SKE48 高田志織 評価

SKE48

高田志織 (C) ORICON NEWS

「誰かのせいにはしない」

高田志織、平成2年生、SKE48の第一期生。
AKB48・第二期生としてデビューした高田彩奈の妹。令和が始まった現在のアイドルシーンの上を歩くアイドルたちと並べても、その美しさは損なわれることなく、変わらず、群を抜く。剛直な姿勢によって描かれる儚さ、鑑賞者の平静を奪うエロチシズム、高田志織はグループにおいて”はじめて”カウンタックな美を描いたアイドルである。「穏やか」な雰囲気を持つが、「気高き戦士」のような雄々しさ、威圧感もあり、それが
眼前に立つ観客に向けられると、反動的な立ち居振る舞いと扱われてしまう、そんな場面も少なくはなかった。高田は、自己の内に発生した「ざらつく」モノローグの仮装の試み、つまり日常を演じるという行為に苦戦した人物と云えるかもしれない。対話の際に、相手の眼をじっと覗き込むのは、きっと独白の変換に戸惑うからだ。その凝視に生来の精悍が重なると他者を虜にして籠絡する妖美が生まれる。アイドルを演じる少女が自身の情動をファンに感染させるのではなく、高田志織に触れた人間が身勝手に心をときめかせる。彼女のファンは、アイドルという偶像の存在理由に”自己投影”を置かない。アイドルを、自身の日常生活においてけして関わりを持てなかった存在、憧れと扱う。憧れに”会う”許可を、”触れる”許可をあたえられたことに奇跡を想い、素直に驚き、感動する。自己と隔絶した”彼女”の成長を、行く末をただ眺める。だから、アイドル本人はあてどもなくさまよっている。この受動的な倒錯の構築、つまりアイドルが作る成長共有のコンテンツを不成立にする「運の巡り合わせ」が少女の資質を減衰させ、夢への憧憬だけでなく、アイドルそのものを消失させてしまった。彼女の美に吸い寄せられ、高田志織の物語の”鑑賞者”となったファンが、心地よい「楽園」からはじき出されたアイドルの後姿を眺めることにより、それまで無意識に黙殺してきたシーンの暗がりに踏み込み、もだえ苦しむ破目になったのは当然の報いと云えるだろうか。(*1)

 

総合評価  65点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 15点 ライブ表現 13点

演劇表現 11点 バラエティ 13点

情動感染 13点

SKE48 活動期間 2008年~2013年

引用:「」(*1) 秋元康 / 強き者よ

 

AKB48 恋するフォーチュンクッキー 評価

「恋するフォーチュンクッキー」 歌詞、楽曲、ミュージックビデオ、ライブ表現につい ...

AKB48 相笠萌 評価

「ウィットに富んだアイドル」  相笠萌、平成10年生、AKB48の第十三期生。 ...

山下美月「センター」を検証する

「動機として、46時間テレビをふり返る」 「どうもこんにちは。あやめちゃん、こん ...