HKT48 指原莉乃 評価

HKT48

指原莉乃 (C) j-cast.com

「功罪相半ばする圧倒的な才覚とエネルギー」 

指原莉乃、平成4年生、AKB48の第五期生であり、HKT48へ完全移籍したメンバーの一人。HKT48の6代目センターであり、AKB48の9代目センター。
”平成”最後の大物アイドル。渡辺麻友と並び、現代アイドル史に大書されるべき人物である。機会主義者として立ち振る舞い、多くの場面で自家撞着を描き醜態を晒す一方で、野心と虚栄心を結実させた俗悪と強運を持ち、作り手のみならず、ファンにも、彼女の才能をだれよりもはやく見出したのは自分だ、と妄執させる力をそなえている。

指原莉乃は、前田敦子大島優子の後に続く”女王”だが、先代が物語ったアイドルのジャンルらしさは継承しておらず、アイドルよりも”バラエティタレント”としての存在感の方が大きい。AKBグループのイメージを決定づけた人物であり、その後のグループの衰退・索漠を見る限り、なにがしかの功罪は問われるべきだろう。ともすれば、それは職業アイドルの岐路であり、後世に現代アイドル史を振り返った際、アイドル・指原莉乃の成功と孤立とは、AKB48の誕生によって形成されたアイドル=グループアイドルという概念の外郭をヒビ割り、アイドル=ソロアイドルへと時代を回帰させる転換点になった、と評価される可能性があった。しかし彼女と同時代に、平手友梨奈大園桃子といったパラダイムが出現したため、ついえた。指原の物語の達成は、あくまでもオーヴァーグラウンドとしての公衆に評価されるものにとどまりつづけ、グループアイドルひいてはアイドルというコンテンツに真剣になる、成熟したアイドルファンの関心をひきおこすことはほとんどない。

アンダーから選抜まで、果てはAKBグループの女王にまでのぼりつめ、グループアイドルにとって文句なしの葛藤や辛辣、歓喜を余すことなく描いた指原莉乃。その彼女の横顔、つまりアイドルとして描いた物語への評価が、彼女の固執する、あるいはオブセッションにすらなっているAKB48や、現在もっとも高い人気と資質を持つ乃木坂46に所属するアイドルが描く物語と決定的に径庭したものと扱われるのは滑稽と云うよりも悲劇と呼べる。乃木坂46の面々を従えて披露した『何度目の青空か?』において、歌い出す指原に向けたファンの最初の歓声が楽曲の世界観をぶち壊しにする”笑い声”であったことは、彼女のアイドル性、アイドルの境地を簡明に表していると云えるだろう。だが、指原莉乃の物語を読む、これは”作家の値うち”を問うのではなく、”総理の値打ち”を問う試みにちかい。指原莉乃を職業アイドルではなく、ファンの歓声に倣いバラエティタレントと捉えたとき、今後、彼女の経歴を凌ぐグループアイドルの出現、これはまず起こり得ないだろう。手にしたいものはすべて手にしてきたかのような、圧倒的に豪華なキャリアだ、文句の付け所がない。世論に対する思考経験と実践は他のアイドルの追随をまったく許さない閾に到達しており、バラエティの評価基準を、笑い、ウィットという視点だけではなく、人間として、またはアイドルとしてのユーモア、喜怒哀楽、強靭さや傷つきやすさの露呈と定めているが、この基準を遥か後方に置き去りにしてしまうような迫力を把持する。作家性に優れており、自身のアイドルとしてのブレイクのきっかけも、文章を書くこと、からだった。つまり、純粋なアイドルではなくバラエティタレントがアイドルシーンの頂点に君臨する、この構図に向けられる批評こそ、アイドル・指原莉乃のアイデンティティと呼べるだろうか。HKT48・指原莉乃、彼女は、現代アイドルのみならず、アイドルそのものの範疇からはみ出し、シーンの軌道を捻じ曲げてしまうような「功罪相半ばする圧倒的な才覚とエネルギー」の持ち主と云える。*1

指原莉乃の成功とは、彼女の”ウィット”に因るものだが、それ以上に、なによりも”時代”を味方にできた点がおおきい。『電車男』や『転生したらスライムだった件』などのライトノベルが文学者からも評価される理由は(作品そのものには文学的価値はない)、インターネットの中で回転した文化を後世の人間が研究するうえで、標本的な価値を孕んでいる点にある。これらの作品は時代を反映し、象徴する読物と呼べるが、時代を先回りし迎え撃つ読物ではない。タイミングが違えば、アイデアを先に出されたら、世に出回る可能性がきわめて低い類の作品であり、まさに、時代を味方にした、と云える。指原莉乃も”彼ら”と同じように、インターネットという筐体をジュークボックスにし、観者の情動を引き起こすことにアイドルとして”はじめて”成功したのである。情報に囲繞されたアイドルが、激しく降る情報の雨にどのように打たれ、それをどのように利用し立回ったのか、指原莉乃はその研究対象として価値のある物語を書いた、と賛辞をおくることができる。指原莉乃以降、恋愛スキャンダルという典型的な情動を、大衆をとりこにするほどの人気へと転換させたアイドルは存在しない。それは、”彼女たち”に指原莉乃が備え持つ俗悪さ、あるいは虚栄心とウィットが不足しているからではなく、指原莉乃のような時代を味方にする”強運”を生まれ持っていないからである。そして、いつの時代でも、どの世界でも、時勢(運)を味方にできた人間は大衆に惚れられるものだ。また、歴史に名を刻み込む統治者とは、いつの時代でも、どの世界でも、大衆に惚れられた、運の女神に愛される人間を敵に回すなどという愚かな選択は、絶対にしない。
しかし、指原莉乃の成功とは、邂逅の許されない再現不可能な奇跡と呼べると同時に、それは、グループアイドルの連なり、系譜が作る感興への乏しさの証し、孤閨の象徴でもある。
恋するフォーチュンクッキー』の成功など、幸運の女神に愛され、シーンの動向を左右する影響力と立場(ノーブレス・オブリジェ)を有する指原莉乃が本当に欲しいと願うものは、この先も絶対に手に入らないのではないか、と私は想う。指原莉乃が心から欲するもの、それは『AKB48・指原莉乃』である。人は、季節の記憶=ノスタルジーの訪問には打ち勝てない。どれだけ孤独を飼いならした人物でも、家郷への訪問には、心を激しく揺さぶられる。アイドルを演じながら、=LOVE(イコールラブ)、≠ME(ノットイコールミー)など、プロデューサーや作詞家となって”働く”のは、それが彼女にとって喪失してしまった家郷の再建築だからである。だが、どれほど強く郷愁を抱こうとも、指原莉乃はHKT48というアイドル界の片隅に骨を埋めるしかない。そこに指原莉乃の孤閨、つまり現代でアイドルを演じることになった少女の孤独、その”しるし”を見つけてしまう。もちろん、それは、外のだれよりも、彼女自身が深く理解しているはずだ。

 

総合評価 63点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 12点 ライブ表現 10点

演劇表現 6点 バラエティ 20点

情動感染 15点

AKB48~HKT48(STU48) 活動期間 2007年~2019年

引用:見出し、*1 福田和也「総理の値打ち」

   

アイドルの可能性を考える あたらしい”推し”を探そう 編

「あたらしい”推し”を探す」 メンバー 楠木:批評家。趣味で「アイドルの値打ち」 ...

AKB48 川上麻里奈 評価

「川上麻里奈」 川上麻里奈、平成8年生、AKB48の第十一期生。 同期に川栄李奈 ...

STU48 ヘタレたちよ 評価

「ヘタレたちよ」 歌詞、楽曲、ミュージックビデオについて、 7枚目シングル。セン ...