けやき坂46 イマニミテイロ 評価

けやき坂46, 楽曲

 

View this post on Instagram

 

kiさん(@y_amazing137)がシェアした投稿

「誰かの背中越しに」

楽曲、歌詞については、グループのバックグラウンドと高水準にリンクした作品である。結果的にアイドルたちの自己を超克しようとする姿勢が叶えられた点に戦略性を感じてしまうものの、楽曲が胎動としての価値を持ち、その役目、詩的責任を無事に果たした、という点は看過できない。アイドルたちが境遇に振回されながらも困難に打ち勝っていく物語を提供した、という点は、ファンだけでなくアイドル本人にも意味のある楽曲となった、と云える。

けやき坂46の第一期生には、AKB48からはじまった、グループアイドルの第一期生が抱える”特別な”物語=イデオロギーが不在している。群像劇と呼ぶには、彼女たちの物語はあまりにも文量が不足しており、物語として文体や輪郭を持たない。第一期生のなかに必ず出現する物語の”主人公”が欠落してもいる(その登場は渡邉美穂の誕生を待つことになる)。けやき坂46に所属するアイドルたちの資質を眺めると、他のグループに渦巻く”第一期生感”を備えるのは第二期生であるという倒錯に打つかるのである。そして、この倒錯が、あたらしい物語として、あたらしい時代を生きるファンと同業者を魅了するのである。けやき坂46・第一期生は、乃木坂46の第二期生にあたえられた「不遇」という境遇と「不屈」という概念を止揚することに成功したアイドルと云える。それらの過程(物語)が『イマニミテイロ』で表現されているのである。

この楽曲を欠如した”第一期生感”への代替品にすることはできないが、それとはちがう、特別な物語(例えば佐々木美玲のアイデンティティの確立など)を楽曲の中に保存できたことは快挙と評価できるだろう。彼女たちの物語は、現代アイドルシーンには未だ存在しなかった”イロ”と云える。

ライブ・映像作品について。
おそらく、現役アイドルのなかでもっとも高いライブ表現力を誇る佐々木美玲の自我を確立していく過程が、映像という虚構の中に放り込まれ、鼓動をしている。柿崎芽実の”発見”もある。齊藤京子のデスペレートなヴォイスもはっきりと聴こえる。横一列に並んだ際の佐々木久美の”はにかみ”と”口ずさみ”
も素晴らしい。そのような演技の要求に彼女たちが応えることができたのは、演じたアイドルそれぞれが楽曲に対して個々の視点を、つよい想いを持つことに成功していたからであろう。それが彼女たちに「アイドルの日常」を再現させているのである。

 

総合評価 89点

現代アイドル史に名を残す作品

(評価内訳)

楽曲 18点 歌詞 18点

ボーカル 20点 ライブ・映像 17点

情動感染 16点

 

歌唱メンバー:井口眞緒、潮紗理菜、柿崎芽実、影山優佳、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、東村芽依

作詞:秋元康 作曲:前迫潤哉、Yasutaka.Ishio 編曲:Yasutaka.Ishio

引用:見出し けやき坂46 イマニミテイロ

評価点数の見方