SKE48 北野瑠華 評価

SKE48

北野瑠華 (C) rukakitano0525/instagram

「ドラマツルギー」

北野瑠華、平成11年生、SKE48の第六期生。
北野瑠華の「美」を一言で表現するのはむずかしい。艶冶な姿形で観者の情動を容易く引き起こさせるが、コケティッシュな仕草をみせる場面は少ない。ヴァンプだが色彩の欠如を伝える。ラテン的でハスキーだが、その鼻声で甘えることはない。艶然というよりはキッチュなスマイルを作る。キュートとプリティを行き交いしているのか、統一性がなくアンバランスな美。長い時間、眺めていても飽きない。性への感興もある。時折り見せる、投げやりな立ち居振る舞いから、つよがりというよりは、独りよがりな雰囲気を身にまとったアイドルと妄執させる。
独りよがり。
思弁をくり返した後に発する言葉が対象の心の底に落ちる前に燃え尽きてしまう、この北野瑠華の性質、アイドルとしての展開は、AKB48の永尾まりやと酷似する。自身が作るアイドル像の欠陥、破綻への予感、事実と現実を直視しても、進路を変えずに愚直な前進を試みる点は、乃木坂46の寺田蘭世とかさなる。クリエンテスの欠如という点では同グループの斉藤真木子と距離が近く、北野瑠華もまた、相互扶助(共闘)の構築に苦戦する人物に映る。高いポテンシャルを抱える彼女が、アイドルとして苦戦を強いられる事実は、グループにとって一つの喪失と云えるだろう。

北野瑠華はアイドルの成長を”写真”という虚構を通じてファンに伝え、それを眺めるファンの情動を引き起こさせることに成功している。偶像として、古典的ではあるが、正統的で、王道と云えるだろう。しかし、ファンではなく、自身が引き起こした情動を他者に感染させるという意味では、きわめて貧弱なアイドルに映る。アイドルが感情を吐露する(あるいは、感情を吐露しているようにみせかける)、これは、実は容易い。むずかしいのは、感情を吐露することによって自身の情動を引き起こし、それを対象の心の奥に届くように投げ付け、感染させる行為である。情動感染を成立するためには、葛藤や苦渋の提示ではなく、心の裸をさらけ出すような衝動を描く覚悟が求められる。そして情動の共有こそ、対象との成長共有と云えるだろう。
芸能の分野において、成長共有が人気獲得の要因になるのは、アイドルに限ったはなしではない。現代の女優や歌手にも成長の共有は求められ、かれら彼女らはファンに対し、心の裸と、そこにある闇をみせる立ち居振る舞いを作らなければならない。たとえば、女優の山田杏奈の成功は「暗闇」の所持、存在の証明に因るところがおおきい。女優が仮構の中の演技で自己をさらけ出すのに対し、アイドルは日常の立ち居振る舞いや仕草、対話を演じ、自身のストーリーを、「暗闇」を物語る必要がある。嘘を作ることによって、その嘘=演技を観者に看破させ、心の闇、真実という素顔を発見したと錯覚させる必要がある。つまり、現代アイドルは、ドラマツルギー(平易に云えば、場面による演じ分け)という概念に対して、きわめて意識的にならなければいけない宿命を負っている、と云えるだろう。
現在の北野瑠華は、この”アイドルを演じる”行為を「禁忌」に捉えていると、つよく感じる。彼女があまりにも生身で無防備に映るのは、フィクションで自身を覆っていないからだ。無防備な女性を前にすると、そこに触れるのに、深く踏み込むことに、人は逡巡してしまう。これまでにも繰り返し述べてきたが、アイドルを演じる、とは、決して事実の歪曲ではない。アイドルを演じる、とは、アイドルが嘘を作る、とは、もう一つの別の世界で、もう一人の別の自分を作り上げる、という意味である。アイドルになった自分。アイドルにならなかった自分。そのどちらか一方の世界では見られなかった自分を摑もうとする行為。嘘をつく行為が、もう一人の自分をアナザーストーリーとして、現実の世界に、ファンの手元におとしてくれる。北野瑠華という人物には、この「if」が伏在しないようにおもう。だから彼女は、自身の心の移動が作る振動で観者の心を揺らす場面を描けないのだろう。

 

総合評価 55点

問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 14点 ライブ表現 13点

演劇表現 10点 バラエティ 12点

情動感染 6点

SKE48 活動期間 2013年~

 

日向坂46(けやき坂46) 佐々木久美 評価

「ただ、それだけだった」 佐々木久美、平成8年生、日向坂46(けやき坂46)の第 ...

乃木坂46 鈴木絢音 評価

「限りなく透明に近いブルー」 鈴木絢音、平成11年生、乃木坂46の第二期生。 現 ...

AKB48 永尾まりや 評価

「アナーキー」 永尾まりや、平成6年生、AKB48の第九期生。 いわゆる、守りた ...