乃木坂46 岩本蓮加 評価

乃木坂46

岩本蓮加 (C) マイナビニュース/週刊ビッグコミックスピリッツ

「ハーベストムーン」

岩本蓮加、平成16年生、乃木坂46の第三期生。
デビューから一貫して文句なしの成長を描いている。いや、成長を示している。
シーンの象徴にすらなった菖蒲色のスカート。筐体の映す季節のもっとも豊穣な夜に収穫された12個の果実。そのなかでも岩本蓮加というアイドルの追熟過程はきわめて不明確である。
我々は彼女の眠り顔を見ることはできたけれど、『日常』以降、夢の世界の中をフライパンの上を滑るバターみたいに、愉快に走り回る彼女の姿をみたことは一度もない。それはなぜだろう?彼女はファンのまったく知らない場所に暮らし、まったくあたらしい世界を経験しているようだ。そこで課された命題をクリアしたときだけ、こちら側に戻ってくる。だから成長をしたアイドルの姿を眺めることはできるけれど、その過程を読めない。密度にふれられない。
たしかに、ある日唐突に提示される、成長を果たした岩本蓮加には、グループの通史を語るなかで宿命的に損なわれてきたイロが付着していて、何度もおどろかされる。『何度目の青空か?』当時の生田絵梨花を彷彿とさせる勇敢で筋の通った、傘を叩く雨音のようにすみずみまではっきりと響く歌声。それはアイドルポップスという枠組みを貫こうとする胎動を伝える。屈託の逆転を描くが、どこか無感動にみえる踊り。それは緑色の「扇風機に向かって、あああ」と言った頃の齋藤飛鳥とかさなり、滑稽で残忍な想像力で作られた物語へ没入せざるをえない気配をファンに自覚させる。(*1)
しかし、少女が、岩本蓮加が、なぜ”奇跡との遭遇”を手に入れたのか、その光景と動機は語られていない。あくまでも、そこに提示されるのは夜に鳴くセミのような不気味な倒錯である。彼女はステージの上でグループアイドルにとってもっとも大事なものを放棄するのと引き換えに、素顔の発見が与える物語性を犠牲に、その瞬間だけ「奇跡をください」と「心の中で呟」くように精神も身体も歪め、成熟を獲得し、豊潤なアイドルを作る。スポットライトを浴びる岩本蓮加というアイドルには、当たり前の日常=青春の犠牲といった範疇では語れない喪失があり、すでに儚さが全身に降っている。だから、”ピュアな輝きを放つ”少女と謳われながらも、背伸びをした”大人っぽさ”などではない、奇妙な爛熟をその姿形に表出させるのだろう。仮に今後『トキトキメキメキ』や『れんかのおうえんか』のようなフィクションを用意され、それを受け取った彼女から以前とおなじ無邪気を提出されても、それは素顔の再現とは言えず、あくまでもフィクションへのなりきりになるのではないか、予感は拭えない。そこにうら悲しい不安の光りを見いだすものの、しかしその喪失感こそ、おそらく、アイドルが本来魅せるべき生命感のもっとも明確な徴なのだろう。今後に注目すべきアイドル、ではなく、”現在に”注目すべきアイドルと云える。(*2)

 

総合評価 65点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 15点 ライブ表現 15点

演劇表現 12点 バラエティ 14点

情動感染 9点

乃木坂46 活動期間 2016年~

引用:(*1)  秋元康/扇風機
(*2) 秋元康/~Do my best~じゃ意味はない

評価点数の見方