SKE48 北野瑠華 評判記

SKE48

北野瑠華 (C) rukakitano0525/instagram

「乃木坂とならぶビジュアルの持ち主」

北野瑠華、平成11年生、SKE48の第六期生。
北野瑠華の「美」を一言で表現するのはむずかしい。まずなによりも、きわめて郷愁的であり強い主人公感を投げつける。けれど、どこかアイドルを素直に見せない、独特なつよがりがあり、「主人公」から軌道を逸らしてしまっている。ファンに、どこか惜しい、と感じさせるアイドルの代表格。そのビジュアルをして、シーンの中心に近い場所で話題に挙がった過去もあるが、ブレイクしなかった。
このひとの特質とは、ファンの輿望に肩透かしを食らわせるというアイドルとしての逆行性にある、と云えるだろうか。なまめいて美しく、性への感興を容易く引き起こさせるが、ファンが求めるであろうコケティッシュな仕草をみせる場面は極端に少ない。ヴァンプだが、どこか色彩に欠く。ラテン的でハスキーだが、その鼻声で甘えることはない。艶然というよりはキッチュなスマイルを作る。キュートとプリティといった異なる形容辞を行き交うような、統一性のない、アンバランスな美=アイドルを描いている。ファンがアイドルに対し抱いた情動を前にしても、常に淡々としており、なかなか動じない。要するに、日常におけるお芝居ができないタイプのアイドルなのだろう。ただ、アイドルとしてのキャリア=物語を積む過程で、少しずつだが、本音や素顔を提示するアイドルへと成長しつつあり、アイドル観への転向が起きている。
長い時間眺めていても飽きない魅力をもっているのはたしかで、シーンにおいてトップクラスのビジュアルの持ち主であることは間違いない。「乃木坂46」というブレイクが起きたシーンにあってはトレンドに即した登場人物に映る。また、このひとはダンスも上手い。SKE48の性質上、このグループにおいてダンスで頭角をあらわす、これはなかなかむずかしいが、シーン全体を見渡せば文句なしにトップクラスのライブ表現力を持つ実力者と云える。松井珠理奈が対乃木坂46を唱えあるいは呼号しシーン全体に行き渡るフィクションを作ろうと試みたけれど、そうした試みに打って出るならば、北野瑠華、このひとは間違いなく逸材だろう。乃木坂46の選抜メンバーと対等に渡り合える数少ないアイドルである。
この逸材
が、結果的にアイドルとして苦戦を強いられている、眩しいスポットライトを浴びることなくピークを過ぎつつあることはグループにとっての、シーンにとっての痛手であり、ひとつの喪失と見做すべきだろうか。

 

総合評価 62点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 15点 ライブ表現 14点

演劇表現 10点 バラエティ 12点

情動感染 11点

SKE48 活動期間 2013年~

2021/08/21  再評価、加筆しました  ビジュアル14→15  情動感染9→11

 

乃木坂46 5期生 注目度ランキング

「百花繚乱」 乃木坂46がデビュー10周年を迎えた2022年、新たに11人の夢見 ...

SKE48 森紗雪 評判記

「命がけでジャンプして!」 森紗雪、平成8年生、SKE48の第一期生。 2008 ...

SKE48 松下唯 評判記

「儚い原色の夢」 松下唯、昭和63年生、SKE48の第一期生。 ライブパフォーマ ...