HKT48 指原莉乃 評判記

HKT48

指原莉乃(C)オリコンニュース

「功罪相半ばする圧倒的な才覚とエネルギー」 

指原莉乃、平成4年生、AKB48の第五期生であり、HKT48へ完全移籍したメンバーの一人。HKT48の6代目センター、AKB48の9代目センター。HKT48の劇場支配人(STU48兼任時は同グループの支配人にも就任した)。
”平成”最後の大物アイドルであり、渡辺麻友と並び、現代アイドル史に大書されるべき人物である。アイドルの王道さを大衆に強くイメージさせた渡辺に対し、このひとは、そうした「アイドル」のイメージにはとても収まりきらない多様性をそなえた、政治色の濃く出たひと、であり、功利を盾にした機会主義者、とでも形容すべきか、発言を、というよりも、立場そのものを時と場合に応じて柔軟に変える、機智を持つ。アイドルとして過ごす日常の多くの場面で自家撞着を描き醜態を晒す一方で、そうした醜態をアイドル的魅力にすり替えてしまう大きな野心と虚栄心を持つ。それはたとえば、作り手のみならず、ファンにも、彼女の才能をだれよりもはやく見出したのは自分だ、と妄執させる力、アイドルへの尽きない献身・擁立への希求に役立てられている。
つまりは、アイドル・指原莉乃の物語を読む、これは”作家の値うち”を問うのではなく、”総理の値打ち”を問う試みにちかい、と云えるかもしれない。彼女の、世論に対する思考経験と実践は他のアイドルの追随をまったく許さない閾に達している。アイドルの多様性つまりバラエティ力の評価基準とは、笑い、ウィットという視点だけではなく、人間として、またはアイドルとしてのユーモア、喜怒哀楽、強靭さや傷つきやすさの露呈だと唱えるも、そうした基準を遥か後方に置き去りにしてしまうような迫力を指原は把持している。
バラエティ番組で活躍するから、多様性がある、のではない。桁違いの多様性を持つからバラエティ番組で活躍できるのだ。よって、常に「アイドル」でしかありえないアイドルから抜け出た、このバラエティ・アイドルがアイドルシーンの頂点に君臨する、という構図に向けられる批評こそ、アイドル・指原莉乃の核心、アイデンティティと呼べるだろうか。

なによりもこのひとは、強運の持ち主である。前田敦子大島優子の後に続き深紅のマントを羽織った女王だが、先代が物語ったアイドルのジャンルらしさ、つまりAKBらしさは継承していない。現役のアイドルでありながら、いわゆる「アイドル」ではなく「バラエティタレント」としての存在感の方が遥かに大きいという、あたらしいアイドルの有り様、サクセスを打ち出している。その「指原莉乃」の芸能界における飛翔の口火となった出来事が恋愛スキャンダルであるという点、また指原莉乃以前、以降にも、恋愛スキャンダルという典型的な情動を、大衆をとりこにするほどの人気へと転換させたアイドルは指原莉乃を除けば誰一人存在しないという点に彼女のアイドルとしての存在感の大部分・魅力がある。
ピンチをチャンスに変えてしまう人間を、分析することほど、無粋な行為はない。たった一つの言葉で、その場の空気を一変させ、窮地を凌ぐそのウィットの針の鋭さ、何としてでも売れてやる、という「アイドル」を大きく動かすエネルギーの強さに指原莉乃の凄みがあるのだろうけれど、しかしあるいは、彼女の本領とは、そうした通俗からへだてられたところに有るかもしれない。アイドル・指原莉乃の特質とは、どのように立ち振る舞ったとしても、結局は大衆のこころを、その好悪のかたまりを自身の懐に手繰り寄せてしまう、生まれ持った運の強さ、にあるのではないか、と。
恋愛スキャンダルを契機にしてアイドル人気・知名度を確立させた指原莉乃以降、その確たるモデルケースがグループアイドルシーンに置かれたにもかかわらず、また、絶えず数多くのアイドルの恋愛スキャンダルが報じられて来たにもかかわらず指原莉乃のように自身の醜態をアイドルとしての成功に塗り変えることができた人物が未だ一人も出てこない点をどう捉えるべきか。指原に、時代を迎え撃ち、利用し、虜にするような、恵まれた運の強さ、飛び抜けた才覚が宿っている、と読むしかない。アイドルが自身の恋愛スキャンダルを、自身が演じるアイドルのキャラクターにまで落とし込みユーモアに変えてしまうことの、その行動力・機智の所有に天分の限りがあるのではなく、恋愛スキャンダルをポジティブなものに変換させるチケットそのものに、限りがあるのだ。指原はその限りあるチケットを天から与えられた、いまのところ、ただ一人のアイドルなのだ。
いつの時代でも、どの世界でも、時勢(運)を味方にできた人間は大衆に惚れられるものだ。また、歴史に名を刻み込む統治者とは、いつの時代でも、どの世界でも、大衆に惚れられた、運の女神に愛される人間を敵に回すなどという愚かな選択は、絶対にとらない。

とはいえ、このひとのアイドル的香気のすべてを恋愛スキャンダルに絡め、還元することは安易に過ぎるかもしれない。そのキャリア・物語をあらためて眺めれば、そこにはグループアイドルとしての稚気が余すことなく描かれ、横溢している。アンダーから選抜まで、果てはAKBグループの女王にまでのぼりつめた、一人の少女の、自己の可能性を探る、成長の物語の、たしかな感触がある。とくに、このひとは、文章が上手い。自身が演じるアイドルを他者に向け物語る、という意味では作家性に優れた人物であり、作詞家兼プロデューサーである秋元康が彼女に注目したきっかけも、ブログ=文章、からであった。ファンの前で、たしかに風に吹かれている。
そうした彼女の横顔、つまりアイドルの物語が、彼女が固執する、あるいはオブセッションとするAKB48や、現在もっとも高い人気と資質をあわせ持つ乃木坂46から決定的に遠ざけられ扱われるのは滑稽と云うよりも悲劇と呼べるだろう。乃木坂46の面々を従えて披露した『何度目の青空か?』において、歌い出す指原に向けたファンの最初の歓声が楽曲の世界観をぶち壊しにする”笑い声”であったことは、彼女のアイドル性とストーリー展開のすれ違い、つまりアイドルの境地を簡明に表していると云えるだろう。
加えるに、こうした、指原莉乃のサクセス、威光は、職業アイドルの岐路になり、後世に現代のアイドルシーンを振り返った際、アイドル・指原莉乃の成功とその孤立は、AKB48の誕生によって形成されたアイドル=グループアイドルとする固定概念を毀し、アイドル=ソロアイドルへと時代を回帰させる転換点になった、と評価される可能性を見出すべきである。しかし彼女と同時代に、平手友梨奈、西野七瀬といったパラダイムが出現したため、その可能性は、ついえた。
平成が終わり、令和が始まった今日では、指原の物語の達成は、あくまでもオーヴァーグラウンドとしての公衆に評価されるものにとどまりつづけ、グループアイドルひいてはアイドルというコンテンツに真剣になる、成熟したアイドルファンの関心を引き起こすことはほとんどない。たとえば西野七瀬や平手友梨奈が、グループアイドルとしての成功を次のほんとうの夢につなげられるのか、という、いわばアイドルの消長を問う存在だと目されるのに対し、指原莉乃はあくまでもアイドル時代に築いたキャリア、バラエティタレントとしての威光をどこまで保てるのか、という話題から抜け出ない。とはいえ、一般大衆における今日のグループアイドルの有り様、つまりAKBグループのイメージを決定づけた人物であることはまず間違いなく、指原莉乃卒業後のグループの衰弱、衰退、索漠を見る限り、やはりこのひとは、常になにがしかの功罪をファンに問われつづけるのだろう。

私などは、このひとの最も強い魅力とは、孤独感、寂寥にあるのだと思うのだが。
恋愛スキャンダルという絶体絶命のピンチをチャンスに変えた指原莉乃だが、それは裏を返せばアイドルシーンがあいも変わらず、いや、現在よりも遥かにアイドルの恋愛に対し不寛容であった時代に恋愛スキャンダルを起こし情報に囲繞され叩きのめされたことを意味している。しかるに、フィクションを大義名分として秋葉原の地から福岡へと”飛ばされてしまった”そのストーリー展開の過剰さによってむしろより「アイドル」に少女が没入して行き、少女にとって「アイドル」がかけがえのないものとなっていくところに当時のシーンのおもしろさ、醍醐味があるから皮肉的だ。つまり「アイドル」がかけがえのないものとなればなるほど、その「アイドル」の出発地点つまり家郷とも呼べるグループ=AKB48から引き剥がされてしまったという現実感覚、孤独感、寂寥こそ指原莉乃が大衆のこころを鷲掴みにする原動力ではないか、と思うのだが。

恋するフォーチュンクッキー』の大ヒットなど、常に幸運の女神に愛され、シーンの動向を左右する影響力と立場、ノーブレス・オブリジェを有するまでに成長した指原莉乃。しかし彼女がこころの底から欲するもの、それはこの先も絶対に手に入らないのではないか、と私は想う。指原莉乃が渇望するもの、それは、AKB48・指原莉乃、ではないか。季節の記憶=ノスタルジーに打ち勝てる人間など一人もいない。どれだけ成功しても、どれだけ孤独を飼いならしたように見えても、家郷を想うこと、故郷への帰還には、心を激しく揺さぶられる。アイドルを演じながら、=LOVE(イコールラブ)、≠ME(ノットイコールミー)など、プロデューサーや作詞家となって”働く”のは、それが彼女にとって喪失してしまった家郷の再建築になるからではないか。しかしどれほど強く郷愁を抱こうとも、指原莉乃がAKB48・指原莉乃に戻ることは二度とない。そこにどうしても癒やされることのない孤独を読んでしまうし、それが彼女の魅力なのだろう。

 

総合評価 66点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 12点 ライブ表現 12点

演劇表現 6点 バラエティ 20点

情動感染 16点

AKB48~HKT48(STU48) 活動期間 2007年~2019年

引用:見出し 福田和也「総理の値打ち」

2022/08/30  大幅に加筆・修正しました

 

乃木坂46 桜井玲香 評判記

 「乃木坂らしさ、という菖蒲色の群像を編み上げた立役者」 桜井玲香、平成6年生、 ...

乃木坂46 斎藤ちはる 評判記

「アイドルとしては平凡だが、アナウンサーとしてならば……」 斎藤ちはる、平成9年 ...

乃木坂46・5期生のセンター”てきせい”を考える

「ノギザカ・ノヴァ」 誰でもセンターポジションに立てるわけではない、センターは特 ...