SKE48 一色嶺奈 評価

SKE48

 

View this post on Instagram

 

一色嶺奈さん(@isshikirena)がシェアした投稿

「アイロンのある風景」

1万時間の法則という言葉がある。これは個人的な体験による解釈だが、「何かを極める」のに1万時間ではなく「その職業でとりあえず、何とか食えるようになるまでの時間」が1万時間なのだとおもっている。無為に消化し過ごした時間はカウントされない。一日8時間、精神を集中してひとつのことにうち込む。三年余りで到達できる。

2014年にアイドルとしてのキャリアをスタートした一色嶺奈も、この「1万時間」に到達したのではないか、と想像する。ブレイクスルーも定期的に訪れたはずだ。モチベーションを維持しやすい時期でもあり、トップクラスのアイドルたちが生息する領域に踏み込むチャンスである。だが、そこから先はかならず隘路となる。出口が入り口につながっている迷路である。それをどのように突破するのか、行止りの壁を壊すのか、引き返す勇気をみせるのか、彼女は岐路に立たされるだろう。それは、アイドルがアイデンティティを確立するための試練と云える。

一色嶺奈を評価する際に看過できない資質、それはやはりライブ表現力になるだろう。顔を下に向けてしまうピュアさ、堅牢な無邪気さ、日常の表情がステージ裏の暗闇を通過すると、雄々しい表情に変質している。そこに生来の美貌が止揚し、異彩を放つのである。
風に吹かれる焚き火の炎のように「表情」が変わる、変えられる、というのは「センター」に必要不可欠な資質である。この資質の持ち主は、情動を引き起こしやすい傾向があり、愚直な前進をみせることも多いようである。この資質をもつアイドルの代表格は西野七瀬になるのだとおもうが、一色にもこの資質がうかがえる。「そしてそれは誰にでも簡単にできること」ではない。

そのとき順子は、焚き火の炎を見ていて、そこに何かをふと感じることになった。何か深いものだった。気持ちのかたまりとでも言えばいいのだろうか。観念と呼ぶにはあまりにも生々しく、現実的な重みを持ったものだった。それは彼女の体のなかをゆっくりと駆け抜け、懐かしいような、胸をしめつけるような、不思議な感触だけを残してどこかに消えていった。(略)
「三宅さん、火のかたちを見ているとさ、ときどき不思議な気持ちになることない?」
「(略)どんな火でもそういうことが起こるかというと、そんなことはない。そういうことが起こるためには、火のほうも自由やないとあかん。ガスストーブの火ではそんなことは起こらん。ライターの火でも起こらん。普通の焚き火でもまずあかん。火が自由になるには、自由になる場所をうまいことこっちでこしらえたらなあかんねん。そしてそれは誰にでも簡単にできることやない」

(村上春樹「アイロンのある風景」)

 

総合評価 71点

アイドルとして豊穣な物語を提供できる人物

(評価内訳)

ビジュアル 15点 ライブ表現 17点

演劇表現 9点 バラエティ 14点

情動感染 16点

 

SKE48 活動期間 2014年~

評価点数の見方