SKE48 松村香織 評価

SKE48

松村香織 (C) Billboard JAPAN

「野心」

松村香織、平成2年生、SKE48の第三期生。
野心家、長距離ランナーである。それも、常にシーンの最前線を走り、グループアイドルを囲繞する情報との対峙を迎え撃ったトップランナーである。グループアイドルとしての物語は、その活動歴の長さを裏切らない量、厚みを持つ。総選挙イベントにおいて、研究生という立場のままランクインを果たすなど、ファンと歓喜を共有し、情動の広がりを観測させた場面も少なくない。長編小説を書き続けるように、自身の演じるアイドルの物語を途切れさせない持続力の正体とは、やはり、松村香織にそなわる尽きることのない「野心」だろう。

虚栄心とは他者からよく思われたいという心情であり、野心とは、何かをやり遂げたい意志であると思っている。他者から良く思われたい人には権力は不可欠ではないが、何かをやり遂げたいと思う人には、権力は、ないしはそれをやるに必要な力は不可欠である。

塩野七生「ローマ人の物語Ⅴ」

野心と虚栄心は、政治家だけでなく、アイドルにとっても、物語を書く上で切り離すことのできない資質になる。松村香織を野心の極北に立つアイドルと批評するのならば、巨大な虚栄心を抱えるアイドルには、もちろん、指原莉乃の名が挙げられる。

虚栄心が野心を上回る人物の特徴とは、アイドルを一つのコンテンツ・ゲームと捉えたとき、そのゲームの枠組みからはみ出し注目を集めようとするプレイスタイルにある。”彼女”たちは、筐体の外側に立ち、意図的に自身の情動を観者に感染させようと企む。指原莉乃の場合、自身の情動の中に世論に対する圧倒的な思考経験=怜悧を添えるため、「偶像」の拡大が容易い。彼女はファンに、「指原莉乃の才能を見出したのは自分が”はじめて”だ」と、妄執させる。

野心が虚栄心を凌ぐ松村香織は、ゲームのルール、箱庭世界のしきたりを侵す行為(踏み入れてはいけないと、禁忌とされるような場所に踏み込む行為)によって衆目を浴び、存在感を示すタイプと云える。日常と踏み込むべきではない境域の行き交いは、彼女をスリリングなアイドルへと育てる。つまり、野心の露出は、虚栄心の塊によって自身の影を巨大に投射する指原莉乃の言動に対する非難よりも、より成熟し、冷徹を含んだ指摘を受けるはずだ。だが、アイドルが前例の無い行動力を披露する際に向けられる批難とは、責め立てられるアイドルよりも、批難するファン自身の瑕疵を映し出している場合がほとんどである。松村香織はおそらくこのような「批難」を他のどのアイドルよりも、数多く体験することによって、その意味を、稚気を深く理解しているのではないか。ソリッドな感覚を身に着けるための思考経験を通過するからこそ、彼女は野心=モチベーションの維持に成功したのだろう。
一方で、彼女の知恵の回る「冷徹」が育んだプライドは、抑えきれない衝動から軽薄な言動を発露するシーンが多いのもまた、事実である。ファンの前で語るエピソードの中に、共通理解を前提としたような知的脅迫に傾倒した発言を混ぜる癖。同業者にしか経験できない、知り得ない情報を、ファンが知っているはずがない現実を理解したうえで、”それを”知っていて当たり前のような素振りで話題に盛り込む悪癖が松村香織というアイドルにはある。アイドルに成る、この奇跡との遭遇によって獲得した矜持が、溢れる野心によって軌道を捻じ曲げられるのだろうか。松村香織というアイドルが大衆から不必要な不信感を買ってしまう理由の一端に、一種の無自覚さがある、と云えるかもしれない。

「今夜も1コメダ」

自身が身を置く世界の禁忌に触れることによって、客観に傾倒することによって、ある時、不意にその世界を俯瞰できる高い崖のような場所に立っていると自覚する瞬間がある。アイドルが、幻想に対し客観を手にしてしまうというのは残酷な話だが、松村香織は、ある時、自分の目の前に広がる端から端まで作り物の、架空の見世物小屋を、同時代を生きるアイドルのスポークスパーソンとして、「松村香織」をフィルターにして、ファンに「フィクション」のありのままの姿を、未だ語られていないが語られるべき物語を伝えたいと想ったのではないか。ファンが想像力で補っていたコンテンツを、映像という形で伝播させたのは罪深い行為だったかもしれない。しかしその後の時代の流れをみれば、それは決して押し止めることが不可能な時勢の動きであったと確信する。そのような観点に立てば、彼女には時代の潮流を読む才覚があり、特定の分野に対しての「開拓者」と呼ばれてしかるべき資質の持ち主だと評価できる。現役アイドルでありながら、他のアイドルとファンの仲介者的な役割を担い、グループに所属するアイドルたちの生々しいモノローグをファンと共有し、価値のある財産をつくろうとする試みは、アイドルとファンの成長共有を成立させるはずだ。そして、それは伝承役を買って出るアイドル(松村香織)自身にとっても恵みの雨となる。松村香織を介してファンに伝えられる、グループを去っていくアイドルの最後の英姿、その物語の中には、もちろん松村香織の声も、物語も含まれている。多くのアイドルの物語に再登場する松村香織。それぞれの物語で異なる表情をみせる松村香織を発見することは、彼女のファンにとって実りのある時間と云えるだろう。 

 

総合評価 58点

問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 5点 ライブ表現 11点

演劇表現 12点 バラエティ 15点

情動感染 15点

SKE48 活動期間 2009~2019年

評価更新履歴
2019/01/19 演劇表現 11→12

評価点数の見方