STU48 黒岩唯 評価

STU48

黒岩唯(C)日刊スポーツ

「立つ鳥跡を濁さず」

黒岩唯、平成14年生、STU48の第一期生。
14歳でデビューし、15歳でグループを去る。STU48のメンバーとして過ごした時間は約7ヶ月、グループが本格デビューする前にアイドルの物語に幕を閉じている。当然、アイドルとしての物語は無いに等しい。多少なりとも話題になったのが、トレードマークでもある「帽子」と卒業発表(活動辞退)の際の立ち居振る舞いのみという点もアイドルの”うすさ”を証している。
これからは笑顔で過ごしたいと語った「卒業理由」と、その立ち居振る舞いをみてわかるとおり、明け透けな性格の持ち主だったようだが、やや「アイドル」の設定に過剰なもの、浅薄さがあったようにもうかがえる。ようやく手に入れた夢の生活にかげりを見たとき、生来の露骨さとアイドルを演じるために用意したウソが激しく打つかり、その倒錯を前に反動が生まれたのではないか、と。「アイドル」というウソの存在を作る際に、それが自身の素顔を歪める行為だと勘違いしてしまう少女は多い。そうした錯覚にあるうちは、ファンを魅了する「アイドル」を作り上げる、アイドルを物語化し語る、これはやはり至難の業になるだろう。アイドルが笑顔を作る、これは自分をごまかす行為、ウソの笑い顔などではなく、むしろ自分の素顔をファンに伝えるための行為なのだが。

現在を生き抜こうとする少女たちを一箇所に集め、才能の選別といった喧騒に包まれるのがアイドルグループの黎明期なのだが、その過酷な境遇からの最初の脱落者という意味では、黒岩唯 は忘れがたい登場人物の一人、と云えるかもしれない。とくにSTU48は順位闘争あるいは境遇そのものに敗れアイドルの世界からはじき出されてしまう少女があとを絶たないアイドルグループであるから、黒岩にはなかなか存在感がある。
グループを早々に去ったアイドルの、アイドル時代の物語をあらためて追いかけるとき、そこに目撃するのは夢にやぶれた”彼女”の笑顔だけではない。そこでは、今日なお夢を追いかけつづけている、凛々しさを身につけた現役メンバーの、彼女たちがまだ初々しかった頃の無垢な笑顔を再発見できる。瀧野由美子石田千穂沖侑果など、今日のシーンにおいて貫禄ある佇まいを作るアイドルにもヴァルネラブルな時代がたしかにあったのだ。黒岩のような早期辞退者の物語には、そのヴァルネラブルが丁寧に保存されているわけである。そうした意味においてもグループを早々に去った登場人物には少なくはない価値を見いだしてしまう。もちろんそれが”彼女”自身の作ったアイドルの評価に直接つながるということはないのだけれど。

 

総合評価 37点

アイドルの水準に達していない人物

(評価内訳)

ビジュアル 11点 ライブ表現 7点

演劇表現 6点 バラエティ 6点

情動感染 7点

STU48 活動期間 2017年~2017年