乃木坂46 西川七海 評価

AKB48, 乃木坂46

西川七海(C)ORICON NewS inc.

「二人目の”ななみ”」

西川七海、1993年生、AKB48の第八期生であり、乃木坂46の第二期生。
AKB48の8期生を囲繞した不寛容や、乃木坂46の2期生に与えられた悲痛。2つの不遇に遭遇した西川七海は、(トップアイドルグループのオーディションを2度くぐり抜けた幸運に対して矛盾するものの)アイドルとしての境遇に恵まれない、”雨女的”な不運を呼び込む人物と云えるだろう。AKB48を去ってから4年後、乃木坂46の物語に再登場する…、おそらく、今後再現される可能性がきわめて低い、稀有なストーリーを持つが、再び”手に入れた夢の暮らし”に夜明けの光りは降らなかった。
彼女には、幻想と現実の境界線をアイドル自身で明確に線引してしまう浅慮があり、フィクションを作る行為に、本来の自分と隔てられた人物を俯瞰した際につくため息、それが今にも聞こえてきそうなほど日常の演技が古臭く、アイドルを演じることに、すでに、倦みを抱いているようにさえみえた。かつて自分を夢の世界から追い出した”AKBファン”の野次、「清楚」を致命的に裏切る過去を背負うアイドルの出現に興を殺がれた”乃木坂ファン”から向けられる、あらたな敵意。それらをはねのけて見返そうとする姿勢はスリリングな物語の誕生を期待させたが、おもうように人気を獲得できない現実を前にあっさりと挫けてしまった。古い自分を毀し、あたらしい自分を作りたい、と決意表明をした七夕の夜から、わずか10ヶ月でアイドルの幕を閉じた。

 

総合評価 38点

アイドルの水準に達していない人物

(評価内訳)

ビジュアル 9点 ライブ表現 7点

演劇表現 7点 バラエティ 7点

情動感染 8点

AKB48 活動期間 2009年~2009年
乃木坂46 活動期間 2013年~2014年

評価点数の見方