STU48 新谷野々花 評価

STU48

新谷野々花(C)STU48オフィシャルTwitter

「野に咲く花」

新谷野々花、平成16年生、STU48の第一期生。
「片想いの入り口」のオリジナルメンバーというだけでグループにおいて特別な存在に映るが、「片想いの入り口」の成功にアイドルの未成熟があり、その未成熟を楽曲の内へ鮮明に落とし込んだのが新谷野々花だ。
STU48が「風を待つ」以降、ライブパフォーマンスをグループのアイデンティティにしようと画策するのを、それが当然の成り行きだと納得できるのは、今村美月、門脇実優菜をはじめとするダンステクニックの高いアイドルが名を連ねているからという理由だけではない。市岡愛弓、峯吉愛梨沙といった”天才的”な歌声を持つアイドルや、彼女たちと対等にわたり合う、言葉では容易に説明することのできない未成熟なヴォイスを持つ新谷野々花が今村や門脇といった実力者と同時期にアイドルとして出現した奇跡を想うからだ。

今日、インターネットを利用してファンの眼前にアイドルが姿を現す際には、ファンと日常会話を交わすのが当たり前になった。日常会話であるから、当然、スマートフォンの前でアイドルが自身の日常を物語る際、それが一方的に最初から最後までスムーズに話される、ということは起こり得ない。アイドルは、ファンの意を汲みつつ自身の日常を物語る必要がある、そのような境遇に置かれている。新谷野々花がおもしろいのは、手作りの企画を用意することで自分の魅力をスムーズにファンへ伝えようと試み、中学生アイドルでありながら頼もしい作家性を垣間見せた点である。
アイドルを演じる少女のために作詞家・秋元康が用意する試練、少女へ覚悟を要求する歌、たとえば、どのような表現を試みても滑稽に映るラップ調の歌、それら楽曲群を逆手に取り、バラッドのような歌唱をもって健気で未成熟なアイドルを”完成”させるという離れ技をやってのけたのも、彼女の作家性によるところがおおきい。

少女特有の生硬さが砕け散ると同時に、アイドルから唐突に卒業が告げられたが(その唐突な別れのなかに夢へのなごりをみるものの)、彼女にとっての「アイドル」とは、青春犠牲の上に成り立つもの、ではなく、青春そのものだったのだから、ファンは黙して受け入れるしかあるまい。たしかに、志半ばに倒れる、というよりは青春の終わりをさとると我に返ったようにアイドルを卒業し現実に帰還する、このような結末は、稲垣ほなみ以降、倦むほどくり返し眺めてきた光景だ。STU48では磯貝花音もそこに含まれるのだろう。だが磯貝花音や新谷野々花の相対として青春の犠牲を抱きしめるアイドル、あるいは青春犠牲を強いられるアイドル(たとえば瀧野由美子や沖侑果)が抽出され、通り過ぎていく仲間の後姿をみつめるアイドルの横顔に言いようのない信頼をファンがみるといった構図がグループに散見するようになったことからも、新谷野々花はSTU48にとってひとつの端境期になったアイドル、と云えるかもしれない。

余談になるが、彼女によって”朗読された”卒業メッセージは、あまりにも定形的だが、グループアイドルの「お手本」となり得る感情、つまり自分とは違う何者かが作り上げられていくこと、しかしそれがほかでもない自分自身だという事実へのつよい自意識と夢へのなごり、文章を書いた人間の夢への反動が込められており、逆説的に、これからアイドルを志す少女には彼女の後姿に是非ふれてみてもらいたい、とおもえる教材になっている。アイドルを演じる過程でかならず役に立つだろう。

 

総合評価 58点

問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 11点 ライブ表現 14点

演劇表現 10点 バラエティ 12点

情動感染 11点

STU48 活動期間 2017年~2020年

 

櫻坂46 Nobody’s fault 評価

「洗っても落ちない泥だ」 歌詞、楽曲、ミュージックビデオについて、 1st.シン ...

日向坂46(けやき坂46) 丹生明里 評価

「終着駅」 丹生明里、平成13年生、日向坂46(けやき坂46)の第二期生。 自己 ...

日向坂46(けやき坂46) 加藤史帆 評価

「走り出す瞬間」 加藤史帆、平成10年生、日向坂46(けやき坂46)の第一期生。 ...