SKE48 松下唯 評価

SKE48

松下唯 (C) Billboard JAPAN

「儚い原色の夢」

松下唯、昭和63年生、SKE48の第一期生。
グループアイドルを演じる日々を終えてもなお幻想への没入に倦みはない。彼女がアイドル時代に提示した幻想は、ファンのこころを掴むために用意した古典的な手法の一つだと数えるのではなく、ここではないどこかへジャンプしようとする、自己と隔たりを持つ何者か、つまり空想の登場人物へと移り変わろうとする人間特有の渇望の結晶であったと読める。
松下唯は、作詞家・秋元康をはじめとして、同業者、ファンの双方から特別な期待感を寄せられたアイドルの一人であり、直接の卒業理由になった、怪我による長期離脱、坂道を「コロコロと転がっていく」ようなアイデンティティの挫折さえなければ、グループの中心メンバーへと成長し、豊穣な物語を描くアイドルの完成を目撃したのではないか、想像は尽きない。(*1)
ライブ表現力はトップクラス。とくに歌唱力は群を抜いており、澄み切ったヴォイスを作り、かつ、なにものをも歪めない雄々しさがある。近年ならば、乃木坂46の中元日芽香の風姿を先駆けており、ちいさな身体を精一杯ひろげて歌いはじめる、歌い出しのワンフレーズ、それが降った瞬間にウソの世界へと引き込まれるような、ライブステージの上で存在理由を他者にゆずることのない歌声を持つ。精神的な孤独をファンに投げつける華奢な佇まいを作る少女が、舞台の中心で舞う姿、それは多くのライバルたちを圧倒しており、あらゆるシーンで幻想を提示しようと試みるイノセンスと偏執の所持からも、スーパーアイドルと形容しても過褒にはならないはずだ。
今日では、アニメ好きが高じてアニメ声優そのものに憧れを抱き、将来の夢にするといったグループアイドルは珍しい存在ではなくなったが、松下唯も「二次元同好会会長」を名乗り、フィクションへの憧憬を隠さないアイドルであった。AKB48の佐藤亜美菜と共にグループアイドルの身でありながら夢にみるアニメ声優を実際に体験するなど、夢を叶えようと現実を突き抜ける少女の姿をファンの眼前で披露し、魅了している。このファンとの交流にきわめて前向きな姿勢の所持によって、アイドルを卒業した後も自身の物語をファンと共有することに成功している。

 

総合評価 61点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 12点 ライブ表現 15点

演劇表現 11点 バラエティ 10点

情動感染 13点

SKE48 活動期間 2008年~2011年

(*1) 秋元康 / 万華鏡

 

櫻坂46(欅坂46) 小林由依 評価

「物語を自らの言葉で完結させる。」 小林由依、平成11年生、櫻坂46(欅坂46) ...

櫻坂46(欅坂46) 小池美波 評価

「折々の色が四季を作る」 小池美波、平成10年生、櫻坂46(欅坂46)の第一期生 ...

櫻坂46(欅坂46) 尾関梨香 評価

「私案」 尾関梨香、平成9年生、櫻坂46(欅坂46)の第一期生。 良くも悪くも平 ...