SKE48 高井つき奈 評価

SKE48

高井つき奈 (C) SKE48

「憧れの個人レッスン」

高井つき奈、平成7年生、SKE48の第一期生。
松井珠理奈に比肩する逸材であり、なおかつ、グループアイドル特有の不完全さと乖離する、あたらしい場所であたらしい可能性を拡げ得る完結性をそなえたアイドル。もし、彼女が現在のSKE48に居たら…、といった仮定法への妄執、その豊穣さならば、乃木坂46の柏幸奈と双璧をなすアイドルであり、グループにおいては、その後、彼女と同等の資質を抱えたアイドルの誕生を叶えていないことからもSKE48の歴史を語るうえで、まさしく稀有な登場人物と云える。AKBグループのみならず、乃木坂46で活躍する少女たちのかがやきを先駆けた、”来るべきものの側”としてアイドルシーンの岐路に立ちつづける寵児の一人であり、ももいろクローバーの「文体」を決定づけるなど、大人たちを”とりこに”する、光りと影を強く帯びた少女であったが、高井本人にとっては、あくまでも、アイドルの扉をひらく行為そのものは日常生活の些細な出来事の一つでしかなく、奇跡との遭遇と処理される日はなかったようだ。
全能感というものは、自己に対してのみ向けられる感情ではない。アイドルグループを一つの筐体として捉える、アイドルを我が子、我が身のように想う人間が、防衛機制としてアイドルを演じる少女に投射する場合もある。高井つき奈という逸材が発散する全能感は、アイドル自身のみならず、少女を取り巻く大人たちをも翻弄した。燦然たる輝きを放つ逸材をまえに情動を引き起こした、欲に取り憑かれた人間の繰り広げる茶番劇は、少女とそのファンの目にどのように映ったのだろうか。
卒業後、けして満たされない日常生活をまえに、アイドルとそのファンが描く耽溺に憧憬を抱き、かつて奇跡を想わなかったシーンへみずから没入していく高井の姿は、現代アイドルシーンの持つ「豊穣」と「病弊」の鏡と扱える。

 

総合評価 61点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 14点 ライブ表現 12点

演劇表現 8点 バラエティ 11点

情動感染 16点

SKE48 活動期間 2008年~2009年 

 

乃木坂46 鈴木絢音 評価

「限りなく透明に近いブルー」 鈴木絢音、平成11年生、乃木坂46の第二期生。 現 ...

AKB48 永尾まりや 評価

「アナーキー」 永尾まりや、平成6年生、AKB48の第九期生。 いわゆる、守りた ...

海外ドラマとグループアイドル

「ウェントワース女子刑務所が面白い」 懇意にしているある劇団の、ある舞台女優から ...