SKE48, 楽曲

同シングルに収録されている『春の光 近づいた夏』においてきわめて受動的な主人公を描いたのとは対照的に、この楽曲では能動的な「僕」が登場する。

SKE48

「土曜の夜と日曜の朝」多くの現役アイドルが動機の不在を痛感させるシーンにあって、アイドルの ...

SKE48, 楽曲

『Coming soon』で「君」から奇跡を提供してもらった「僕」の後日談のような歌詞(物 ...

SKE48, 楽曲

歌詞については、最早”お決まり”となった、なにか「事件」が起きないと動き出さない、受動的な ...

SKE48, 楽曲

私小説の世界のなかにビルドゥングスロマンを置いた直截的な歌詞である。この楽曲を演じた3人の ...

SKE48, 楽曲

なんでもできるけど、なにもできない。どこへでも往けるけど、どこへも往けない。不眠状態の浮遊 ...

SKE48, 楽曲

アイドルを志す少女(子供)たちにどれだけこの籠絡的な思惑のある歌詞が共感されるのか、私には ...