けやき坂46 イマニミテイロ 評判記

日向坂46(けやき坂46), 楽曲

けやき坂46 『イマニミテイロ』ミュージックビデオ(C)欅坂46

「誰かの背中越しに」

楽曲、歌詞、ミュージックビデオについて、

誰かの背中越しに、という、けやき坂46の成り立ちを簡明に記した作詞家の詩情と、それを舞台・ステージの上で歌い、踊る、また演じようとするアイドルの、パフォーマンスの質の高さによって、アイドルのストーリー展開のすべてを音楽のなかで知り得るという、幸福で実りある作品。
ファンだけでなく、作り手、またアイドルを演じる少女自身、「アイドル」というコンテンツに没入していることの、フィクションを作る、物語を編み上げようとする熱量、発意の過剰さが楽曲、歌詞、ミュージックビデオのそれぞれに込められており、グループアイドルのサクセスの威光にもっとも間近に当たることが可能。
この一作をもって、けやき坂46の最高傑作とするファンも多い。今作品の詩情に倣うようにしてグループが欅坂46から独立し、やがて改名、日向坂46を名乗りあげたが、あたらしいイロを掲げたアイドルたちが唄う楽曲群に対し、どこか納得がいかない、不満を抱くファンが多いのは、イマニミテイロ、と歌い睨みつけた、当時のアイドル個々の反動の強さ、その余韻と云えるだろうか。

 

総合評価 83点

現代のアイドルシーンを象徴する作品

(評価内訳)

楽曲 16点 歌詞 16点

ボーカル 18点 ライブ・映像 17点

情動感染 16点

歌唱メンバー:井口眞緒、潮紗理菜、柿崎芽実、影山優佳、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、東村芽依

作詞:秋元康 作曲:前迫潤哉、Yasutaka.Ishio 編曲:Yasutaka.Ishio

引用:見出し  秋元康/イマニミテイロ

 

ブログを始めて4年経ちました

「もうひとりの自分」 「アイドルの値打ち」を立ち上げてから4年が経った。4年経っ ...

AKB48 久しぶりのリップグロス 評判記

「見えなかったリップグロス」 歌詞、ミュージックビデオについて、 60枚目シング ...

乃木坂46 理想の「選抜」を考える 31stシングル版

「現状考え得るもっとも理想の『選抜』」 結成10周年、記念すべき30作目シングル ...