NMB48, 楽曲

能動的で活動的な歌詞に映るかもしれないが、これはペシミストのぼやきである。前にも後ろにも道がない状態で狂乱を演じるという意味では、パンク・ロックの稚拙なイデオロギーを表現していると云えるかもしれない。

AKB48, 楽曲

歌詞のなかに童話要素を暗喩として置くのではなく、歌詞そのものを童話とする場合、作詞家としての資質ではなく童話作家としての資質が求められてしまう

SKE48, 楽曲

同シングルに収録されている『春の光 近づいた夏』においてきわめて受動的な主人公を描いたのとは対照的に、この楽曲では能動的な「僕」が登場する。

AKB48, 楽曲

今回はロックがテーマ。
このような滑稽なテーマをどれだけ真剣に演じきれるのか、アイドルたちは試されている。

AKB48, 楽曲

季節感にメタファーを与え、そのズレが修正されるのを”待つ”「僕」の物語である。

AKB48, 楽曲

 

View this post on Instagram

 

アルデン アンデレス✪さん(@aks1112_idol)がシェアした投稿 – 2017年11月月27日午前12時08 ...