北野日奈子はなぜ「選抜」に入らないのか

ブログ, 特集

北野日奈子(C)講談社

「不遇の物語化」

昼の光に、夜の闇の深さがわかるものか *1

北野日奈子、平成8年生、乃木坂46の第二期生。
16歳でアイドルの扉をひらく。乃木坂46・8枚目シングル『気づいたら片想い』で表題曲の歌唱メンバーにはじめて選抜される。同時に、研究生から正規メンバーへと昇格を果たす。2期生加入後に発表された最初の作品は、おなじく2期生である堀未央奈を「センター」に抜擢した7枚目シングル『バレッタ』であるから、デビュー後2作品目にして早くも表題曲の歌唱メンバーに選抜されたアイドル・北野日奈子の物語の書き出しは文句なしに映る。しかし次作『夏のFree&Easy』において選抜メンバーから外されると、6作品連続でアンダーメンバーとして活動することになる。時間にすると約2年間。この期間に齋藤飛鳥との稚気が重ねられ、その齋藤がはじめて表題曲のセンターポジションに立った作品『裸足でSummer』で7作ぶりに選抜メンバーに復帰する。以後、『サヨナラの意味』『インフルエンサー』とグループの歴史のなかでもきわめて重要な位置を占める作品において表題曲の歌唱メンバーを務める。3期生加入後初の表題曲『逃げ水』において再びアンダーメンバーとなり、アンダー楽曲『アンダー』のセンターを務める(中元日芽香とのダブルセンター)。『逃げ水』の次に発売された『いつかできるから今日できる』の選抜メンバーに名を連ねるが、『いつかできるから今日できる』は『逃げ水』以前に企画・制作された楽曲であるから、実質、北野は3期生加入と入れ替わるようにしてアンダーメンバーとなり『アンダー』を歌ったことになる。そして、彼女は「アイドル」を休業し、暗い巣穴にもぐる。
星野みなみ相楽伊織との交流を経て休養から明けた後は、アンダー楽曲『日常』において楽曲の中央に立ち、これまでに描いた屈託の堆積を楽曲の内で爆発させるという独特の境地に至り、アイドルとして一気に壺にはまる。以降、『Sing Out!』『夜明けまで強がらなくてもいい』『しあわせの保護色』と表題曲の歌唱メンバーに名を連ね、ここにきてようやく抜けきった感があったが、未来を作る、と高らかに呼号した『僕は僕を好きになる』でグループのあたらしい動きから置き去りにされてしまうかのように、またもやアンダーメンバーとなる。そして27枚目シングルにおいても「選抜」からの落選が伝えられ、「アンダー」が決定した。

こうして経歴を粗述しただけでも「北野日奈子」は順位闘争の場において浮き沈みのはげしいアイドルであることがわかる。おそらく、第一期生(とくに伊藤万理華や井上小百合)を除けば、もっとも境遇に揺さぶられた登場人物であり、闘争に対しひどく落ち込み疲弊したアイドルと呼べるのではないか。もしかしたら今回は「選抜」に入るかもしれない。どうせ今回もダメだろう。というある種の内心の確信を持ったアイドルとは異なり、今回も「選抜」に入るはずだ。今回は「選抜」に入るはずだ。というウソ誤魔化しのないたしかな可能性を秘めてしまったばかりに「選抜発表」のたびにアイドルを演じる少女が深刻に消耗する……。北野日奈子の記す文章に屈託の彫琢があり、享楽を凌ぐ香りを放ち、文学のひかりを帯びるのも当然の結実と云えるだろう。
そしてそのひかりを前に、アイドルだけでなくファンもまた、なぜ「北野日奈子」は「選抜」に入らないのか、という疑問を抱くことになる。

ロシアの作家アントン・チェーホフがうまいことを言っている。『もし物語の中に拳銃が出てきたら、それは発射されなくてはならない』ってな。*2

なぜ北野日奈子は「選抜」に入らないのか。答えは明白で、それは彼女が「不遇」だからである。さらに砕いて云えば、彼女が「不遇」をアイデンティティと設定したアイドル=登場人物だからである。不遇をアイドルの性格と設定され”売り”にしてしまった以上、戦略として、いや、アイドルの物語化として彼女が境遇に揺さぶられるのは当然の成り行きであり、だからこそ彼女はアイドルとして文句なしの実力をはぐくんだし、人気を獲得したし、シーン全体を見渡せばほんの一握りの、わずかな少女だけが握り得る、アイドルの物語性なるものを手に入れたわけである。不遇なのに売れている、ではなく、不遇だから売れている、のである。「選抜」に入らないから不遇なのではなく、不遇だから「選抜」に入らないのだ。つまり彼女は、不遇の物語化の成功によって「アイドル」の現在がある以上、これからも不遇でなければならないし、それを演じ続けなければならない、ということだ。乃木坂46の表題曲の歌唱メンバーに選出されるという快挙、かがやかしい笑顔を作ったのならば、ここぞというときに不遇に陥れなければならない。”物語の中に拳銃が出てきたら、それは発射されなくてはならない”。
屈託ある文章をブログにアップする。それが話題になる。という構図=枠組みができあがってしまっている以上、そこから抜け出ることは困難におもう。いや、むしろ致命的な裏切りにすらみえる。
眼の前にひとつの小説=物語があって、そこに不遇をアイデンティティに設定された登場人物が暮らしている。もしその書き手が”彼女”の運命の悲劇を描く絶好の機会にそれを裏切る展開を描いてしまうならば、それはやはり小説の瑕疵と扱うべきであり、厳しい批評の矢を放つほかないだろう。「物語の中に、必然性のない小道具は持ち出す」べきではない、と。*3

向こう側からはこちらになにがあるのか見えない、だれがいるのかわからない、という暗闇から、光ある方をみつめる不気味さ、寂寥。光ある場所から暗闇を振り返る不安、恐怖。そのどちらにも立つ、ではなく、むしろそのどちらにもノスタルジーを見出せない物語だからこそ、北野日奈子の横顔はグループアイドルにとってのバイブルたりえるのだ。

 

引用:*1ニーチェ/ツァラトゥストラはこう言った
*2村上春樹/海辺のカフカ  *3村上春樹/1Q84

 

日向坂46(けやき坂46) 金村美玖 評価

「仮装 橋本奈々未」 金村美玖、平成14年生、日向坂46(けやき坂46)の第二期 ...

NGT48 羽切瑠菜 評価

「今日は負けでもいい」 羽切瑠菜、平成11年生、NGT48の第二期生。 ポスト・ ...

乃木坂46 川後陽菜 評価

「足もとに流れる深い川」 川後陽菜、平成10年生、乃木坂46の第一期生。 『青春 ...