NGT48 高倉萌香 評判記

NGT48

高倉萌香(C)キングレコード

「おかっぱちゃん」

高倉萌香、平成13年生、NGT48の第一期生。
NGT48の初のオリジナル楽曲『Maxとき315号』のセンター。ゆえに、メジャーデビューシングル『青春時計』でセンターを務めた中井りかではなく、グループの「原点」とされる楽曲の主人公を演じた高倉萌香を、NGT48の初代センターと扱うファンも少なくない。おかっぱの黒髪の素朴な少女という、アイドルの作り手があれこれと手を打って組み立てようとする、グループアイドルらしさ=成長への憧憬のようなものを生まれ持った登場人物であり、やや類型的にも感じるが、たしかに、アイドルグループの立ち上げに際し掲げる銀鷲旗としては文句なしに映る。
高倉は、そのイメージを裏切らない、清心なアイドルを描いている。とくに、自身の可能性を探る、という点に意識的にふるまうアイドル特有の葛藤には目をみはるものがある。今の自分にはなにもない、と確信しているのに、あいも変わらず自分のことを好きだと云って応援してくれるファンがいる。そういう無条件・無償なもの、おそらくはアイドルだけが持ち得る存在理由、価値に対する屈託をいだきつつも、しかしファンへの感謝の姿勢を提示しつづけるといった甘美さ、やわらかさをもったアイドルであり、どのように立ち振る舞っても日常を演じる人間の感傷を提示してしまう、という点には並々ならぬ才幹を感じる。老若男女に愛されるアイドル、と称賛する声にも疑問をはさむ余地はない。このひとは、どのような表情を描いても、それが少女の素顔だと、そう受け止められてしまうのだ。
ほんとうの夢を見失い、アイドルであり続けなければ夢はつかめないと信じ込む少女であふれかえる現在のシーンにあって、卒業理由を問われ、やりたいことが見つかった、と語る姿勢にも清々しさを感じる。
ただ、それらの印象が、果たして生来のものなのか、キャラクターにすぎないのか、自己を表現する手段を持たない人間の戸惑いなのか、灰色熊のような底知れない瞳に映されているものはなになのか、結局、わけがわからないまま、つかみどころのないアイドルのまま卒業してしまった点は惜しいと感じる。

ファンに対し、恒常的に感謝を提示する、という姿勢の危うさのひとつに、自分は否応なく成長していくのに、その成長によってファンが大切に抱きしめているであろう幻想、つまりはファンのなかで自分を輝かせている核が砕け散ってしまうのではないか、という予感によって形づくられる配慮がある。
そもそも、アイドル本人が身体的にも精神的にもおどろくようなスピードで成長しているのに、ファンはなかなかその核心に気づかないのである。いや、ファンからすれば、「彼女」が成長しているのはほかの誰よりもわかっている、となるのは痛いほど理解できるのだが。しかし、アイドルを”推す”という行為とは、アイドルに盲目になるという意味を持つことを忘れてはいけないだろう。そしてその盲目さや熱心さが少女を深刻に追い詰めてしまうのだ。たとえば、ある日、高倉萌香が舞台の上で楽曲の紹介をする際、噛んでしまったことがある。すると彼女の眼前に立つファンたちはそれを見て、声を出して笑った。それは彼らが、彼女のことをだれよりもながい時間見つめ、見守ってきたからこそ、高倉萌香というアイドルの性格を知っていると妄執するからこそ、その光景が可笑しく感じられた結果だ、と好意的に解釈することは可能だろう。しかしアイドル本人からしてみれば、それは侮辱にほかならないわけである。真剣にステージに臨み緊張した末、躓いたのだから。つまり、しくじった、と唇を噛みしめる少女からすれば、自分の失敗に対し面と向かって嘲笑われたという経験によって、あるいは、失敗してもあっさりと許容され、むしろそれが魅力なのだと告げられ救済されてしまうといった経験によって、アイドルを演じることそのものがどうしようもなくくだらない馬鹿らしい行為へと成り下がってしまうわけである。
自身の成長のスピードに世界が呼応してくれない虚しさに対し、悪気のないその無垢なファンの笑い声に対し反抗することなど心の優しいアイドルを描き続ける少女にできるわけもなく、なによりも、ステージに向かって自分の名前を呼ぶファンに対し心悲しさを見出した時点で、自分がアイドルというものから決定的に遠ざかってしまったと、自身がこれまでに記してきたアイドルの物語の終焉を彼女は確信したのではないか。

 

総合評価 53点

問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 13点 ライブ表現 12点

演劇表現 4点 バラエティ 11点

情動感染 13点

NGT48 活動期間 2015年~2020年

 

アイドルの可能性を考える 第十回 「アイドルの値打ち」の使い方 ビジュアル 編

「『アイドルの値打ち』の使い方」 メンバー 楠木:批評家。趣味で「アイドルの値打 ...

日向坂46(けやき坂46) 上村ひなの 評判記

「いつでもどこでも変化球」 上村ひなの、平成16年生、日向坂46(けやき坂46) ...

乃木坂46 Against 評判記

 「孤独にならなきゃいけない」 歌詞について、 しっかりと練られている。デビュー ...