乃木坂46 新内眞衣 評価

乃木坂46

新内眞衣(C)音楽ナタリー

「初めから 空を飛んでるわけじゃない」

賢者は生きられるだけ生きるのでなく、生きなければならないだけ生きるのだ……

生ける屍の死 / 山口雅也

新内眞衣、平成4年生、乃木坂46の第二期生。
グループにおいて独自の枠組みに立つ。彼女が、第二期生でありながら、第一期生感なるものを把持するのは、最年長の役割を持つからではない。絶対的な主人公の再登場を描いた『太陽ノック』において、第一期生の集大成としてのその群像の中に、偶然にも放り込まれてしまったからである。以降、親交の深かった深川麻衣の卒業ソングに参加できなかった悔しさを除けば、アイドルの物語はきわめて順風満帆であり、『サヨナラの意味』で選抜メンバーに復帰した後は、今日に至るまですべての表題曲の歌唱メンバーに選抜されている。これは並大抵ではない。だがこの人もまた、アイドルでありつづけることでのみ叶う夢=生活を謳歌する登場人物の一人であり、ほんとうの夢を追いかけるためにアイドルが在る、自身の可能性を探る手段としてアイドルへの演技がある、といった「アイドル」の存在理由の破綻をまねく登場人物として、ファンから「楽隠居のアイドル」と揶揄されている。

アイドルの扉をひらいたばかりの頃の、まだ”大地に立ってた”頃の彼女を、OL兼任アイドルなるイロモノを眺め、令和の開始が告げられた、現在のアイドル・新内眞衣の変貌を遂げた横顔をスケッチできたファンは果たしてどれだけいるだろうか。彼女は、ファンの想像を良くも悪くも裏切っている。
その「想像」の裏切りは二つある。
一つは、彼女が、並み居る強敵、豊かな可能性を持つ若手を抑え、乃木坂46の「選抜」の椅子に座りつづけていること。もう一つは、彼女が、25歳を過ぎ、30歳を目前にしてもなお職業アイドルでありつづけていること。
ようするに、新内眞衣もまた、白石麻衣と同様、アイドルと卒業、あるいは、アイドルと夢、この問題に囚われるアイドルだと扱い、批評の根幹にするしかない。
そもそも、何としてもこの世界で生き残ってやる、しがみついてやる、と心に誓うのは不名誉なことなのだろうか。おそらく、不名誉なのだろう。結局この話題もまた、純文学とエンターテイメント性、その両極のどちらに自分が立つのか、という問いに帰結するのだ。もし、アイドルを演じる少女が、アイドルには純文学、換言すれば、芸術性が帯びている、と考えるならば、当然、その世界で生き残ってやろう、などと鼻息荒くする意気込みは、退廃にほかならない、となる。一方、アイドルには芸術性など具わっていない、アイドルはエンターテイメントそのものである、と主張するならば、その世界にしがみつこうとする野心と虚栄心は、才能の証になる。つまりアイドルに真剣になればなるほど、この両極のあいだでもだえ、矛盾に引き裂かれる。
今日、アイドルの儚さを放棄し、アイドルの命を延伸しよう試みる、常にファンから卒業発表を待ち望まれてしまうトップアイドルのほとんどがエンターテイメントタイプのアイドルに分類できるだろう。新内眞衣もまた、自己の可能性を探る純文学タイプのアイドルの対岸に立つ、アイドルとしての商品価値を高めるために尽力するエンターテイメントタイプのアイドルに分類されるはずだ。ほとんど、と云ったのは、たとえば白石麻衣、彼女からはエンターテイメント性を凌ぐ芸術家気質を受け取るからである。
もちろん、純文学とエンターテイメント、そのどちらが優れているのか、などという的はずれな講釈を垂れるつもりはない。どちらにも、魅力はある。新内眞衣にしても、彼女は、シーンの主流となったアイドルグループの選抜メンバーでありつづけ、しかも、彼女はアイドルグループにとって格別の存在感を放つ第一期生ではなく、第二期生である。けして、初めから空を飛んでいたわけではない。乃木坂46にあっては、不遇と揶揄され、ファンから嘲笑われる第二期生にあって、不遇や不屈を背景に独自の枠組みを作り、そこにあたらしいファンを手繰り寄せ(入り口性、という意味においては白石麻衣と重なるところがあるようにみえる)、「選抜」の椅子を確かなものにしたのだから、やはり並大抵の達成ではないし、アイドルの物語がしっかりとあるようにおもう。

この、新内眞衣の魅力とは、架空の世界を現実とおなじように見せる、あるいは現実よりもはるかに現実的に見せてしまう身近さにある、と云えるだろうか。身近さを得物とするアイドルは多い。けれど彼女くらい”普通”の身近さをもったアイドルはなかなか見つからない。
たとえば、職場で年上の女性に向けて生意気な言葉を放ち、場を盛り上げる。盛り上がりはしたが、夜、眠る前にその会話を思い出し、自分の無神経さによって女性を傷つけてしまったのではないか、考える。場が盛り上がったのは、彼女の寛容さのおかげであって、自分の機智によるのではない、と反省する。しかし彼女はいつも笑っている。そのような自己省察を繰り返す日々のなかで、彼女に対し、自己の内に、恋愛とも友情とも安易に表現できない、特別な感情が芽生えていることに気づく……、このような未成年らしさ溢れる体験談は、きっとめずらしくはないエピソードのはず。
新内眞衣の魅力、不思議さとは、この特別な感情を抱いてしまったその女性本人がアイドルと成ってテレビカメラの前に出現したのではないかと、錯覚させる点にある。つまり、日本のオフィスレディの象徴があの特別な感情を抱いた女性であり、その類型的オフィスレディと出会った経験を持つ人間が、やはりおなじように画面に映し出された新内眞衣を眺め、架空の世界と現実の邂逅に直撃し、アイドルに没入する羽目になったのではないか、と私は妄執してしまうのだ。要は、新内眞衣は普通の人なのだ。普通の人なのにアイドル、なのだからそれはもはや普通とは云えないのだが。

しかしこの身近さ、つまり平凡さによって叶えられた成功が、彼女を「アイドル」に縛り付けているわけではないようだ。新内眞衣を「アイドル」に縛り付けているもの、それはおそらく、執着心である。
芸能の世界に踏み込んだひとりの少女を仔細に眺め、イロモノや端役にしか見えない、と落胆するのは、鑑賞者の独りよがりな感想に過ぎず、都会の眩しい場所に立つ生活をおもいがけず入手した少女からすれば、奇跡の階段をのぼり続ける、これはまさしく「夢」なのだ。人は、様々なものに執着心を抱くが、夢に対する執着ほど握力の強いものはほかにあるまい。とくに、一度手に入れたもの、所有したものを手放すことほど耐えがたい苦しみはない。また、執着と満足は違う。凡庸であればあるほど、叶えた夢に満足するのではなく、執着する。なによりも、執着は復讐心を生みやすいのだ。
ある舞台の稽古で彼女は演出家から偏執的なまでに叱咤されたという。そのエピソードを自身の口から大胆に披露した際、自分は演出家から怒られる役目に選ばれたのだ、自分はそういうタイプなのだろう、と述懐している。このエピソードの披露には新内眞衣というアイドルの性格がよくあらわれているとおもう。要は、負けず嫌いなのだ。自己の内に芽生えた、嫉妬、軽蔑、怨みといった女性特有の反動を、復讐心を忘れることがどうしてもできないひとなのだ。だからファンの前で言わなくてもいい言葉を抑えきれず放ってしまう。
一度手に入れた「選抜」の椅子を奪われ、かつ親交の深かった深川麻衣の卒業ソングに参加することができない事態にもやがて直面してしまったストーリー展開。こうした、フィクションの内に見る現実感覚としての悔しさ、執着心、復讐心の育みが、彼女に、アイドルでありつづけることを、生ける屍になることを強いるのではないか。やはりこのひとは普通の人、平凡な一般生活者なのだ。

「明日がある理由 編」

アイドルが職業アイドルでありつづけることの瑕疵、不安、退屈さをさらに突きつめるならば、新内眞衣の場合、作詞家・秋元康から贈られる詩的世界の住人になりきるという段階をすでに終えてしまっている点にある、と云えるだろうか。『羽根の記憶』に対する倒錯も看過できないが、なによりも、ファンに夢を与えようと歌い踊る楽曲、たとえば『明日がある理由』を彼女が口ずさんでしまうと、それは見事に実体験となってしまうわけである。アイドルとはファンに活力を与える存在であるから、それはそれで問題がないようにみえるが、そこまで単純な話ではない。
わたしは頑張って夢をつかむことができた、君たちにもできる、君たちには時間がある、とアイドルに歌われても、これが不思議なもので、他人事にしか見えず、励まされないのだ。
『明日がある理由』のような楽曲を聴いて活力を得る、これは自分とアイドルがあくまでもおなじ夢に突き進んでいるという状況が眼前に拡がり、なおかつ、アイドルを演じる少女が詩的世界における登場人物になりきろうと試みる、つまり他者の想像力によって吐き出された人間を演じることで、自己の枠組みをつらぬこうとする、成長を試みるからこそ、その横顔にファンは自己を投影し、活力を得るのである。
作詞家・秋元康の記す詩情に心を揺さぶられた、と表明するも、しかしその啓蒙を致命的に裏切りつづけ、楽曲を迎え撃つ、のではなく、常に楽曲に迎え撃たれる新内眞衣が、その詩的世界の住人になりきる光景など、果たして想像できるだろうか。たとえば、白石麻衣が『僕のこと、知ってる?』と否応なく響き合ってしまうシーンを、新内に期待するなど到底できない。アイドルにならなかった自分こそほんとうの自分ではないか、迷子になる白石に対し、新内眞衣にとっては、アイドルこそほんとうの夢の暮らしであるからだ。

彼女を眺めていると、フィクションを作り物語る行為をどこかダサイものだと確信しているようにみえる。それはやはり年齢による人としての成熟の兆しのせいなのだろう。彼女はきわめて普通の人だから、世の女性がフィクションを幼稚なものだと笑い飛ばすのと似て、彼女もフィクションをあくまでも見世物小屋と扱い、楽しむ、アイドルでありながらすでに嘘の世界を作る行為に妥協する”生ける屍”にみえる。そのもっとも明確な徴が、10作品以上連続で表題曲の歌唱メンバーに選抜され文句なしの実績を作るも、目を凝らして見ればポジションはすべて3列目という目を覆いたくなるような惨憺たる結果ではないか。
グループアイドルとしての地位(そんなものを地位と呼んでいいものか、わからないが)を確立してからは、アイドルの性格が画一的で、ラジオを聴いてもミュージックビデオを眺めても、すべて似たようなキャラクターしか書かれていない。この「結果」を前に、ファンは、本当に彼女は実力でそこに立っているのか?と疑問を禁じえないのである。
加えて云えば
、おなじ最年長というポジションを与えられ、屈託を抱えていた深川麻衣は、しかし物語の終盤に素晴らしい飛翔を描いている。ここに目撃する、決定的な差異は無視できないだろう。深川麻衣の後継にあたる新内眞衣だが、しかし深川麻衣の系譜には連なっていないのだ。深川麻衣、彼女の系譜に与するアイドル、それは橋本奈々未だろう。彼女もまた、アイドルの物語の最終局面で飛翔を描いたのは説明するまでもないし、この2名のアイドルに共通するのは、アイドルが卒業したあともその物語を再訪するファンがあとを絶たないという点である。それは、アイドルの命を延伸し続け、多くのファンから卒業を待ち望まれてしまう新内眞衣の物語からもっとも遠く離れたアイドルの有り様と云えるだろう。
あるいは、いやもしかすると、新内眞衣がなかなか卒業しないのは、ファンの想像を裏切る彼女のことだから、あっと驚くような、深川麻衣や橋本奈々未が描いた飛翔とおなじだけの物語を記すチャンスをうかがっているからなのかもしれない。だとするならば、とてつもない野心と虚栄心を宿したアイドルだと云えるのだが。

 

総合評価 51点

問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 10点 ライブ表現 8点

演劇表現 8点 バラエティ 12点

情動感染 13点

乃木坂46 活動期間 2013年~

引用:見出し、秋元康 / 羽根の記憶

   

AKB48 西野未姫 評価

「第2の”まゆゆ”」 西野未姫、平成11年生、AKB48の第十四期生であり、「三 ...

アイドルの可能性を考える あたらしい”推し”を探そう 編

「あたらしい”推し”を探す」 メンバー 楠木:批評家。趣味で「アイドルの値打ち」 ...

AKB48 川上麻里奈 評価

「川上麻里奈」 川上麻里奈、平成8年生、AKB48の第十一期生。 同期に川栄李奈 ...