AKB48 木﨑ゆりあ 評価

AKB48, SKE48

(C)木﨑ゆりあ 2nd写真集「Stagedoor」/徳間書店

「鳴く蝋燭」

木﨑ゆりあ、平成8年生、SKE48の第三期生であり、AKB48へ完全移籍したメンバーの一人。
アイドルへのとびらを開いた段階で、すでにある種の完結性をそなえていた。燦然たる輝きを放つ「次世代」の出現、それはSKE48の通史に、これまでにはない、まったくあたらしい物語が刻まれるのではないか、期待感を作ったが、少女は蝋燭の炎のように揺れながら暗闇にひかりを灯し、炎に導かれ、くるくると宙を舞いながら喪失を描く蛾のようにSKE48からAKB48へと物語を転換する。透徹をそなえた稀有な人物で、その処女性から発散される拒絶感、演劇、必然性の無い交錯と連なりにもだえる踊りは、鉄のように頑強な意思を持ったアイドルを鑑賞者の目の前に映し出した。弾力のある塊を握りしめたときのような不気味な反発力を前に、ファンはたぢろぐほどであった。蒼然とした、しかし武骨な荒々しさと自発的能動性の高い立ち居振る舞いをみせる木﨑ゆりあの姿形は、斜陽への胎動を伝えはじめたAKBグループ、そこに広がる常闇を打開するための新しい規律として機能するだろう、とファンに希望あたえた。「木﨑ゆりあ」というアイドルは、妄執が作る身勝手な信頼を仕舞い込むひとつの偶像にすらなった。

ある喜劇の一場面。テレビの旅行番組だったか。彼女は「選挙で選抜(16位以内)に入らなかったら辞める」という趣旨の発言をする。フィクションを作ることへの意識の高さに感服すると同時に、《ずいぶん自分を追い込むものだな》、と感じた。結果、その年に木﨑ゆりあは選抜圏内にランクインできなかった。しかし彼女がアイドルを卒業したのは、番組放送から2年後の話である。ストイックなキャラクターを構成する人物のマニフェストとは、観者に有言実行を過剰に迫られることも多い。かれら彼女らは、次第に自縄自縛に陥り、結果的に自家撞着と揶揄されてしまう。木﨑ゆりあの物語を冗長と評価せざるを得ない理由の一端は、この揶揄を看過できないからだ。もちろん、自身の遭遇した奇跡の体験を、若手アイドルたちへ物語るために設けた期間だと想像することも可能だ。しかし、やはりどうしても「縋り付いている」というイメージがしがみ付くのは、彼女の内に闘争への自傷行為を覗くからか。
木﨑ゆりあのようなフェーズに到達したトップアイドルとは、その成功を裏付けるように、ある種の孤絶を獲得しているが、一方で、隔絶によって「闘争」をつき付ける相手を見失い、その矛先に自身の演じるアイドルを選択する場面もすくなくない。自傷によって獲得するフラジャイルやヴァルネラブルは順位闘争そのものを萎えさせる。やがて覇気の欠如したアイドルを完成させる。
それでも、20歳の年の「結果」を眺め、卒業を判断したことは懸命であり、蝋燭の火をフッと潔く消してしまう決断力、妥協点のつくりかたはアイドルとしての生き方に徹底している、と評価できる。また、グループの移籍に関しても、ファンへ様々な感情が交錯する物語を、アナザーストーリー(もし、木﨑ゆりあがAKB48に移籍しなかったらという偽史)を提示しており、それは木﨑ゆりあというアイドルが豊穣な物語を持つ証になっている。

 

総合評価 74点

アイドルとして豊穣な物語を提供できる人物

(評価内訳)

ビジュアル 15点 ライブ表現 15点

演劇表現 15点 バラエティ 14点

情動感染 15点

SKE48、AKB48 活動期間 2009年~2017年

 

乃木坂46 今、話したい誰かがいる 評価

「僕の部屋 片隅で漫画読んでる」 歌詞について、 きわめて写実的な描写を置きつつ ...

乃木坂46 太陽ノック 評価

「太陽ノック」 楽曲について、 結果的に、生駒里奈がセンターポジションに立ったの ...

乃木坂46 命は美しい 評価

「その手 放せば楽なのに」 歌詞について、 「ぐるぐるカーテン」から「何度目の青 ...