乃木坂46 きっかけ 評判記

のぎざか, 楽曲

『きっかけ』ミュージックビデオ (C) 乃木坂46LLC

「いつだってこの胸の衝動から始まる」

歌詞、楽曲について、

セカンド・アルバム『それぞれの椅子』のリード楽曲。
「乃木坂46」のファンにとって、また楽曲を演じるアイドル自身にとって、日常のあらゆる場面で聴き返される、季節の記憶となる作品。
横断報道を「夢と大衆の分岐」と扱う点、今いる場所から移動することができない僕の葛藤という物語は秋元康然としており、類型的に感じるが、あるいは、今作はその「横断歩道」の集大成と云えるかもしれない。記された言葉の数々がアイドルの書き記す物語と高水準でリンクし、なおかつ、その詩的世界の構築と提示は、ファンがアイドルに求める群像とつよく呼応している。いつからか、グループが抱え込んでいた抽象的なテーマ、”乃木坂らしさ”に対するアイドルの苦渋と戸惑い、つまりアイドルの物語の作り方、自己の可能性を探るという自我の模索劇に向ける屈託と決心を、まるで予言のように、信号機の前に立った僕、を通し細やかに記している。批評家めいた言葉で云えば、クリシェに向かい撃たれるのではなく、クリシェの構築を達成した歌詞に映る。今日のアイドルシーンにおいては、交差点、横断歩道、信号機、決心、きっかけ、と聞けば、まずこの『きっかけ』が想起されるだろうし、その意味を包括するだろう。それはたとえば、無作為に選んだワンフレーズをアイドルが口ずさむとき、その短い詩情がアイドルのストーリーを説明し抱擁する、”背中を押す”ことを意味する。
「乃木坂46」というグループが獲得した前代未聞の”ファン数”を考慮したとき、彼らにもっとも愛されるこの楽曲を「現代アイドル史への銘記」から外すことは許されないだろう。

映像作品について、

「46時間TV」の集大成、深川麻衣を始点とする、あるいは寄す処とする群像の集大成という位置づけであり、作品の制作過程がそのままひとつの虚構として成立している。模倣性、再現性のきわめてひくい映像作品に仕上がっている。黒板になぐり書きされたアイドルたちの名前が順々に消えていく演出は、平成の終わりを生きるアイドルの姿形を写実しており、素晴らしいの一言。

ボーカルについて、

アイドルの個性が活かされ、丁寧に保存されている。しかし才幹のあやまった発露もある。一部のミュージカル調で発せられる奇妙な高音が、まるで純愛小説のなかの登場人物が唐突に政治を語りはじめるかのように、楽曲のつくる世界観をぶち壊しにしている。

 

 総合評価 81点

現代のアイドルシーンを象徴する作品

(評価内訳)

楽曲 16点 歌詞 17点

ボーカル 14点 ライブ・映像 17点

情動感染 17点

引用:見出し、乃木坂46 きっかけ

歌唱メンバー:秋元真夏生田絵梨花生駒里奈伊藤万理華井上小百合衛藤美彩齋藤飛鳥桜井玲香白石麻衣高山一実西野七瀬橋本奈々未星野みなみ、堀未央奈、松村沙友理若月佑美

 作詞:秋元康  作曲:杉山勝彦 編曲:杉山勝彦、有木竜郎

2020/02/14  再評価・加筆しました
2022/02/06  加筆しました

 

乃木坂46 5期生 注目度ランキング

「百花繚乱」 乃木坂46がデビュー10周年を迎えた2022年、新たに11人の夢見 ...

SKE48 森紗雪 評判記

「命がけでジャンプして!」 森紗雪、平成8年生、SKE48の第一期生。 2008 ...

SKE48 松下唯 評判記

「儚い原色の夢」 松下唯、昭和63年生、SKE48の第一期生。 ライブパフォーマ ...