SKE48 矢神久美 評価

矢神久美 (C) SKE48

「壊れゆく人格」

平成年間を通し最高の表現力を誇り、現代アイドル史のみならず、アイドル史全体でみても間違いなく冠絶した資質の持ち主である。映像作品における演技の実力ならば、アイドルの枠組みに収まらず、「文芸」の内奥に放り込み、底の方に落ちても、きらきらと輝くはずだ。無邪気かつ無警戒な表情を作り現実を歪める彼女の演技は「矢神久美」というアイドルの名を知らない人間がなにかのきっかけでそれに触れたら、矢神によって演じられた「役」の性格が、そのまま「矢神久美」であると妄執するのではないか。矢神久美は、自身の生身(素顔=日常)を切り取って仮構の中に置くタイプではないが、日常のディティールをカメラの前で完全に再現する。矢神の演技は、観者に「演者の日常が溢れている」と思い込ませる。『誰も知らない』を演じた、当時の柳楽優弥とおなじ悲痛を抱えており、つまり、”天才”や”本格”と評するのが妥当であろう。このタイプの人間は、とにかく、前のめりになりやすい。靴紐を結びながら歩き出そうとしてしまうみたいに、自我を置き去りにする。

天与の才を背負ったアイドルの劇中劇を前にすると、異なる分野での独立した評価へ踏み込むことに躊躇がうまれる。ドラマツルギーと対峙するように、意識的な演じ分けを矢神は作り、伊藤万理華が映像世界の範囲内でのみ演劇=嘘を作ったのに対して矢神は映像世界だけでなく、現実世界でもおなじように演劇をする。多様性(バラエティ)が欠落し、徐々に人格が壊れていくように感じるのは、現在、眼の前で揺く「矢神久美」が演じられた”役”なのか、アイドルとしての素顔なのか判別できないからである。我々はアイドルの日常(架空の世界)と、それを演じる少女の素顔の二つをフィクションとして読むのだが、矢神久美のそれは、どちらも架空世界の登場人物に映り、パラレルワールドに遭遇したように眩暈する。虚構の曖昧化により観者に眩暈を与える点は、西野七瀬、村山彩希、松村沙友理など、現代アイドル史に大書される人物と共時する。ただし、矢神久美はアイドル史に銘記されるべき人物ではなく、田野優花と同様、アイドルのポテンシャルを探るうえで、「実力者列伝」のノートに名を連ね、批評が繰り返される人物である。
「実力者であることは悲しい」なぜなら、彼女たちは、「盟友に欺かれた者たちであり、自ら誤った者たちであり、天にあまりに無残な仕打ちを受けた者たちだからである。」(*1)

ダンスが人格にまで昇華され、矢神久美のライブパフォーマンスが他のアイドルを圧倒して末端的キャラクターに押しやる原動力とは、やはり、彼女の演技力にある。矢神久美にとっての「ダンス」は、舞台演劇と緊密に絡んだフィクションなのだ。だからこそ、トップアイドルの魅せるストーリーには一歩及ばなかったのだと思う。「あと一歩という距離は、実は一番遠い」と云った先人がいるが、矢神久美もこの格言に囚われるアイドルの一人だろう。例えば、『命は美しい』を演じた当時の西野七瀬が舞台装置の上で披露したダンスは、虚構=嘘、つまり演技であるが、舞台演劇ではない。メランコリックが消失し勇猛が姿を現す。それをファンに発見させる。アイドルの脇の甘さや素顔との邂逅は、奇跡との遭遇として処理され、観者はそのエピソードに没入する。アイドルの立ち居振る舞いから導き出される「表情=物語」とは、そこにたしかに存在するが”目には見えないもの”を無意識にあぶり出す。風が吹いても、それを目で捉えることはできない。感情や時間の流れも、目にはみえない。そこにたしかに存在するのに。「風」の手触りを我々に感じさせた者だけが、「物語」の所有者として認められる。物語を作る、というのは演技の才だけでは不可能である。舞台装置の上で置かれる演技とは、音や言葉で「風」の存在を再現し、伝達させようと試みる行為であり、ダンスが舞台演劇である矢神久美の場合、それは彼女が抱え持ち込む既存の物語を楽曲に融和させたに過ぎず、あたらしい物語の誕生、立ちあい、つまり「成長共有」の条件を十全には充たさない。なによりも、西野七瀬の資質が先天的なものではなく、後天的なものであった点は看過できないだろう。虚構の中でアイドルを演じるというフェーズから、アイドルになりきるという閾に踏み込み、手にした資質である。”アイドルになりきる”ことは演劇ではない。この隔たりが、アイドルとしてのストーリー性の保持の有無につながり、アイドル史に銘記されるアイドルかどうか、明暗を分けたのではないか。

天与の才を具える矢神久美が、天才ではない西野七瀬の到達点に及ばなかった理由のひとつに「境遇」があるのだろう。境遇は生活をつくる。生活は性格をつくる。境遇はアイドルにとって必要不可欠な趨勢を見極める力を、なによりも持続する意志を育む。14才の天才少女に与えられた架空の箱庭世界での暮らしは攻城兵器に包囲され、兵糧攻めされる「城」のように、狭かった。

苦楽をともにする期間が長くなればなるほど、信頼度が増すと同時に親密度も増すのは人の常である。それが、何かのきっかけで、親密度の限界を超えて「甘え」に変わるのだ。甘えとは、それがほんの少し進んだだけで、日本語で言う「図に乗る」に変わる。であるからこそ、それへの対応しだいでは、単なるストライキが反乱に一変する危険性を内包しているのだ。… 備蓄はまだ充分にあったが、人間は、それが実際に底をつくよりも、底をつくことへの不安で動揺する。まず動揺したのが、原住民の参加兵たちである。止まらない出血に似た脱走がはじまった。

塩野七生/ローマ人の物語Ⅴ

往々にして、生き残ろうとする意思は、動揺となって、誤った選択を「アイドル」に強いるのだろう。

 

総合評価 75点

アイドルとして豊穣な物語を提供できる人物

(評価内訳)

ビジュアル 15点 ライブ表現 16点

演劇表現 18点 バラエティ 12点

情動感染 14点

SKE48 活動期間 2008年~2013年

引用:(*1) 福田和也/総理の値打ち

2019/03/17  再批評しました

評価点数の見方

SKE48