乃木坂46 桜井玲香 評価

乃木坂46

桜井玲香(C)乃木坂46LLC

 「何時だろうと朝は眠い」

飄々とした人物である。無関心や無感動といった立ち居振る舞いをみせることも多いが、それが「みせかけ」であることは、すでに多くのファンに看破されている。一方で、モノローグを露出する場面は極端にすくない。「桜井玲香」の全体像の掴み難さは、ヴェールは堀未央奈の「恬然」を凌ぐ「シニカル」にある。彼女を眺めていると、描写というよりも文体が掴みにくい小説を読んでいるような感覚に陥る。観者を途方に暮れさせる。しかし、彼女自身は飄々としている。だからシニカルなのだ。
”名”は完璧である。名は体を現す、というが、乃木坂46の創るイメージにこれほどまでに合致し、象徴となる存在は他にいないのではないか、とすらおもえるほど、完全である。キャプテン就任へのひとつの要因として「名前」があったことは容易に想像できる。その桜井玲香のアイデンティティとして、演技やライブパフォーマンスが挙げられることが多いようだ。たしかに、演劇舞台の上では日常で抑え込んでいる欲と衝動を内在した緊張感のある表情をみせ、ライブステージ上では高いダンステクニックを発揮している。が、如何せん表情が硬い。引きつっている。これは減点対象になる。彼女の「演劇」にはフィクティブな批評を生む求心力が欠如している。自身を主人公とした物語を書くことへの意欲を感じない。「桜井玲香」というアイドルにはストーリー性を感じないのである。
桜井玲香の表情が引きつってみえるのは、そこに影のように付いてはなれない「苦悩」の存在があるからではないか、とおもう。それはキャプテンという受動的な「政治的立場」である。彼女は、アイドルグループのキャプテンを務める過程で、生まれ備わった「資質」により、ポリティクスに対する強烈な自覚を開花させたようである。桜井玲香のもつ獲物の心臓を槍で突き刺すような鋭い洞察力とは、純粋無垢な期待感と批判に満ちた環境(境遇)のなかで、自我を獲得する過程にある少女が、必死にくぐり抜けたさきで手にした武器なのだ。この「得物」はアイドルの立ち居振る舞いを倒錯に導く。桜井玲香は、アイドルとしては逸脱した「業界ノリ」を感じさせる言葉選びをする。言葉の選択をひとつ間違えるだけで、そのたったひとつの科白が、ファンの空想の翼をもぎとり、心から幻想を追い払ってしまう。彼女の「得物」による一突きは、架空の世界に容易くヒビを入れる。「桜井玲香」のアクチュアルな横顔は、アイドルとしては破綻している、と云えるだろう。この破綻を「乃木坂らしさ」と表現して逃げる癖は、自己超克を阻む要因にもなっている。

バルザックの十三人組「人間喜劇」において人物再登場の手法は、一人の登場人物が近代社会の様々な局面において、一つ一つの作品でまったく違った相貌みせるために用いられている。

(福田和也「現代文学」)

キャプテン・桜井玲香は乃木坂46(第一期生)=群像劇の登場人物であり目撃者でもある。乃木坂46に所属するアイドルたちの書き連ねる、それぞれの物語のなかに登場する桜井玲香は様々な表情をみせているはずだ。ある物語では、自我の檻に閉じ込められ絶望と孤独を抱えた少女として登場し、ある物語では、旺盛な人間への興味と、性や恋愛を超えた絆や触れ合いに憑かれた女性として再登場する。桜井玲香本人の物語だけではなく、彼女の同士たちの書く物語を根気よく読み解くことにより、はじめて、桜井玲香の全体像が浮かびあがってくるのかもしれない。もちろん、そのような過程を経なくてはアイデンティティが絡む物語を提示できない、というのは、アイドルとしても、キャプテンとしても、”頼りのない甘え”と云えるだろう。誰であろうと、何時だろうと、皆、朝は眠いのである。その当たり前の道理を彼女は理解しなくては”ならなかった”はずだ。

 

総合評価 67点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 14点 ライブ表現 15点

演劇表現 14点 バラエティ 12点

情動感染 12点

乃木坂46 活動期間 2011年~

評価更新履歴
2018/7/27  ビジュアル 16→14

評価点数の見方