乃木坂46 柏幸奈 評価

乃木坂46

柏幸奈 (C) 乃木坂46公式サイト

「はぐれメタルなアイドル」

柏幸奈、平成6年生、乃木坂46の第一期生。
現代アイドル史において、油然とファンの心に湧き上る白石麻衣佐々木琴子の美貌に比肩するビジュアルの持ち主であり、アイドルのジャンルらしさの上を歩くキュートという形容辞に対してならば、両者を凌駕し、最高到達点に位置する。デビューした段階で、すでにグループアイドルにとっての”完全さ”を身にまとっており、柏幸奈をはじめて視認した生田絵梨花は、闘う前に敗北を悟った、と後に回想している。
「ももいろクローバー」を脱退し、なぜ「乃木坂46」に加入したのか、なぜグループを早々に去ってしまったのか、この逸材がグループに存在した記録と記憶は、失敗と喪失は、卒業への理由を求める行為は、やがて、表題曲の歌唱メンバーに選抜され、ついにはセンターポジションで踊る彼女の姿へと、妄執の逆走を招き、ファンに尽きることのない、濃密なアナザーストーリーを描かせている。柏幸奈の横顔は、未完成の文学小説のように不気味な可能性を残したまま、彼女が投げ捨てた架空の世界の空をミゼットの雲のようにいつまでもぽっかりと浮かんでいる。

並行世界の発見は歴史の必然性に疑問を投げかけました。ある世界ではある国がある年に亡び、ほかの世界では同じ国がその年を越えて生き延び続ける。その差異はどこから来るのか。わたしたちの歴史はなぜこのかたちをしていて、ほかのかたちをしていないのか。わたしはなぜこのひとと結ばれ、ほかのひとと結ばれていないのか。

東浩紀「クォンタム・ファミリーズ」

柏幸奈は自身のアイドルとしての輝き(可能性)について、どこまで自覚していたのだろうか。奇蹟を手に入れることができたかもしれない、この可能性への自覚は、それがつよければつよいほど、ながい時間、憂鬱におそわれる。「ひとの生は、なしとげたこと、これからなしとげられるであろうことだけではなく、決してなしとげなかったが、しかしなしとげられる《かもしれなかった》ことにも満たされている。生きるとは、なしとげられるはずのことの一部をなしとげたことに変え、残りをすべてなしとげられる《かもしれなかった》ことに押し込める、そんな作業の連続だ。ある職業を選べば別の職業は選べないし、あるひとと結婚すれば別のひととは結婚できない。直説法過去と直説法未来の総和は確実に減少し、仮定法過去の総和がそのぶん増えていく。」柏幸奈の作り上げたアイドルには、なしとげられるかもしれなかったことで溢れている。興味深いのは、彼女自身が投げ捨てた仮定だけではなく、彼女のことをファンが思い出す度に、そこで生まれた可能性への想いと喪失が無情にも彼女ののこしたアイドルの虚構の中へ放り込まれる点だ。柏幸奈はその喪失の量に負けないために、文芸の世界に身を置き続け、「なしとげたこと」を増やすしかない。しかし、「その両者のバランスは、おそらくは三五歳あたりで逆転するのだ。その閾値を超えると、ひとは過去の記憶や未来の夢よりも、むしろ仮定法の亡霊に悩まされるようになる。それはそもそもがこの世界には存在しない、蜃気楼のようなものだから、いくら現実に成功を収めて安定した未来を手にしたとしても、決して憂鬱から解放されることがない。」(*1)

「はぐれメタル」という異名をはじめて聞いたとき、思わず苦笑したものだが、言い得て妙である。住民が寝静まった夜中に広い屋敷のリビングでパーティをする『レキシントンの幽霊』のようにアイロニーとメタファを成立させた称号に感じる。久しぶりに見た柏幸奈からはメランコリックな印象を受けた。もう、すでに、バランスの逆転がはじまっているのかもしれない。皮肉なことに、その憂鬱な”美”さえも、「もしこの美が現在の乃木坂にあったら…」と、仮定を、並行世界の存在を妄執させる。

 

総合評価 55点

問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 17点 ライブ表現 9点

演劇表現 10点 バラエティ 6点

情動感染 13点

 乃木坂46 活動期間 2011年~2013年

引用:(*1) 東浩紀「クォンタム・ファミリーズ」

 

AKB48 相笠萌 評価

「ウィットに富んだアイドル」  相笠萌、平成10年生、AKB48の第十三期生。 ...

山下美月「センター」を検証する

「動機として、46時間テレビをふり返る」 「どうもこんにちは。あやめちゃん、こん ...

乃木坂46 帰り道は遠回りしたくなる 評価

「ここではないどこかへ」 ひとの人生は、過去になしとげたこと、現在なしとげている ...