日向坂46(けやき坂46) JOYFUL LOVE 評価

(C) JOYFUL LOVE ミュージックビデオ /日向坂46

「初めての世界」

歌詞、楽曲、ミュージックビデオについて、

色彩をメインテーマに置くというのは陳腐であり、とくに日向坂46においては安易な自己模倣にすら映るが、何としてでも普遍性を獲得しようとする試み、アイドル(奇跡、希望、喜び)との出遇いを再び、何度でも繰り返し描こうとする意欲の所持から、仮に『JOYFUL LOVE』が表題曲として提供されても違和感を覚えることはないだろう。架空の世界に用意された岐路、隘路、邂逅、交錯、そして錯綜。ここは信号機が赤から青に変るいつもの交差点ではない。出口と入り口の扉が共有される迷路である。”15歳の少女”を襲う砂嵐や暗いトンネル。光と影。夢を見ていることに気付かされたときの赤恥、戸惑い。暗示と啓示。ひとつの笑い顔を作りだすために”美しい光”のさきに消える少女。仮構と融和し現実から遊離しようとする少女の物語である。アイドルたちは両隣の”イロ”と隔てられ反撥するが、輪になった彼女たちを俯瞰すると、それが水に映し出されると、たしかに連なってみえる。
だが、その”イロ”はきわめて人工的な色彩に感じる。聴こえるのはアイドルの唄声だけで自然の鳴き声はきこえない。揺れるのはアイドルの髪だけで季節の風は吹いていない。本音を打ち明ける笑顔がひとつも作られていない。観者が気付くことの出来ない笑顔が描けていない。だから人工的に感じてしまう。その経時変化したプラスチックの手触りは、この楽曲がアイドルの現在(いま)を鮮明に映す筐体ではなく、通り過ぎた物語=よすがでしかない証しと云えるだろう。 

 

総合評価 70点

現在のアイドル楽曲として優れた作品

(評価内訳)

楽曲 14点 歌詞 14点

ボーカル 12点 ライブ・映像 14点

情動感染 16点

歌唱メンバー:渡邉美穂、小坂菜緒、柿崎芽実、高本彩花、齊藤京子、佐々木美玲、加藤史帆、佐々木久美、 富田鈴花、松田好花、宮田愛萌、濱岸ひより、金村美玖、丹生明里、河田陽菜、井口眞緒、高瀬愛奈、東村芽依、潮紗理菜

歌詞: 秋元康 作曲:前迫潤哉、Dr.Lilcom 編曲:Dr.Lilcom

評価点数の見方