SKE48 松村香織 評価

SKE48

 

「本物の野心家」

 

長距離ランナーである。それも最前線を走るトップランナーである。活動歴が長いので、もちろん物語も長い。研究生という立場で総選挙にランクインするなどファンに歓喜の共有や活力を与えた場面も少なくはない。長編小説を書き続けるように、アイドルとしての物語を途切れさせない持続力の正体とは、松村香織に備わる尽きることのない「野心」だろう。

虚栄心とは他者からよく思われたいという心情であり、野心とは、何かをやり遂げたい意志であると思っている。他者から良く思われたい人には権力は不可欠ではないが、何かをやり遂げたいと思う人には、権力は、ないしはそれをやるに必要な力は不可欠である。

(塩野七生「ローマ人の物語Ⅴ」

衛藤美彩項で述べた通り、政治家だけではなく、アイドルにとっても、野心と虚栄心は切り離すことのできない要素である。

主に、バラエティという分野において、現役アイドルの中で最も野心家なアイドルはSKE48の松村香織だろう。以下の図の通り、巨大な虚栄心を抱えるのは指原莉乃である。

指原莉乃や、中井りか等の虚栄心が野心を上回るタイプは、アイドルを一つのコンテンツ・ゲームと捉えた場合、彼女らの手法やプレイスタイルというのは、そのゲームのルールを侵すことによって注目を集めようとするタイプと云える。感情を暴走させて理性の枠組みを壊すような立ち居振る舞いをファンにみせることによって情動感染させるタイプと表現できる。

野心が虚栄心を凌ぐタイプである松村香織は、ゲームという枠組み、箱庭の世界そのものからはみ出すことによって衆目を浴び、存在感を示すタイプである。
その試みは虚栄心の塊である指原莉乃や中井りかの行動に対する非難よりも、より成熟し、冷徹さを含んだ指摘を受ける場合が多いだろう。
しかし、アイドルが前例の無い行動力を披露する際に向けられる批難とは、責め立てられるアイドルよりも、批難するファン自身を映し出していることがほとんどである。松村香織はおそらくこのような「批難」を他のどのアイドルよりも、数多く体験することによって、その意味を深く理解したのではないか。この感覚を身に着けているからこそ、行動力の持続とモチベーション維持を発揮できるのである。

しかし、この知恵が回る頭の良さ、冷静さが育んだプライドによって、軽薄な言動をみせる場面もある。ファンの前で語るエピソードの中に、共通理解を前提としたような知的脅迫に傾倒した発言を混ぜる癖と表現すればよいか。同業者にしか経験できない、知り得ない情報を、ファンが知っているはずがないのを理解したうえで、知っていて当たり前のような素振りで話題に盛り込む悪癖があるのだ。不必要な不信感を買ってしまう理由はこの辺の無自覚さにあるのかもしれない。

アイドルのみならず、あらゆるシーンにおいて言えることだが、その世界の枠組みからはみ出すことによって、客観的に振る舞うことによって、ある時不意に、その世界を俯瞰できる高い崖のような場所に自分が立っていると自覚することがある。
それに松村香織本人が何時どの段階で気が付いたのかは、知らない。しかし、ある時、自分の目の前に広がる端から端までつくり物の見世物の世界を、同時代を生きるアイドルのスポークスマンとして、松村香織というアイドルをフィルターにして、ファンにその世界のありのままの姿を、未だ語られていないが語られるべき物語を伝えたいと想ったのではないか。
ファンが想像力で補っていたコンテンツを、映像という形で伝播させたのは罪深い行為だったかもしれないが、その後の時代の流れをみれば、それは決して押し止めることが不可能な時勢の動きであったと確信できる。そういう意味では、時代の潮流を読む才覚があり、特定の分野に対しての「開拓者」と呼ばれてしかるべき資質の持ち主である。

他のアイドルの批評欄でも繰り返し述べてきたが(例えば菅井友香や和田まあや)現役アイドルが仲介者となって、同グループに所属するアイドルたちの生々しい物語をファンと共有し価値のある財産を残そうという試みは、ファンにとって、アイドル界にとって「宝物」とよべるコンテンツになる。そして、それは伝承役を買って出るアイドル(松村香織)自身にとっても恵みの雨となるだろう。松村香織を介してファンに伝えられる、グループを去っていくアイドルの最後の英姿。その物語のなかには、松村香織の物語も含まれている。それぞれの物語で違う表情をみせる松村香織を発見することは、松村香織のファンにとって実りのある時間となるだろう。 


総合評価 60点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 5点 ライブ表現 10点

演劇表現 11点 バラエティ 17点

情動感染 17点

 

SKE48 活動期間 2009~
評価点数の見方