乃木坂46

「文學界の名言の1つに女の被害妄想は才能の証という台詞がある」(*1)これはアイドル・中元 ...

乃木坂46

「見た事のない風景を遠くから眺めるみたいに」 神童と呼んでしまったら嗤われるだろうか おそ ...

乃木坂46

ビジュアルについては、、愛嬌とクールを混載しており、グループ立ち上げ当時の乃木坂46のメン ...

乃木坂46

人当たりの柔らかく、凡庸なアイドルである。致命的なのは、凡庸であるうえに成長をすることがで ...

乃木坂46, 楽曲

「いつだってこの胸の衝動から始まる」 ・総評 「乃木坂46」のファンにとって、一生のあらゆ ...

乃木坂46, 楽曲

「僕だけがどうして こんな苛立つのか」 ・総評 タイトルはイマイチだが、歌詞、ボーカルとも ...

乃木坂46

 「何時だろうと朝は眠い」 飄々とした人物である。無関心や無感動といった立ち居振る舞いをみ ...

乃木坂46

「神の子どもたちはみな踊る」 渡辺みり愛はそのちいさな身体から強烈な孤独感を放つ

乃木坂46, 楽曲

「来年の夏はまた きっとここに来るだろう」 ・総合評価 「二人セゾン」とならび、現代アイド ...