乃木坂46 きっかけ 評価

乃木坂46, 楽曲

 

View this post on Instagram

 

よねちゃんさん(@__nana.525__yone.430__)がシェアした投稿

いつだってこの胸の衝動から始まる」

「乃木坂46」のファンにとって、一生のあらゆる段階で聴き返されるに値する作品である。 

アイドルが書き記してきた「物語(ストーリー)」と歌詞が高水準でリンクし、なおかつ、ファンが乃木坂46に対し無意識に描き求める群像劇にも一致しているため、情動感染が起きやすい。グループが抱える抽象的なテーマを歌詞の描写が予知している点も良い。

映像作品については、やや後付ではあったものの、アイドルのコンテンツとしては最高到達点である「46時間TV」(深川麻衣の卒業時)の集大成という位置づけであり、作品の制作過程がそのまま虚構として成立し、模倣性、再現性のきわめて低い映像になっている。まさに「この作品をもって、もっとも完成度が高いものとするのが玄人筋の一致した評価であろう。」(*1)という一文がピタリと当て嵌まる。

ボーカルについては、一部のミュージカル調で発せられる奇妙な高音が、まるで純愛小説のなかの登場人物が唐突に政治を語りはじめるかのように、楽曲の創る世界観をぶち壊しにしている。減点。

 

 総合評価 84点

近代アイドル史に名を残す作品

(評価内訳)

楽曲 18点 歌詞 16点

ボーカル 13点 ライブ・映像 19点

情動感染 18点

歌唱メンバー:秋元真夏、生田絵梨花、生駒里奈 、伊藤万理華、井上小百合、衛藤美彩、齋藤飛鳥、桜井玲香、白石麻衣、高山一実、西野七瀬、橋本奈々未、星野みなみ、堀未央奈、松村沙友理、若月佑美

 作詞 秋元康  ・作曲 杉山勝彦 ・編曲 杉山勝彦、有木竜郎

引用:見出し、乃木坂46 きっかけ  (*1)福田和也「作家の値うち」

評価点数の見方