AKB48 木﨑ゆりあ 評価

AKB48, SKE48

木﨑ゆりあさん(@yuria_kizaki211)がシェアした投稿

「バチッバチッと鳴くろうそく」

蝋燭の炎のように暗闇にひかりを灯し、蝋燭の炎に息を吹きかけて消すように演じることに終止符を打ったアイドルである。演劇表現、ライブ表現力、共に高得点。鉄人のような立ち居振る舞いには、その少女の体のなかに、何か硬い塊のようなものが胎動しているような、芯の強さを感じた。

きわめてたかい処女性から発散させる、武骨な荒々しさは、低迷するグループの現状を打開するための、新しい規律として機能するだろうとファンを期待させた。内側、外側どちらにとっても頼もしい存在であったに違いない。

なにかの旅番組で「選挙で選抜(16位以内)に入らなかったら辞める」という趣旨の発言をしていたと記憶しているが、これを観たとき、ずいぶん自分を追い込むなあ、と感じたものだ。ストイックなキャラクターをもつアイドルがそういった発言をすると、ファンに有言実行を迫られ、自縄自縛に陥ってしまうことが多い。

結果、その年に木﨑ゆりあは選抜圏内にランクインできなかった。が、卒業したのはその2年後である。その間のアイドル活動が冗長に見えてしまうのは仕方がないのかもしれない。自身のイデオロギーを後続のアイドルに継承させるために設けた期間だと想像もできるが、同時にどうしても「縋り付いている」というイメージが付き纏う。実際にその期間のアイドル活動においては、とくに目覚ましい活躍をした、という訳でもなく、むしろ人気は右肩下がりであり、それに歯止めが利かない状態であった。それでも20才の年の「結果」で卒業を判断したのは懸命であり、蝋燭の火をフッと、潔く消してしまう決断力、妥協点のつくりかたは、アイドルとしての生き方に徹底している、と評価できる。また、グループの移籍に関しても、ファンに様々な感情が交錯する物語を提供できた点は「功績」と云えるだろう。

「こんなささやかなことでも、ずいぶん力が必要なんだ」、彼は体内にあったすべての空気を吐き終えてからそう言った。「寿命が削りとられるほどの。しかしわかってもらえるだろうか、少なくともわたしはけちな詐欺師ではない」 (村上春樹「1Q84」)

 

総合評価 75点

アイドルとして豊穣な物語を提供できる人物

(評価内訳)

ビジュアル 15点 ライブ表現 16点

演劇表現 17点 バラエティ 14点

情動感染 13点

 

・SKE48、AKB48 活動期間 2009年~2017年

評価点数の見方