乃木坂46 若月佑美 評価

乃木坂46

若月佑美(C)乃木坂46LLC

「揺るがない幸せが、ただ欲しいのです」


目には見えない”何か”を表現すること、形作ることへの意識がたかいアイドルである。若月佑美の後姿は、ガルシア・マルケスの短編小説「無垢なエレンディラと無情な祖母の信じがたい悲惨の物語」の主人公、エレンディラにかさなるときがある。
もちろん、アイドルたちが、どのような人物で、どこで何をしてきたのか、なぜ”何か”に拘るようになったのか、私にはわからない。しかし想像することはできる。グループアイドルに与えられる境遇のなかには、自身の人生において決して交錯するはずがなかった人物との交わり、闘争、椅子の奪い合いが含まれる。「過去の生活には絶対に戻りたくない」と決心してドアを開いた者。両親の愛、教育に満たされた人生を送り、自信に満ちた表情で自己紹介をはじめる者。若月佑美は前者であった、と想う。

祖母と二人きりで暮らしている邸宅を失火とはいえ自身の油断で失ってしまった無垢なエレンディラは、祖母の言い付け通りに日々身体を売って賠償する。「薄暗闇で一筋の光に手をやって世にも奇妙な力」(*1)を手に入れようとする、無垢なエレンディラのような境遇に置かれた少女が、その泥沼のような辺境から脱出する為に、トラックの荷台に乗り込もうとした瞬間、過去の自分に足を引っ張られ、井戸の底のような暗闇に再び引き落とされたときに、果たして少女は立ち直れるだろうか。それはある種のオブセッションになるのではないか?
若月佑美が「真面目」というキャラクターを確立した要因にこのオブセッションがあるのはまず間違いないだろう。過去の自分に足を掴まれ泥沼に引きずり込まれた経験は、彼女の内奥から「潔さ」「決心」を呼び覚ましたはずだ。フーっと大きく息を吐き出した後にするような決心。たった現在(いま)、ここから、自分は今までの自分ではない、というような決意。それが、彼女がアイドルという虚構(もうひとつの自分、もうひとつの世界)を作り上げるきっかけとなったはずだ。
詩とは虚構である。彼女が詩を書くという行為を繰り返した理由は、その虚構の中に「本当の自分」の欠片をヒントとしてちりばめていたのかもしれない。それが彼女にとってのトランキライザー的な役割を果たしていたのだろう。

しかし、現在の若月佑美にはそういった、自己憐憫的な傾向はみられない。「過去」よりも、アイドルとして過ごした時間が、走り抜けた時間が、言葉では云い表せないほど濃密で、深くながいものとなったからだ。人は「過去」ではなく「記憶」を、「温もりを抱いて生きていくこと」ができる。現在の彼女は、デビュー当時に魅せた”疾走感”を取り戻しつつある。次に、若月佑美が全力疾走をするとき、我々が呼び止めても、こちらを振り向くことはないだろう。

大きな声で彼女を呼んだが、返事はなかった。
テントの入口まで這っていくと、海岸沿いに市とは反対の方向に走っていくエレンディラの姿が目に映った。(略) 彼女は風に逆らいながら、鹿よりも速く駆けていた。この世の者のいかなる声にも彼女を引き止める力はなかった。彼女は後ろを振り向かずに、熱気の立ちのぼる塩湖や滑石の火口、眠っているような水上の集落などを駆け抜けていった。

ガルシア・マルケス「無垢なエレンディラと無情な祖母の信じがたい悲惨の物語」

 

総合評価 72点

アイドルとして豊穣な物語を提供できる人物

(評価内訳)

ビジュアル 17点 ライブ表現 14点

演劇表現 15点 バラエティ 14点

情動感染 12点

乃木坂46 活動期間 2011年~

引用:見出し くるり 春風
(*1)Mr.Children  one two three

評価点数の見方