乃木坂46, 楽曲

「僕はここにいる」 歌詞、楽曲、ボーカルについて、 間断なく我執を砕きながら気まぐれに、息 ...

乃木坂46

「神の子どもたちはみな踊る」 渡辺みり愛はそのちいさな身体から強烈な孤独感を放つ

乃木坂46

「文學界の名言の1つに女の被害妄想は才能の証という台詞がある」(*1)これはアイドル・中元 ...

乃木坂46

「塀からどっち飛び降りようか?」 紅葉の季節。黄金に色づいたサトウカエデの繁る丘陵では、そ ...

乃木坂46, 楽曲

「今すぐに」  歌詞について、 作詞家にとって、日常から溢れるセンテンスを衝動的に拾い上げ ...

乃木坂46

楽曲によって描かれる風景画(世界)と高水準でリンクする稀有な資質を持ち合わせており、バンド ...

乃木坂46

「虚栄心からは、誰一人逃れられない」 自己啓発型アイドルである。(やや過剰ともいえるが)情 ...

乃木坂46, 楽曲

「引き離されてく」 ミュージックビデオについて、 アイドルとしてのアイデンティティの成立過 ...

乃木坂46, 楽曲

「4番目の光」 歌詞について、 平易ではなく幼児退行、散文への恋い焦がれ、清楚と云いながら ...

乃木坂46, 楽曲

「残ったのが」 歌詞、楽曲、ミュージックビデオについて、 仮構のなかに虚構を置いているので ...

乃木坂46

柏幸奈をはじめて視認した生田絵梨花は、闘う前に敗北を悟ったという

乃木坂46

自己投影型アイドルである。今日、久保史緒里を取り巻く、同世代のアイドルを圧倒するかのような ...