AKB48 恋するフォーチュンクッキー 評判記

AKB48, 楽曲

(C)恋するフォーチュンクッキーミュージックビデオ

「恋するフォーチュンクッキー」

歌詞、楽曲、ミュージックビデオ、ライブ表現について、

指原莉乃の横顔、その輪郭をなぞることでAKB48のアイデンティティを映し出した、平成のアイドルポップスを代表する作品であり、令和がはじまった今もなお、金字塔のように聳えている。
今作品は、アイドルファンのみに向けたアイドルソングといった定形を脱しており、クラシックの趣がある。作詞家兼プロデューサーとして働く人間の、そのエゴの強烈さ、俗悪さを作詞家自身が上手に剥ぎ取ったのか、どのような時代、どのような情況においても自己投影への希求があり、「365日の紙飛行機」に比肩する普遍さをそなえている。指原莉乃というひとりのアイドルの性格を、きわめて個人的な感情のもとに写実したとおもわせる詩情でありながら、スケッチされた青春のニュアンス、とくに順位闘争に対する屈託と活力は、あらゆる時代の若者に抱きしめられる古典として屹立し得る詩的世界を眼前に広げる。アイドルを鏡にして若者の日常を活写した「恋するフォーチュンクッキー」は、言葉の真の意味で普遍的作品と評価すべきだろう。
人は往々にして、普遍的な考えを他者に向けて示すとき、そのなかに自己の個人的な問題を無意識に、あるいは意識的に落とし込むものだ。「恋するフォーチュンクッキー」がアイドルを演じる多くの少女たちにあてた啓蒙であると同時に、アイドルに自己投影するアイドルファンの活力になり得る作品であるのならば、やはりその「普遍」のなかに作詞家・秋元康の個人的な問題が比喩として語られている、と読むべきであり、興味が途絶えない。
一方で、まったく色褪せない楽曲と作詞に対し、ミュージックビデオやライブパフォーマンスにはクラシックと呼べるような粘り強さがない。商業的な戦略を展開した所為か、楽曲発売当時、トレンドこそ作ったものの、今日あらためて眺めるとやや古臭くみえる。時代を反映する、資料的価値しかそなえていない。
歌唱メンバーについてならば、グループの歴史のなかでもきわめて豪華で、しかも一人の主人公に頼らないバランスの良い、色褪せることのない構成を達成している。

 

総合評価 81点

現代のアイドルシーンを象徴する作品

(評価内訳)

楽曲 17点 歌詞 17点

ボーカル 12点 ライブ・映像 15点

情動感染 20点

歌唱メンバー:指原莉乃、渡辺麻友、板野友美、大島優子、柏木由紀、小嶋陽菜、篠田麻里子、島崎遥香、須田亜香里、高橋みなみ、松井珠理奈、松井玲奈、宮澤佐江、山本彩、横山由依、渡辺美優紀

作詞:秋元康 作曲:伊藤心太郎 編曲:武藤星児

 

日向坂46 理想の「選抜」を考える 9th シングル版

「才能の”選抜”、はじまる」 長編小説は書き出しの一行で決まる、と云ったのはガル ...

乃木坂46 遠藤さくら 評判記

「わたしには、なにもない。」 なくして 気づく かぎられた 時間は 魔法みたいだ ...

日向坂46 月と星が踊るMidnight 評判記

「月と星が踊る」 歌詞、楽曲、ミュージックビデオについて、 日向坂46の8枚目シ ...