乃木坂46

「圧倒的な人気と表裏一体の脇の甘さ」 西野七瀬、平成6年生、乃木坂46の第一期生。 大変な ...

乃木坂46

  「何かのはじまりに過ぎない」 きらめく光とおびただしい群衆に満ちた、この広大な谷間がわ ...

乃木坂46

アイドルというジャンルに縛られずに、ポップカルチャーそのものに呼応しようと試みた人物である ...

乃木坂46

「トランキライザー」 高山一実、平成6年生、乃木坂46の第一期生。 現代アイドルが戦略的思 ...

乃木坂46

「モーメント」 伊藤純奈、平成10年生、乃木坂46の第二期生。 モーメントなアイドルを描く ...

乃木坂46, 楽曲

悩んでいる人間にアドバイスをするとき、あえて、不必要な小難しい言葉を用いて道理や心得を説い ...

乃木坂46

「人間味」 斎藤ちはる、平成9年生、乃木坂46の第一期生。 ルックス、ライブ表現力、ともに ...

乃木坂46, 楽曲

「日常」 歌詞について、 意欲作。書き出しをみれば分かる通り、「日常」を”アンリ・ベルクソ ...

乃木坂46, 楽曲

『君の名は希望』において希望との邂逅をした「僕」がその心地よい場所から、あるいは「君」を喪 ...

乃木坂46, 楽曲

「嫉妬の権利」 恋愛というものは、個人の主体性を超えて運動する、計算外のことが次々と起きる ...

乃木坂46

「被写界深度」 北野日奈子、平成8年生、乃木坂46の第二期生。 想像力がきわめて豊かであり ...

乃木坂46

「隙間」という表現に物足りなさを感じてしまうが、楽曲そのものは高い水準に置かれている。「時 ...