乃木坂46 逃げ水 評価

逃げ水ジャケット写真 (C) 乃木坂46

「過ぎるその季節を止めようとする」

楽曲について、

つくり手の拘りや想像力というのは、必ずしも受けてにクリアに伝わるとは限らない、という典型例だろう。ユリウス・カエサルは「文章は、用いる言葉の選択で決まる」と言った。文芸の世界も同じである。想いが伝わらないのであれば、それはつくり手の資質不足でしかない。

歌詞について、

良い。意識的なのか、無意識か、作詞家にとって工具箱の中に詰め込んで取り替え可能な道具でしかなかった言葉たちが主体的な役割を担っている。「逃げ水」という遠景と、それを希望や夢と捉える人間を、可能性を秘めた存在と描くイノセンスは作詞家にとって必要不可欠な資質だろう。しかし、テーマを包括すると、表題曲ではなく、アンダー楽曲として眺めたほうが壺にはまると感じてしまうのは私だけだろうか。

映像作品について、

力作である。平易ではあるものの、映像世界が楽曲やアイドルが作る物語とのリンクを可能としており、アイドルたちの演技に対するスタイル、方向性の確立を提示したという点においても、今後の乃木坂46の展望を探るうえで価値のある作品に仕上がっている。あたらしい物語を抱えた二人の少女がアイドルという虚構に踏み込んで行く。それが如何に不気味で底知れぬ世界なのか、仕掛け自体は陳腐だが、ストーリー性という観点では感興がある、と評価できる映像となっている。桜井玲香、松村沙友理、生田絵梨花、伊藤万理華、大園桃子を筆頭に、映像作品(ミュージックビデオ)という筐体の中でみせる彼女たちの表現、世界観は、現在のアイドルシーンにおいて最高到達点と云えるだろう。演じた役がそのままアイドルとしてのユニークに繋がって行く…、この一点が、日常を演じる少女たちをアイドルの世界に縛り付ける、存在する理由と云えるのではないか。特に、桜井玲香の絵の「作り方」というのは、彼女特有の”過ぎるその季節を止めようとする”強張りと共存を可能にしており、それがあたらしい物語を抱え込んだ二人の少女と重なる光景は、グループの未来と過去がすれ違う光景へとすり替えられる。

 

総合評価 72点

現在のアイドル楽曲として優れた作品

(評価内訳)

楽曲 14点 歌詞 14点

ボーカル 14点 ライブ・映像 17点

情動感染 13点

引用:見出し、逃げ水/秋元康/乃木坂46

歌唱メンバー:伊藤万理華、新内眞衣、生駒里奈、桜井玲香、若月佑美、井上小百合、星野みなみ、松村沙友理、生田絵梨花、秋元真夏、衛藤美彩、高山一実齋藤飛鳥、白石麻衣、大園桃子、与田祐希、西野七瀬、堀未央奈

作詞:秋元康  作曲:谷村庸平  編曲:谷村庸平

評価点数の見方