STU48 僕たちはシンドバッドだ 評価

STU48, 楽曲

(C)STU48

「伝説の宝島」

歌詞について、

アイドルに向けて、自身が把持する現在の実力(人気)をどれだけ自己認識できているのか、唐突に問う。自分がどこに立っているのか、それを知らなければ、沖に出ることも太陽になることもできない、と云っている。

未熟さを抱える主人公、不完全な「僕」を描いているはずなのに、旅立ちを決心する「僕」は”それなりに”自立していて、世の中の可能性や不条理を理解している。これから出遭うであろう苦難や奇跡の存在を明確につかんでいる。この倒錯を許容できる理由は、「大人」や「父親」には、作詞家だけではなく、ファンも含まれているであろう事実に突き当たり、常に「大人」に囲繞されているアイドルをいつまでも子供扱いしてしまう大人たちの未熟さに対するメタファとして倒錯が機能している、と自覚させられるからだ。シンドバッドという千夜一夜物語に内在しない物語、新時代人によって付け加えられた物語を「僕」にあてはめる行為、それをアイドルの作るフィクションにすり替えて眺めてみると、おもしろい発見があるのではないか。

 

総合評価 58点

聴く価値のある作品

(評価内訳)

楽曲 13点 歌詞 13点

ボーカル 11点 ライブ・映像 10点

情動感染 11点

引用:見出し STU48 僕たちはシンドバッドだ

歌唱メンバー:石田みなみ、門田桃奈、佐野遥田中皓子、土路生優里、福田朱里、藤原あずさ、森香穂、矢野帆夏

作詞:秋元康 作曲:吉田司、早川博隆  編曲:早川博隆

 

NGT48 對馬優菜子 評価

「思いの強さが通じる」 對馬優菜子、平成13年生、NGT48のドラフト3期生。 ...

乃木坂らしさ とは

「乃木坂らしさ」 美しい「花」がある、「花」の美しさといふ様なものはない。 小林 ...

乃木坂46 掛橋沙耶香 評価

「ピカレスク・ロマン」 掛橋沙耶香、平成14年生、乃木坂46の第四期生。 『図書 ...