乃木坂46 金川紗耶 評価

乃木坂46

金川紗耶(C)TOKYO POP LIN

「やんちゃなやんちゃん」

金川紗耶、平成13年生、乃木坂46の第四期生。
絢爛をきわめるグループにあって、若手でありながらグループの歴史・アイデンティティに密着し、かつそれらを破砕するフレネミーを発揮している。同業者からの評価も高い。とくにステージの上で見せる立ち居振る舞いは別格にうつくしく、玄人筋をして、もっともダンスの上手い若手アイドル、と唸らせている。
まず、ビジュアルに心が引かれる。鑑賞者に不意打ちを喰らわす優雅なシルエットの持ち主であり、グループのみならず、アイドルシーンのなかにあって群を抜く華麗さを誇る。卒業メンバー、現役メンバー問わず、いわゆる「額縁衣装」がもっともよく似合う、泡沫を金川はそなえている。女優然とした相貌と、ファッションモデル的ビジュアルのハイブリッドが乃木坂46のアポステリオリならば、そのイメージの一片を引き受けていたのが西野七瀬であり、橋本奈々未であり、またその直系に立つ齋藤飛鳥なのだが、彼女たちが作り上げたイメージに合致する存在を探り当てるならば、それは遠藤さくら、金川紗耶の両名になるはずだ。
このひとは、気まぐれで、”本能の人”に見える。だが「夢」に対する注意のうちこみ、熱誠には目を見張るものがある。「可能性」を問うなら、このアイドルは文句なしに”買い”だろう。金川紗耶というアイドルにとびきりの脚力を期待してしまうのは、乃木坂46の一員になった瞬間に咲かせた”乃木坂らしさ”の上に、乃木坂46という筐体に対するフレネミーを原動力にして、菖蒲色をした伝統的”乃木坂らしさ”をさらに積み上げていく、ある種の倒錯をもつからである。

金川紗耶、このアイドルはとにかく野蛮である。彼女は、顔も名前も知らない他人の作り上げた過去の物語を前にして、その「過去」を大事に抱える大衆を前にして無関心を装うのではなく、その豪華に装幀された本に何ら価値を見出すことができず、完全に他人化してしまう。何者かが作り上げた物語=通史の上に立ちながら、しかしその歴史に無自覚にふるまう。自身が立つ場所が、自身の物語の、夢の、出発地点であると確信している。
だがこうした少女の無垢な横顔にこそ、グループアイドル=夢見る少女の「素顔」を見出すべきかもしれない。教養として、あるいは情報として過去の物語を学んだとしても、本音を言えば、どうやってもそこに価値を見出すことができない、という心情こそグループのあたらしい時代を生きる少女の素顔なのではないか。
金川の素顔とは、過去の物語の残映に対する献身を誓い表明するといった陳腐さ、虚栄心を打ち倒す、生き生きとした野心である。あくまでも「夢」をつかむためにアイドルを演じているのであって、グループの立ち上げメンバー、つまり第一期生の描いた物語の素晴らしさを証すために存在しているわけではないのだ、という反動である。そして、この野心や反動こそ伝統的”乃木坂らしさ”の一方の主流なのだ。
「アイドル」のことはよく知らないけれど、「夢」への近道になるなら……、といったポーズをとってアイドルの扉をひらいたのが乃木坂46の第一期生なのだが、金川の姿勢とはまさしくこの第一期生たちのポーズ、つまり”乃木坂らしさ”にほかならないわけである。というよりも、おそらくほとんどの少女が本来この種の「本音」をもっているはずで、しかし様々な事情、端的に云えばアイドルとしての人気を獲得するためにも、その姿勢を大胆に示すことができない、といった情況に陥っている。そういった少女たちの葛藤とは一切無関係に、どこ吹く風、金川は大胆に、やんちゃに行動してしまえるのである。

伝統的”乃木坂らしさ”を欲するならば、まずその褪せた過去を、古きものを打倒するしか方法はない。そうした意味でもやはり金川紗耶は野蛮なのだ。”乃木坂らしさ”を致命的に裏切る存在として大衆の眼前に屹立する金川こそ、伝統的”乃木坂らしさ”を真に本懐とするメンバーなのだ。安易に「過去」に価値を見出してしまう凡庸なアイドルとは一線を画している、と評価せざるを得ない。この、考えてみれば当たり前のことなのに、それを示すアイドルがなぜかこれまでに一人もいなかった、という発見が金川を新鮮な登場人物へと昇華させ、玄人筋の一致した評価を得るのだろう。

大衆に傷めつけられた青春、といった個人的な事情を背景にしつつ、少女の純粋さが徐々に損なわれて行くのと引き換えに純度の高い「夢」が立ち現れるという、グループアイドルとしての正統さを持ち、また、夢という漠然としたもの、その最も危険な香りに誘惑されてしまった少女、という意味では、当然、乃木坂46の伝統を護るアイドルと呼べる。乃木坂らしさ、この茫洋としたアイデンティティへの問いかけに対し多角的に応答できる数少ないメンバーと見做すべきだろう。青いウサギに扮した、仮想世界からやって来た「金川紗耶」にエールを貰った彼女が、今後どのような物語を描くのか、スリリングな展開を作っている。

 

総合評価 61点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 14点 ライブ表現 14点

演劇表現 8点 バラエティ 11点

情動感染 14点

乃木坂46 活動期間 2018年~