乃木坂46 矢久保美緒 評判記

乃木坂46

矢久保美緒(C)オリコンニュース

「謝罪ちゃん、大成せず」

矢久保美緒、平成14年生、乃木坂46の第四期生。
松村沙友理に憧れ「アイドル」の扉をひらいた、というエピソードの披瀝を見て分かるとおり、いわゆる”アイドルヲタク”を名乗りそれを「アイドル」の軸にする少女の一人。きっと、幼少の頃から、毎日、大好きなアイドルを仔細に眺めてきたのだろう。自己劇化によったところ、とくに身振り手振りの大げさなところが松村沙友理とよく似ている。ただ、肝心のアイドルの物語の世界観に、引かれるものが一つもないように思う。
公開オーディション当時、ファンから「謝罪ちゃん」と呼ばれ、話題になった。その評判の処女性を皮切りに、凡庸であることがむしろ特別な存在感を放つという、最早アイドルだけに許された特権・魅力を備えもつ貴重なメンバーとして、乃木坂の門をくぐった。次に、アンダーとして、数多くの楽曲を演じたことの経験、知識、矜持を糧に、乃木坂の一員であることの威光を、乃木坂の歴史にたいする真摯さに取り替えてアッピールする、これもまた如何にも「月並み」といったアイドルを形づくり、一部、コアなファンの支持を得た。
凡庸つまり普通であり続けることがこの人のアイデンティティ=宿命になってしまったのだろうか。今日では、仲間のアイドルの魅力を引き出すことが自身の魅力に一切貢献しないという現実を前に、ひどく憤り、疲れ果て、どのような場面でも常に皮肉を準備する、極々普通の、一般女性へと変貌を遂げつつある。
「謝罪ちゃん」が大成しなかった理由は、単純にして明快である。ただただ平凡でしかないアイドルに魅了されるファンなど、どこにもいない、というだけの話である。凡庸であることに尽きない魅力を見出すのは、凡庸であるがゆえに無限の可能性を秘めていると、想像・期待するからであって、そうした想像力すら試されないアイドルを、推すと真に誓うファンなど、きっと、どこにもいない。

 

総合評価 48点

辛うじてアイドルになっている人物

(評価内訳)

ビジュアル 8点 ライブ表現 10点

演劇表現 7点 バラエティ 11点

情動感染 12点

乃木坂46 活動期間 2018年~