乃木坂46 ひと夏の長さより… 評価

乃木坂46, 楽曲

逃げ水 ジャケット写真 (C) 乃木坂46

「来年の夏はまた きっとここに来るだろう」

楽曲、ライブ表現、ボーカルについて、

現代アイドルポップスの最高到達点であり、アイドル史に銘記されるべき作品。アイドルというジャンルらしさに拘泥しておらず、乃木坂46、つまりグループアイドルがあたらしい活動領域を獲得していく姿形と交錯することによって深い洞察を可能にしている。演じるアイドルの日常を自壊させずに、叙情への抑制が巧くバランスをとっており、没入感が損なわれていない。そこに漂いつづける物語はやがて郷愁となり、季節の記憶としてファンに抱きしめられるだろう。
歌唱メンバーも良い。センターで踊る松村沙友理と秋元真夏の2人を包むメンバーの内、実に8名が表題曲のセンターポジションを通過した物語を具えており、その豪華さ、豊穣さは、そのまま平成のアイドルベスト「選抜」と呼べる水準の構成を実現している。

歌詞について、

まるで、あだち充の野球漫画のような描写にあふれる。青春と恋愛を語ることで成熟と喪失を描出するあだち充的な詩情が提出されており、それが「アイドル」という文学と「グループアイドル」の持つポップさ、このふたつの概念とうまく響きあっている。あだち充は文学的な資質をもった数少ない漫画家だ。自分にとってもっともかけがえのないものを宿命的に喪失するという個人的体験、その静寂をあくまでもノスタルジックな風景として描く。郷愁と一回性的な青の時代が共存する世界。川のせせらぎ、河鹿蛙の鳴き声は日本人の情動を引き起こす。清流な情景は汲めども尽きぬ魅力を湛える。夏の終わり、コオロギの喧噪、湖面に映る花火とその振動は、現代人にも、百年前の日本人にも、変わらない感情を抱かせるだろう。「ひと夏の長さより…」にもおなじような詩情が置かれている。この詩に触れると、喪失を体験していないのに、喪失を想っている。なにかの追体験ではない。それはおそらく、自分に訪れてい”た”物語だ。もちろん、この喪失感を、アイドルを演じる少女の青春犠牲へと引用し、アイドルの儚さをよりどころにした「成長共有」を実感することも可能。

物忘れはいいほうだけど、さすがに明日まではムリだな。

あだち充「H2」

総合評価 91点

アイドル史に銘記されるべき作品

(評価内訳)

楽曲 19点 歌詞 19点

ボーカル 18点 ライブ・映像 16点

情動感染 19点

引用:見出し 秋元康/ひと夏の長さより…

歌唱メンバー:秋元真夏生田絵梨花生駒里奈伊藤万理華井上小百合衛藤美彩大園桃子齋藤飛鳥桜井玲香白石麻衣、新内眞衣、高山一実、西野七瀬星野みなみ、堀未央奈、松村沙友理与田祐希若月佑美

 作詞 秋元康  作曲 aokado 編曲 aokado

 

日向坂46(けやき坂46) 佐々木久美 評価

「ただ、それだけだった」 佐々木久美、平成8年生、日向坂46(けやき坂46)の第 ...

乃木坂46 鈴木絢音 評価

「限りなく透明に近いブルー」 鈴木絢音、平成11年生、乃木坂46の第二期生。 現 ...

AKB48 永尾まりや 評価

「アナーキー」 永尾まりや、平成6年生、AKB48の第九期生。 いわゆる、守りた ...