SKE48 高田志織 評価

SKE48

高田志織 (C) ORICON NEWS

「誰かのせいにはしない」

高田志織、平成2年生、SKE48の第一期生。
AKB48・第二期生としてデビューした高田彩奈の妹。
現在の、令和のアイドルシーンの上を歩むアイドルと並べても、その美しさはまったく損なわれることなく、変わらず、群を抜く。剛直な姿勢によって描かれる儚さ、鑑賞者の平静を奪うエロチシズム、高田志織はグループにおいて”はじめて”カウンタックな美を描いたアイドルである。またこのひとは、穏やかな雰囲気を持つが、気高き戦士のような雄々しさ、威圧感も具えている。その威圧感を前にしたファンに、反抗的なアイドルだ、と扱われてしまう
場面も少なくなく、なかなか葛藤したようである。自己の内に発生した、なにかざらつくモノローグ、その仮装を試みた、つまり日常を演じるという行為に苦戦したアイドルと云えるかもしれない。彼女が、対話の際に相手の眼をじっと覗き込むクセを持つのは、きっと独白の変換に戸惑うからだろう。その凝視に生来の美、精悍さが重なると他者を虜にして籠絡する妖美が生まれるのだから、美というものの力とは鑑賞者だけではなくその持ち主もまた振りまわして止まないのだろう。
高田の持つ最高度の魅力とは、アイドルを演じる少女が自身の情動をファンに感染させるのではなく、アイドル・高田志織に触れたファンが身勝手に心をときめかせる、という絵画鑑賞のような希求にある。彼女のファンは、アイドルという偶像の存在理由に”自己投影”を置かないのだ。アイドルを、自身の日常生活においてけして関わりを持てなかった存在、非日常の先にある憧れと扱う。その憧れに”会う”許可を、”触れる”許可をあたえられたことに奇跡を想い、素直に驚き、感動する。自己と隔絶した”彼女”の成長を、行く末をただ眺め、感心する……。だからか、アイドル本人はあてどもなくさまよっているように見える。このアイドルとファンの間合い、受動的な関係、つまりアイドルとファンの成長共有の不成立が高田のアイドルとしての可能性を減衰させ、夢への憧憬だけでなく、アイドルそのものを消失させてしまったのだろう。彼女の美に吸い寄せられ、高田志織の物語の”鑑賞者”となったファンが、心地よい「楽園」からはじき出されたアイドルの後姿を眺めることにより、それまで無意識に黙殺してきたシーンの暗がりに踏み込み、もだえ苦しむ破目になったのは当然の報いと云えるだろうか。

 

総合評価  65点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 14点 ライブ表現 13点

演劇表現 11点 バラエティ 13点

情動感染 14点

SKE48 活動期間 2008年~2013年

   

AKB48 西野未姫 評価

「第2の”まゆゆ”」 西野未姫、平成11年生、AKB48の第十四期生であり、「三 ...

アイドルの可能性を考える あたらしい”推し”を探そう 編

「あたらしい”推し”を探す」 メンバー 楠木:批評家。趣味で「アイドルの値打ち」 ...

AKB48 川上麻里奈 評価

「川上麻里奈」 川上麻里奈、平成8年生、AKB48の第十一期生。 同期に川栄李奈 ...