SKE48 森紗雪 評価

SKE48

森紗雪 (C) ウォーカープラス

「命がけでジャンプして!」

森紗雪、平成8年生、SKE48の第一期生。
正規メンバーへの最年少昇格を記録し、”勇者を目指す夢見る少女”の一人に名を連ねたが、間を置かず、学業専念を理由に研究生へ降格後、卒業する。アイドルの物語としては生彩に欠けるものの、鑑賞者に人生の時を遡らせる処女性のたかいルックスの持ち主であり、物語の凡庸さ、アイドルの輪郭の曖昧さに反し、ファンが語るアイドルへの妄執は豊穣である。とくに、森は『ウィンブルドンへ連れて行って』のオリジナルメンバーの一人(森紗雪、高井つき奈、矢神久美のユニット)であり、『ウィンブルドンへ連れて行って』のユニット編成、その考察への希求力が示す通り、ファンがグループアイドルの系譜に対し、きわめて意識的に振る舞える「原動力」の役割を担っている。

『ウィンブルドンへ連れて行って』や『バンジー宣言』が顕著だが、当時、秋元康から森紗雪や高井つき奈などの若手アイドルに贈られた詩的世界群には、アイドルを応援する人間に「命がけ」の覚悟を求めるといった構図が散見する。アイドルがアイドルファンに自身を応援する行為への覚悟を要求する…、覚悟を求められたファン、彼らがそこで発見する感情とは、”アイドルを応援する行為とは並大抵のことではないぞ”、という作り手からの明確な啓蒙である。同時に、啓蒙を歌うアイドルもまた、無邪気を装いながらファンへ深刻な覚悟を求める行為によって、それがそのまま作り手から自分に贈られたメッセージへと必然的にすり替えられている事実に直面する。この挟撃に耐えられる少女はすくない。部活動感覚でグループアイドルの世界に足を踏み入れてしまった無垢な少女が、アイドルとファンの作る深刻な人間関係を目の当たりにして、その「恐怖を愛に変え」ろと迫られたとき、躊躇せずに現実の世界へと逃げ出すカードをきるのは当然の成り行きと云えるだろう。一方で、早々に現実世界に帰還した森紗雪だが、「森紗雪」というアイドルには、彼女のファンが、”彼女”を失った後に、次に応援するアイドルを決める際に求める偶像の雛形、あるいはシーンに介入する際に寄す処とする精神的な家郷として機能する不思議な魔力の発揮があり、非凡な才を受け取る。あらゆる可能性を秘めた未完成の少女が未完成のままシーンから姿を消したからこそ、彼らのなかで少女は完成されたアイドルとして漂いつづける。彼女のことを愛したファンは、あくまでも「森紗雪」をフィルターにして他のアイドルを語り、次の本命アイドルを探す旅に出る…、このような歪んだ継承の光景こそ、SKE48というグループを映すもっとも鮮明な”イロ”であり、ともすれば、それは今日のグループアイドルシーンの魅力と病弊を説明する際の、格好の材料とも呼べるのではないか。平板な展開に終始した森紗雪の物語も、このような射程に立つならば、それは、再読に値する物語である、と評価できるのではないか。(*1)

 

総合評価 60点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 13点 ライブ表現 12点

演劇表現 8点 バラエティ 13点

情動感染 14点

SKE48 活動期間 2008年~2010年

引用:見出し、(*1) 秋元康 / バンジー宣言

 

櫻坂46(欅坂46) 小林由依 評価

「物語を自らの言葉で完結させる。」 小林由依、平成11年生、櫻坂46(欅坂46) ...

櫻坂46(欅坂46) 小池美波 評価

「折々の色が四季を作る」 小池美波、平成10年生、櫻坂46(欅坂46)の第一期生 ...

櫻坂46(欅坂46) 尾関梨香 評価

「私案」 尾関梨香、平成9年生、櫻坂46(欅坂46)の第一期生。 良くも悪くも平 ...