実力一つでウソ偽りのない可視化された破格の人気を手に入れ、常にファンに表題作のセンターを心待ちにされている。と同時に、同業者にとってはきわめて卑小な存在であり脅威であり続けている。
身振り手振りの大げさな、古臭さの盤踞した演劇。笑顔の硬直した、おぼつかない踊り。つまり表現の分野におけるありとあらゆる弱さをビジュアル一点のみでカヴァーしてしまえる点、ビジュアルが良い”だけ”で日常の立ち居振る舞いのすべてがファンの好感を誘うという点から、与田祐希もまた乃木坂らしいアイドルであり(飄々としていたり、無感動を装ったりするところなどは、先達の特質と愛着しているようにもおもえる)、乃木坂46の強さを簡明に証し立てている。グループが飛翔すればするほど、彼女もまた高く空を飛ぶのだ。

現在の、このひとのおもしろさとは、定形に囚われることでその定形から脱する物語を展開できた、という類型に収まってしまうことへの屈託にある。なによりも、その屈託によってアイドルがようやく自力で歩き出し、これまでに立っていた場所から移動を試み、素顔を拾い上げようとする成長への胎動にある。
グループアイドルのもつ不気味さや儚さを歌った『逃げ水』において正真正銘の主人公として描かれ、「次世代」への過剰な期待感に包まれてからは、ステレオタイプな、陳腐なアイドルを演じてきた。彼女は常に理由の見当たらない笑顔と涙を作り続けてきた。しかしそうした少女の健気な挑戦がアイドル人気へとつながる場面はほとんどなかった。与田祐希の人気とは、性への感興を促すビジュアルによったものであり、アイドル本人の意図しないところでアイドル=偶像が育まれ、その人気が積み上げられてきた。自身の情動を披露することで他者をつき動かすのではなく、アイドルを眺めたファンが身勝手に情動を引き起こす。アイドル本人の「能動」によってアイドルがつくられ人気者になるのではなく、ファンの情動によってのみ人気が積み上げられていく…、アイドル的薫陶をそなえたのが与田祐希なのだ。
ただ、そうした葛藤を、『夜明けまで強がらなくてもいい』のミュージックビデオの制作を通し、ぐったりと壁にもたれかかり、倦み睨みつけ、くずれ落ちるかのように演じ表現してからは、一点の曇りもない、無限の可能性を抱えた透明な少女、というところから、くすみきったアイドル、という場所へ移動したかに見える。ファンが自分になにを求めているのか、察知したようで、幻想に没入するふりをして夢を語らうといった古臭い演劇から脱し、どこか無感動で無抵抗に振る舞う、良くも悪くも自然体なアイドルへと変貌を遂げた。デビュー当時、遠い向こう側に投げつけた素顔と徐々に距離を詰めつつある。ここへきてようやく、ありふれた日常の物語がはじまりつつある。かつては、西野七瀬を継ぐメンバーとして立ち居振る舞った日もあったが、今日の彼女を眺めるに、過去のアイドルのどの系譜にも与さない、独立したアイドルに映る。とくに、夢と現のあいだに引かれた境界線に踏み込もうとした『全部 夢のまま』をセンターに立ち歌い踊ったことで、現在の与田祐希にしか表現できないもの、がグループの物語の内にじわじわと、たしかに出てきたようにおもう。

 

総合評価 57点

問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 15点 ライブ表現 7点

演劇表現 13点 バラエティ 11点

情動感染 11点

乃木坂46 活動期間 2016年~

引用:見出し、林 希 / ヨダユキ

2018/11/01  ビジュアル 16→14 ※訂正しました
2019/10/18 ライブ表現 6→7  
情動感染 10→11
2020/03/11  ビジュアル 14→15
2021/01/05  本文を刷新しました 

  関連記事

 

日向坂46(けやき坂46) 渡邉美穂 評判記

「アゲインスト」 渡邉美穂、平成12年生、日向坂46(けやき坂46)の第二期生。 ...

アイドルの可能性を考える 第十回 「アイドルの値打ち」の使い方 ビジュアル 編

「『アイドルの値打ち』の使い方」 メンバー 楠木:批評家。趣味で「アイドルの値打 ...

日向坂46(けやき坂46) 上村ひなの 評判記

「いつでもどこでも変化球」 上村ひなの、平成16年生、日向坂46(けやき坂46) ...