乃木坂46 もしも心が透明なら 評判記

のぎざか, 楽曲

(C)もしも心が透明ならミュージックビデオ

「もしも心が透明なら」

楽曲、ミュージックビデオについて、

君に叱られた』のカップリング曲。
スタイリッシュな作品、ということなのだろうか。シック、エロスがある。とくに中村麗乃の表情が素晴らしい。現在の乃木坂46にしかできないこと、を試みているようにみえる。その点は好印象。
だが、コンセプトがどうだとか、なにが伝えたいとか、なにを表現するかとか、そういった高尚な企図をもつことも大事なのだろうけれど、まず、なによりも音楽そのものを魅力的に作り込まなければならないだろう。私の認識がたしかならば、音楽とは”聴いてたのしむもの”だったはずだが。今作品には音楽としての魅力がまったく宿っていないようにおもう。聴き減りする、聴き減りしない、といった話題にすら立てていない。アイドルの踊りも冗談にしか見えない。

 

総合評価 34点

人に聴かせる水準に達していない作品

(評価内訳)

楽曲 3点 歌詞 12点

ボーカル 4点 ライブ・映像 10点

情動感染 5点

歌唱メンバー:梅澤美波中村麗乃、早川聖来、松尾美佑

作詞:秋元康 作曲:山本加津彦 編曲:山本加津彦、千葉”naotyu-“直樹

 

乃木坂46 桜井玲香 評判記

 「乃木坂らしさ、という菖蒲色の群像を編み上げた立役者」 桜井玲香、平成6年生、 ...

乃木坂46 斎藤ちはる 評判記

「アイドルとしては平凡だが、アナウンサーとしてならば……」 斎藤ちはる、平成9年 ...

乃木坂46・5期生のセンター”てきせい”を考える

「ノギザカ・ノヴァ」 誰でもセンターポジションに立てるわけではない、センターは特 ...