乃木坂46 絶望の一秒前 評判記

のぎざか, 楽曲

(C)絶望の一秒前 ミュージックビデオ

「希望なんか見えない」

楽曲、ミュージックビデオについて、

5期生楽曲。センターで踊るのは井上和。
現実を揺さぶり幻想的イメージをあぶりだすような、アイドルの「夜明け」を歌っている。遠い過去、人生のどこかで没頭した青春ドラマの、そのオープニング映像を、あるいはスタッフロールの流れるエンディングを眺めているような、淡いノスタルジーをつつく、しかし眼前には真っ白な空が広がるという、「希望」を歌っている。大切に抱きしめて守らなければならないとこころに秘め誓ったはずなのにいつのまにか忘れてしまったもの、それを唐突に差し出されたような、青い情動の約束を描いている。
歌、ダンス、演技、提示された「表現」のすべてが粗雑・幼稚でありながら、眼前で動く少女たちを、すでに、「アイドル」と捉え、動揺、狼狽してしまうのはなぜだろうか。『絶望の一秒前』が、百戦錬磨の、トップアイドルとしての矜持を備えたアイドルたちによって編まれた多くの作品の魅力を易易と凌駕するのはなぜだろうか。それは、今、この瞬間の彼女たちにしか作れないもの、表現できないものが提示されている、と、そう感じるからだろうか、いや、そうしたアーティスティックな思惟をわらうように、少女のそれぞれが、個々に秘めた「絶望の一秒前」を演じ歌っているからではないか。
アイドルの魅力とは、一般生活者の尺度では到底はかることのできないところにある、という視点はおそらく誤解であり、アイドルの魅力とは、一般生活者があたりまえに抱きしめる感情の、たとえば、起こってほしいと願うことは絶対に起こらないし、起こってほしくないと願うことは必ず現実のものとなり打ちのめされる、といった逃れることのできない予感の、その避けようのない共感の、物語化にあるのだろう。
どれだけ退屈で、どれだけありきたりで、どれだけ大きい絶望に包まれたとしても、ひとは毎日飯を食べ眠りにつくし、泣くし、笑うし、歌をうたうのだ、というあたりまえの事実をアイドルの扉をひらいたばかりの少女に教えられることで、彼女たちに「アイドル」がそなわるのである。

歌詞について、

アイドルになる少女の前日譚、その屈託と希望を歌った『夜明けまで強がらなくてもいい』と同一のテーマを持ち、かつ今作もまた”前作”同様、詩的表現に満ち満ちている。
日常生活において遭遇するあらゆる絶望や希望を、「夜明け」という”乃木坂らしさ”のひとつの解釈として、夢見る少女の希望に溢れた横顔から「アイドル」がはじまるのではなく、希望なんかどこにも見えないという屈託から「アイドル」が描かれるという、過去に囚われないという意味での”らしさ”を準備し物語を語りはじめることを可能としてしまうところに並ではない、もはや「不気味」と形容するしかない、作詞家の、詩人としての無垢さに触る。つまり今作『絶望の一秒前』は、過去に一度描いた物語の語り直しに見える一方で、絶望と希望のあいだに引かれた一本の線を、アイドル=夢と現実のあいだに引くことで、そこを踏み越える少女たちの群像を描くことで、過去の一切を振り切ろうとする、まったくあたらしい物語を描こうと決心した果断さを打ち出しているように強く感じる。そのような意味では表題作『Actually…』の作風と遠く響き合っており、たしかに、過去ではなく、前を向いている。作り手の思惟が、一種の集大成に向いたのだろうか。集大成とは、ここを後戻り不可能な地点と捉える、という意味だが、そうした地点に自分が立っていることをよりにもよってアイドルの扉をひらいたばかりの少女たちに重ね歌ってしまう、絶望の一秒前と詠んでしまう、いや、無限大に広がる可能性を秘めたみずみずしい少女たちを前にしなければそうした感慨は生まれてこないのだと言い切ってしまうところに作詞家のアイドルに対する熱誠、つまり才能がある。

 

総合評価 85点

現代のアイドルシーンを象徴する作品

(評価内訳)

楽曲 17点 歌詞 17点

ボーカル 19点 ライブ・映像 15点

情動感染 17点

歌唱メンバー:井上和、一ノ瀬美空、菅原咲月、小川彩、冨里奈央、奥田いろは、中西アルノ、五百城茉央、池田瑛紗、岡本姫奈、(川﨑桜)

作詞:秋元康 作曲:ツキダタダシ 編曲:若田部誠

 

ブログを始めて4年経ちました

「もうひとりの自分」 「アイドルの値打ち」を立ち上げてから4年が経った。4年経っ ...

AKB48 久しぶりのリップグロス 評判記

「見えなかったリップグロス」 歌詞、ミュージックビデオについて、 60枚目シング ...

乃木坂46 理想の「選抜」を考える 31stシングル版

「現状考え得るもっとも理想の『選抜』」 結成10周年、記念すべき30作目シングル ...