乃木坂46 秋元真夏 評価

秋元真夏(C) 帰り道は遠回りしたくなる/乃木坂46LLC

「ささやかだけれど、役にたつこと」

乃木坂46の第一期生であり、二代目キャプテンである。感受性の豊かさによって溢れる涙が繊細な心を映し出すシーンも少なくはないが、秋元真夏は演技力が絶対条件として強く要求されるエンターテイメントの地平において、朝、目覚めてから眠りに就くまで「アイドル」を演じきる力量を把持する”タフ”な人物である。明晰な頭脳は理性的な知識を獲得し、挫けぬ心を育む、”1.5期生”的な境遇は寒さや寂しさを味わう人間性の貧しさに囲繞され、女学生的な闘争との対峙を招いたが、彼女が”明るさ”を損なうという場面を覗くことは余りなかったようにおもう。秋元真夏の描く佇まいを一種の儚さと呼ぶことは可能だろう。その孤独の深さが、陽気さが云いようのない希求力を発揮し、(成長共有の要件を満たす)ファンと献身で結ばれる絆を見事に作り上げたのだから。換言すれば、彼女はアイドルとして時代に呼応する能力の持ち主と云えるだろう。
秋元真夏本人はきわめて文学的な人物だが、彼女が作り上げる架空の世界の中に屹立する「アイドル・秋元真夏」はエンターテイメントタイプの人物に映る。真夏に降る雪。この倒錯は、彼女の演技力に対する資質のたかさを証明する一つの徴になるはずだ。アイドル人生のスタートこそ周回遅れであったが、スタートを切ったあとはトップランナーに迫る文量で「青春」を縦横に書き、野心的なタフさのなかに怒りや葛藤と傷つきやすさを孕んだ豊穣なコケットを組み立て、グループに未だ存在していなかった虚構(偶像)を発掘し、仮想恋愛というジャンルに特化したアイドルとして、確固たる地位を確立した。まさにブルーオーシャン戦略を成功に導くアイドルの象徴的存在と云えるだろう。

秋元真夏が作り上げる虚構の中に暮す「アイドル・秋元真夏」はファンの心に在るピュアな部分を容易く鷲掴みにする。彼女はファンに夢を、活力をあたえる。現実と仮想をすり替える恋愛空間の実現は、その手腕は現代アイドルのなかでトップ3に入るのではないか。もちろん、彼女がアイドルを演じることは「虚偽」ではない。「やさしさ」ですらないだろう。アイドルを演じるという所業は、人を愛することを諦め、人に愛されることをやめてしまったパン屋の店主が、たいせつな子供を亡くしたばかりの夫婦に熱いコーヒーと焼き立てのロールパンを食べさせるみたいに、ささやかだけれど、役にたつことなのだ。秋元真夏のあたたかい”手料理”によって救済されたファンは多いはずだ。彼女の作るアイドルはきわめて現代的な存在理由を満たす偶像と云える。
演劇力については、アイドルを演じることのみならず、映像作品における演技力も現代アイドルの中でトップクラスの才能の持ち主である。『超能力研究部の3人』や『水槽の中』では拙い表現ながらも、すでに日常の再現を可能にしており、早い段階で現在活躍しているジャンルではなく、演劇の分野に精力的に踏み込み経験を積んでいたら、と「if」や憧憬を思わず描かせるほどの資質を具えている。この秀でた演劇の才を横に移動させた結果、仮想恋愛の成熟化に成功したと読み解くこともできるのだが…。このような「できたかもしれないけれど、やらなかったこと」の集積こそ、乃木坂46の群像劇を豊穣に描く多様性、多彩さの表象なのだろう。

 

総合評価 67点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 14点 ライブ表現 7点

演劇表現 14点 バラエティ 16点

情動感染 16点

 乃木坂46 活動期間 2011年(2012年)~

2019/08/14 加筆しました

評価点数の見方