日向坂46 何度でも何度でも 評判記

日向坂46(けやき坂46), 楽曲

何度でも何度でも(C)ミュージックビデオ

「何度でも何度でも」

楽曲、歌詞について、

『ってか』のカップリング曲であり、『高校生クイズ2021』公式応援ソング。センターは上村ひなの。
アイドルの横顔を通して自身の青春を振り返る、青春の反復を試みるのが作詞家・秋元康の特徴であり、得物である。夢に対する活力をノートに記すとき、やはり作家のその筆づかいには力強いものがある。今作においては、同様のテーマを扱った『全力グローイングアップ』や『今日は負けでもいい』のような、あるいは前作にあたる『明日がある理由』のような若者に向けた純粋な励まし=活力ではなく、「世の中」という枠組みをまず置いて、それに対する反動や反抗を書くことで勇気を与えようとする、無垢さへの寄り添いがある。一捻り加えた、ということなのだろう。
こういった歌詞を書くとき、若者を過剰に意識するならば、やはり啓蒙色を強めないこと、要するに説教臭くならないようにすることが大事なのだが、その点を見事にクリアした上記3作品と比べると今作はやや啓蒙が強く感じる。作詞家自身、勇気を出して一歩踏み込んだ、と解釈すべきか。

ミュージックビデオについて、

日向坂46=青、というイメージを背景にしつつ、作詞家の詩情をストレートに解釈し、その詩的世界をそのまま再現している。何度でも何度でも壁を叩けば夢はつかめる、大衆とは真逆に走り出すこと=反抗することで一歩を踏み出せる、それを理解してくれる仲間も必ずいる、という作詞家のイノセンスに上手に応答している。ただ、演出がやや大仰か。

 

総合評価 56点

聴く価値がある作品

(評価内訳)

楽曲 12点 歌詞 12点

ボーカル 9点 ライブ・映像 12

情動感染 11点

歌唱メンバー:佐々木久美影山優佳、高本彩花、加藤史帆佐々木美玲齊藤京子東村芽依高瀬愛奈潮紗理菜濱岸ひより、宮田愛萌、森本茉莉、髙橋未来虹、山口陽世、渡邉美穂富田鈴花河田陽菜丹生明里上村ひなの金村美玖、松田好花

作詞:秋元康 作曲:後藤康ニ 編曲:後藤康ニ

 

アイドルの可能性を考える 第十回 「アイドルの値打ち」の使い方 ビジュアル 編

「『アイドルの値打ち』の使い方」 メンバー 楠木:批評家。趣味で「アイドルの値打 ...

日向坂46(けやき坂46) 上村ひなの 評判記

「いつでもどこでも変化球」 上村ひなの、平成16年生、日向坂46(けやき坂46) ...

乃木坂46 Against 評判記

 「孤独にならなきゃいけない」 歌詞について、 しっかりと練られている。デビュー ...