SKE48, 楽曲

『貨物列車が通り過ぎていく』(*1)という描写を冒頭に置いた理由は、これからあとに書く物語 ...

SKE48, 楽曲

「これ以上  近づけない」 歌詞について、 書き出しは詩的である。この詩的さがノスタルジッ ...

AKB48, 楽曲

『ヤンキードラマなんか 絶対時代遅れさ』(*1)このような説明的な描写は作詞家の資質不足と ...

AKB48, 楽曲

歌詞の書き出しがすばらしい。村上龍の『限りなく透明に近いブルー』の冒頭に書かれた描写のよう ...

AKB48, 楽曲

演者については、後藤萌咲のダンスパフォーマンス(表現力)が素晴らしい。手足の長さ、バランス ...

AKB48, 楽曲

書き出しの描写は、工夫がある、と評価できる。「入道雲」が歌詞を”覆う”メタファーとして機能 ...

乃木坂46, 楽曲

「真っ青な扉があるはずさ」 楽曲と歌詞について まずタイトルが良い。小説と同様に歌にとって ...

AKB48, 楽曲

次から次へと絶え間なく、量産されるアイドルポップスの中から、敢えてこの楽曲を聴く必要性を感 ...

AKB48, 楽曲

人の未成熟さの行きつくさき、逗留する筐体を「サンダル」として描いている。そして、その胎動か ...

乃木坂46, 楽曲

「引き止めて欲しかったのに」白石麻衣・西野七瀬のユニット曲。この2人の名前が並んだというだ ...

SKE48, 楽曲

「色彩」がもつイメージを、アイドル個人、グループの歴史にファンがそれぞれ自由に当て嵌めるこ ...

乃木坂46, 楽曲

タイトルから「転向」をテーマにした楽曲だと期待したが、真逆であった。好意を抱いた人間を観察 ...