日向坂46 声の足跡 評価

日向坂46(けやき坂46)

(C)声の足跡ミュージックビデオ

「声の足跡」

ミュージックビデオについて、

ドラマ『声春っ!』の主題歌。センターポジションには佐々木美玲と丹生明里が並ぶ。
演者の表現力・ライブパフォーマンス(とくに丹生明里単独センターで披露した際の丹生明里の表現力)には飛翔がみられるものの、映像作家にモチベーションがないのか、才能そのものに致命的な問題があるのか、過去作品の構図(しかもそれは『期待していない自分』や『キュン』といった習作レベルの作品)を使いまわし、その引用や借用で組まれたものをグループの集大成だと主張し開き直っているように見え、まったく評価に値しない。サッカー好きアイドルと聞けばそのとおりにサッカーボールを持たせるし、サックスと聞けばそれに飛びつく…。作家自身がアイデアを持たないのは言うまでもなく、そもそも「作品」をつくるという意識を持っていない。作家にとっての、絶対に譲れないもの、これが一切見えてこないし、フィクションを構築しようとする意気込みすらない。「創作」に対しあくまでも無縁をつらぬいている。この作家にとっての「アイドル」とは、どこまでいっても他人事。作曲家、作詞家、アイドルの、すべての足を引っ張っている。

歌詞について、

作詞家が、アイドルを演じる少女に自身の思いのたけを叫ばせる、言葉を代弁させている、という視点は絶対に持つべきだろう。それが秋元康の魅力であり本領であるのだから。とすれば、今作は楽曲に付したそのタイトルを見てわかるとおり、作詞家の叫びをアイドルが代弁する、あるいは、アイドルを通した叫びが作詞家自身に反響する、という光景を見事に叶えており、感興がある。

 

総合評価 62点

再聴に値する作品

(評価内訳)

楽曲 15点 歌詞 14点

ボーカル 16点 ライブ・映像 4点

情動感染 13点

歌唱メンバー:加藤史帆、小坂菜緒、丹生明里、富田鈴花、髙橋未来虹、高瀬愛奈、山口陽世、松田好花、影山優佳、森本茉莉、宮田愛萌、潮紗理菜佐々木久美東村芽依、上村ひなの、高本彩花齊藤京子佐々木美玲濱岸ひより渡邉美穂河田陽菜、金村美玖

作詞:秋元康 作曲:A-NOTE、S-TONE 編曲:A-NOTE、S-TONE