乃木坂46 堀未央奈 評価

乃木坂46

「変更されたいくつかの事実」


自家撞着アイドルである。
自家撞着とは、辞書を引くと、下記の意味となる。

同じ人の言動や文章が、前後で食い違っていること。 また、自分で自分の言行に反すること。

(故事ことわざ辞典

堀未央奈はこの典型である。これは生まれ持った性向である。彼女は、この先天的な自家撞着をごまかす為の手法として、後天的に「恬然」を採用する。では、恬然の意味も引用してみよう。

恥ずべき事などを何とも思わないで、平気でいるさま。

(故事ことわざ辞典)

大人の世界で、大人に振り回された少女が、そこを生き抜くために、身につけた手法であることは、まず間違いないだろう。堀未央奈にとっての悲劇とは、このどうしようもなく、くだらない立ち居振る舞いが、ある程度大人に通用してしまったことだろう。渡世術としてだけではなく、アイドルとしての活動、例えばバラエティ番組において一定の成果をあげることに成功している。しかし、これと引き替えに、アイドルとしての貴重な成長期を棒に振ってしまったのも事実である。デビュー当時の個性的な容姿を捨て、所謂「量産型アイドル」に自ら進んで変化をしてしまった。現代アイドルでは松井珠理奈くらいしか経験をしていない、センターとして黄金期のトップアイドル集団の中に放り込まれるという特異な境遇を授かる「資質」を放棄し、平均的な、凡庸なアイドルへと丁寧に時間をかけて馴致していった。この「逃げの一手」のような心理状態が招いたものこそが、多くのアイドルが迷い込み、絶望する「隘路」である。彼女が手に入れた「恥ずべき事などを何とも思わないで、平気でいるさま。」という立ち居振る舞いは、情動感染の分野で足を引っ張る。堀未央奈のその姿勢は、己の情動を抑制してしまう。アイドルが情動を引き起こさないのであれば、ファンに情動が感染するなどということは、もちろんあり得ないのである。

松井玲奈兼任以降の堀未央奈はアイドルを演じることへの自意識が驚くほど強かった。その「姿勢の良さ」は品格に繋がり、外側の観者だけでなく、内側の人間にも好印象を植え付けることに成功したはずだ。しかし、模範となった松井玲奈とは大きな隔たりがある。それは24時間「アイドル」を考えていられるか、どうかだ。
プロフェッショナルとアマチュアの違いとは、自身の生業に対し24時間思考を、思弁をできるかどうかである。堀未央奈は果たしてどちらであるのか、答えは明白である。
自己顕示欲が強い分、瑕疵が他のアイドルよりも見つけやすいのかもしれない。そしてその綻びは不必要な疑惑や誤解、不安を招くのだ。

 

総合評価 62点

アイドルとして活力を与える人物 

(評価内訳)
ビジュアル 14点 ライブ表現 14点

演劇表現 9点 バラエティ 17点

情動感染 8点

 

・乃木坂46 活動期間 2013年~
評価更新履歴
2018/8/25 ライブ表現13→14

評価点数の見方