乃木坂46, 楽曲

『君の名は希望』において希望との邂逅をした「僕」がその心地よい場所から、あるいは「君」を喪 ...

乃木坂46, 楽曲

この歌詞の主人公は嫉妬を抱く自分自身の影を「ウザい」と定めるが、それはやはり、その感情を『 ...

乃木坂46, 楽曲

現実を歪曲し、虚構との境界線を曖昧にすることによってはじめて、このような歌詞に「意味」がう ...

AKB48, 楽曲

『海辺のカフカ』の”カラスと呼ばれる少年”と同じように、この歌詞の語りては「あなた」と呼ば ...

HKT48, 楽曲

歌詞については、詩的表現を採用しているが、試みがうまくいっていない。「悲しみの克服」へ至る ...

NMB48, 楽曲

能動的で活動的な歌詞に映るかもしれないが、これはペシミストのぼやきである。前にも後ろにも道 ...

AKB48, 楽曲

歌詞のなかに童話要素を暗喩として置くのではなく、歌詞そのものを童話とする場合、作詞家として ...

AKB48, 楽曲

お得意の、お決まりの、行動(移動)をしない、受動的な主人公の物語である。この楽曲の歌詞にお ...

SKE48, 楽曲

同シングルに収録されている『春の光 近づいた夏』においてきわめて受動的な主人公を描いたのと ...