乃木坂46 桜井玲香 評価

乃木坂46

桜井玲香 (C) クランクイン!

 「乃木坂らしさ=群像を完成させた立役者」

桜井玲香、平成6年生、乃木坂46の第一期生であり、初代キャプテン。
きわめて飄々としたアイドルを作る人物だが、偏執や固執の裏返しに発露される、石を浮かべて木を沈ますユニークさと枯淡、これはキャプテンというキャラクターを意識的に看過したとしても、乃木坂46の描く人間群像を成立させるための重要なピースになった、と云えるのではないか。とくに、常に機嫌の良さを見失わない彼女の性格は、菖蒲色の原料にもなっている。
桜井玲香は繊細なモノローグを露出する機会が受動的にしろ、能動的にしろ、極端に少ないアイドルである。とくに偶像の曖昧さは堀未央奈の「恬然」を凌ぎ、シニカルでさえある。彼女を眺めていると、ミストに覆われた田舎町で、あらゆる行動選択を宿命的にあやまる登場人物を描くSF映画を観ているような気分に陥る。真っ白な霧の向こう側に潜む、他の星から来た得体の知れない”なにか”の一部分を目撃したときの不気味さと、唐突に描出される浮遊や奔放=無責任さを前にすると、途方に暮れる。つかみどころのないアイドルだ、と。
だがアイドルとして、彼女の「名」は完璧と云えるだろう。名は体をあらわす、と言う。乃木坂46の編み上げようとしたイメージにこれほどまでに合致した、いや、象徴になった少女は他にいないのではないか、とすらおもえるほど、文句なしの名前である。キャプテン就任への要因に「名」があったことは容易に想像できる。
この「桜井玲香」のアイデンティティに、演技やライブパフォーマンスを挙げる声が多いようだ。たしかに、演劇・舞台の上では、日常を演じる際に抑え込んだ欲と衝動のようなものをしみ出し、なかなか迫力ある表情を作っている。勘が良さそうだ。踊りも上手い。歌も唄える。安定感抜群に見える。しかし、如何せん表情が硬い。とにかく引きつって見える。この拙さは減点対象になる。彼女の作る強張った表情を「鋭利」と表現し、無償の賛辞を贈るのは容易いかもしれないが……。このひとの演劇に求心力がないのは、やはり表情の硬直によって、演じられる役の顔がすべて同じに見えるからだろう。役に日常の機微を見ない、これはつまり、演じる人間の日常が再現されていないわけである。当然それはアイドルとしての魅力も損なわせるだろう。
デビューから7年以上経過した現在、良くも悪くも彼女のビジュアルに対するチャントに一切の評価の変化がなく、白石麻衣与田祐希のような物語の場面転換を報せる歪みが生じないのは、この”役者”に成り切れない硬直さを目撃するからだろう。
この「硬直」の原動力に「キャプテン」があるのかもしれない。


桜井玲香のキャプテンとしての資質を問うのならば、それは幸運の一言に尽きる。放任主義という意味におけるリベラルを貫いた彼女が、それでも一定の称賛を受け、理想のキャプテンとまで呼ばれる理由は、単に彼女がラッキーであった、とするほかない。要は、乃木坂46とは、並みなみならぬ個性を抱えた少女たちの集合であるから、放任し、各人の才能に任せていれば、それなりの戦果を持ち帰ってきてくれるわけである。キャプテンが少女たちの物語に介入せずとも、才能豊かな彼女たちはたくましく成長する。それが桜井玲香の手柄にも映るのだから、やはり、幸運、と表現するほかあるまい。
つまり、桜井玲香がキャプテンを務めることでアイドルの物語になにがしかの強い影響が及んだのは、彼女を囲む仲間たちではなく、桜井玲香本人と云えるわけである。彼女は、アイドルグループの「キャプテン」、つまりエンターテイメントを描く過程で、与えられた役割を真剣に担い、必然にすり替える試みを通過することでポリティクスに対する強烈な自覚を開花させたようだ。イニシアティブこそ貧弱なものの、女学生固有の天真爛漫さとお嬢様感を抱えて虚構の扉を開いた少女は、やがて、周囲に警戒や迫力を投げつける「洞察」を可能とする剣呑さを懐に忍ばせた人物へと成長した。
このひとの人間観察力には目をみはるものがある。獲物の心臓を槍で突き刺すような洞察力を持っている。おそらくそれは、自我の模索真っ只中にあった彼女が、夢見る少女たちと、それを囲む大人たちの掛け橋となる際に育まれた、要するに「大人の世界」を過剰に意識した少女が手繰り寄せた、シーンを生き抜くための得物でありアミュレットなのだ。しかし、この頼もしい得物は彼女のアイドルとしての立ち居振る舞いをやや困ったものに仕上げてしまう。
機嫌の良さを見失わない、これは指導者にとって必要不可欠な資質と呼べるが、桜井玲香はその鷹揚さの使い方を誤ってしまう。悪癖と云うべきだろうか、とにかく彼女は事あるごとにアイドルとしては逸脱した業界ノリをファンに投げつけフィクションを台無しにしてしまう。アイドルは、言葉の選択をひとつ間違えるだけで、そのたったひとつの科白が、ファンの空想の翼をもぎとり、心から幻想を追い払ってしまうものだ。成熟と喪失を通過して”大人”になってしまった彼女の得物による一突きは、架空の世界に容易くヒビを入れる。「桜井玲香」のアクチュアルな横顔を”アイドルの破綻”と描写してしまったらやはり大仰に映るかもしれないが、笑顔が硬直したアイドルというのは、アイドルとして倒錯を抱えている、と言わざるをえない。
ただ、桜井玲香の面白さ、不気味さとは、こうした感慨すらも彼女のほんの一面にすぎない、という点である。

バルザックの十三人組「人間喜劇」において人物再登場の手法は、一人の登場人物が近代社会の様々な局面において、一つ一つの作品でまったく違った相貌をみせるために用いられている。

福田和也「現代文学」

このひとを語るうえで、やはり、乃木坂らしさ、このキーワードは避けられないだろう。
キャプテン・桜井玲香は乃木坂46(第一期生)=群像劇の主要登場人物であり目撃者である。と同時にその立役者でもある。乃木坂46に所属するアイドルたち、たとえば、若月佑美伊藤万理華の書き連ねる、それぞれの物語のなかに登場する桜井玲香には、桜井玲香が主人公として書かれる本篇では絶対に描かれないような「相貌」を宿しているはずだ。ある物語では自我の檻に閉じ込められ、絶望と孤独を抱えた少女として登場する。またある物語では、旺盛な人間への興味と、性や恋愛を超えた絆や触れ合いに憑かれた女性として再登場する…。
桜井玲香の魅力、本領とは、桜井本人の物語だけではなく、他のアイドルの書く物語を根気よく読み解く行為により、はじめて、霧に包まれた「桜井玲香」の全体像が浮かびあがり、その輪郭をなぞる行為が許可される、というアイドルのあり方、物語の作り方を実現してしまっている点にある。つまりそれは、他のアイドルと交錯した際にこぼす、これまでとはまったく違った表情もまたアイドル本人でありつづける、ということを示し、様々なアイドルとの交錯によって桜井玲香というアイドルの輪郭が埋められていくという構図はまさしくソサエティの誕生であり、群像劇の成立であり、つまり今日のアイドルシーンにおいて呼号される乃木坂らしさにほかならない。
もちろん、このような過程を経なくてはアイデンティティが絡む物語を提示できない、というのは、グループアイドルとしては正しくとも、キャプテンとしては”頼りのない甘え”に映るかもしれない。あるいは彼女に足りなかったのは、みずから素顔をさらけ出そうとする大胆さであった、と換言できるかもしれない。

 

総合評価 66点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 14点 ライブ表現 14点

演劇表現 14点 バラエティ 11点

情動感染 13点

乃木坂46 活動期間 2011年~2019年