乃木坂46 秋元真夏 評価

乃木坂46

秋元真夏(C)モデルプレス/乃木坂46

「ささやかだけれど、役にたつこと」

秋元真夏、平成5年生、乃木坂46の第一期生であり、二代目キャプテン。
感受性の豊かさによって溢れ出る涙、それがアイドルを演じる人間特有の心の繊細さを映し出す場面も少なくはないが、秋元真夏は日常を演じるという行為を強く要求する昨今のアイドルシーンにおいて、朝、目覚めてから眠りに就くまで、アイドル=自分ではないもう一人の自分を演じきる力量を把持する、”タフ”な人物である。
明晰な頭脳とは、理性的な立ち居振る舞いを作り、挫けぬ心を育む。グループアイドルとしてはやや特殊な、1.5期生なる立場からアイドルの物語をスタートした秋元真夏。彼女は、寒さや寂しさ、暗さ、人間性の貧しさに囲繞される、女学生的な順位闘争の場に独り置かれ、ある種の閉塞感を味わったようだ。けれど、彼女のマスコットキャラクター的な愛嬌が損なわれる、アイドルの笑顔に硬直を見る、という場面は、これまでほとんど描かれていない。芯が強いひとなのだろう。本音を守り勇敢に闘おうとする、アイドルを演じようとする彼女の姿勢からは、素顔との遠い距離を想わせる一方で、青春の犠牲、つまり当たり前の日常を喪失する人間固有の寂寥を見出すことが可能である。アイドルを演じる日々のなかで少しずつ本来の自分を見失っていくという意味では白石麻衣と通い合う物語であり、たとえば、アイドルになる前の少女の屈託を打ち出した、自己啓発としての「夜明け」を歌った『夜明けまで強がらなくてもいい』を迎え撃っている。秋元真夏が編み上げるアイドルには、グループアイドルを演じることになった少女たちの横顔に宿る現代的な儚さを象徴するような佇まいがある。とくに、このひとには、孤独の深さからえぐり出されたような陽気さがあり、深く希求される。

換言すれば、秋元真夏は、自身の生きる時代に呼応する資質を持ったアイドル、と呼べるだろうか。グループアイドルとして時代に呼応する能力、それは日常生活における役の演じ分けの巧さ、云うならばドラマツルギーの鋭さと表現するのが妥当だろう。日常生活における演じ分けが巧みなアイドルは、境遇に左右されることなく自我を模索し育むことができる。
秋元真夏本人はきわめて純文学的な人物=自己の可能性を切り開くために行動できる人物だが、彼女が作り上げる架空の世界の中に屹立する「アイドル・秋元真夏」はエンターテイメントタイプ、つまり大衆向けの商品としての完成度を追究する人物に映る。真夏に降る雪。この倒錯=イメージは、彼女の演技力に対する資質のたかさを証明する一つの徴になるはずだ。アイドル人生のスタートこそ周回遅れであったが、スタートを切ったあとはトップランナーに迫る文量であたらしい青春を縦横に書き、野心的なタフさのなかに怒りや葛藤、傷つきやすさを孕んだ豊穣なコケットを組み立て、未だグループに存在しなかった虚構(偶像)を発掘し、仮想恋愛というジャンルに特化したアイドルとして、確固たる地位を確立した。なぜ彼女はそこにいるのか、と、あまりにも強く過剰な問いかけを向けられる場所に立つも、気づけば、彼女は、グループにとってもファンにとってもそこに居るのが当たり前の存在になっていた。まさにドラマツルギーの理解に基づくブルーオーシャン戦略を成功に導いたアイドルの代表格と呼べるだろう。

この、秋元真夏が作り上げる虚構の中に暮す「アイドル・秋元真夏」のふるまいは、ファンの心に在るピュアな部分を容易く鷲掴みにする。まさしく、ファンに夢を、活力をあたえる登場人物であり、現実と仮想をすり替える恋愛空間の実現、その手腕は、AKB48発足以降の、その多くのアイドルのなかでもトップ3に入るのではないか。とくに、ファンの瞳の内奥をのぞくように見つめる仕草はきわめて魅了的。”彼女”と目が合った、ただそれだけで恋に落ちることを可能にしている。
もちろん、彼女がアイドルを演じることは「虚偽」ではない。「やさしさ」ですらないだろう。たとえば、アイドルを演じるという所業は、人を愛することを諦め、人に愛されることをやめてしまったパン屋の店主が、たいせつな子供を亡くしたばかりの夫婦に熱いコーヒーと焼き立てのロールパンを食べさせるみたいに、ささやかだけれど、役にたつことなのだ。秋元真夏のあたたかい”手料理”によって救済されたファンは多い。彼女の作るアイドルは、きわめて現代的な日本人のこころを、その存在理由を満たす偶像なのだ。
また、このひとには、アイドル=日常を演じることのみならず、映像作品における演技にも、深い洞察を可能とする、まばゆい光がある。これまで、演劇の分野においては正当な評価をまったく受けていないようだが、現存するアイドルの中でならば間違いなくトップクラスの才能の持ち主と云えるだろう。『超能力研究部の3人』や『水槽の中』では拙い表現ながらも、すでに日常の再現を可能にしていた。早い段階で現在活躍しているジャンルではなく、演劇の分野に精力的に踏み込み経験を積んでいたら、と「if」や憧憬を思わず描かせるほどの資質を具えている。この秀でた演劇の才を横に移動させた結果、仮想恋愛の成熟化に成功したと読み解くこともできるのだが……。だが、このような「できたかもしれないけれど、やらなかったこと」の集積こそ、乃木坂46の描く群像の豊穣さ、多様性の表象なのだろう。それを明確に教えてくれる秋元真夏が桜井玲香のあとを継ぎキャプテンに選ばれた、これはもう当然の帰結と云うほかない。彼女もまた、とびきりに乃木坂らしいアイドルなのだ。

 

総合評価 65点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 14点 ライブ表現 6点

演劇表現 14点 バラエティ 16点

情動感染 15点

 乃木坂46 活動期間 2011年(2012年)~

2019/08/19  再評価、加筆しました  情動感染 14→15
2021/12/15  加筆しました

  関連記事

   

AKB48 小栗有以 評価

「2万年に1人の美少女」 小栗有以、平成13年生、AKB48のTeam8のメンバ ...

乃木坂46 北野日奈子 評価

「代わりの見つからない人」 北野日奈子、平成8年生、乃木坂46の第二期生。 きわ ...

乃木坂46 矢久保美緒 評価

「謝罪ちゃん、大成せず」 矢久保美緒、平成14年生、乃木坂46の第四期生。 松村 ...